和音美桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かずね みおう
和音 美桜
生年月日 (1983-04-21) 1983年4月21日(33歳)
出生地 大阪府
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 宝塚歌劇舞台
活動期間 2001年 -
活動内容 2001年宝塚歌劇団入団、宙組配属
2004年:外部公演「ウェスト・サイド物語に出演
2008年:宝塚歌劇団退団
2009年:芸能活動開始
配偶者 吉原光夫
著名な家族 妹:琴音和葉月組娘役、第90期生)、高瀬悠(劇団四季)
事務所 キューブ
公式サイト 公式プロフィール
備考
宝塚歌劇団卒業生

和音 美桜(かずね みおう、1983年4月21日 - )は、日本の女優歌手。元宝塚歌劇団宙組の娘役。

大阪府出身。キューブ所属。

愛称は「たっちん」。劇団四季高瀬悠、元月組の娘役、琴音和葉は妹(2004年入団)。

略歴[編集]

幼少期からピアノを習っていた。ミュージカルや宝塚が好きで舞台に立つことに憧れていた。しかし当時は『歌が苦手』で走ったり、体を動かすことが好きなタイプで、合唱でも口パクだったという[1]

1999年宝塚音楽学校入学。第87期生

2001年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は42人中8番[2]。『ベルサイユのばら2001』で初舞台。同期には龍真咲(元月組トップスター)、早霧せいな(雪組トップスター)、沙央くらま晴華みどり夢乃聖夏音花ゆりらがいる。同年5月15日[2]、宙組に配属。

2004年12月、外部公演『WEST SIDE STORY』にヒロインのマリア役で出演。櫻井翔の相手役を務めた。

2006年、『維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック』ではエトワールを務め、新人公演ではヒロインのお竜を演じた。翌2007年『バレンシアの熱い花』では令嬢マルガリータ役では、再演にあたり新たに歌が追加された。同年のバウ公演『THE SECOND LIFE』でヒロインを務め、北翔海莉とのデュエットを聴かせた。

2008年、『黎明の風』トップ娘役陽月華が休演し、急遽和音が代役でヒロインとなる。また、同年には『殉情』でヒロインの春琴を演じた。

2008年12月27日[2]、『パラダイス・プリンス/ダンシング・フォー・ユー』の東京公演千秋楽を最後に退団。

退団後も「歌は何らかの形で続けていきたい」と語っており[3]2009年には単独でのディナーショーを開催する[4]などの活動を開始した。

宝塚時代は「宝塚きっての歌姫の1人」などと評価されていた[5][6]。ソロ場面を数多く与えられ、同期の華城季帆・音花ゆり・晴華みどりとともに、童謡CD『Quatre Saisons』を発売した。

演技にも安定感があると評されており[1]、新人公演でもベテラン脇役の役を複数回演じた。

2017年3月13日、吉原光夫との入籍をブログにて報告。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 2003年2 - 6月、『傭兵ピエール満天星大夜總会』エトワール(Trio)
  • 2004年5 - 8月、『ファントム』幼いエリック/新人公演:ベラドーヴァ(本役・音乃いづみ
  • 2004年12月、外部出演『WEST SIDE STORY』マリア(ヒロイン
  • 2005年5 - 6月、バウホール公演『Le petit jardin』セシル・シャンティ *バウ初ヒロイン
  • 2005年8 - 11月、『炎にくちづけを』ブーラー/新人公演:アズチューナ(本役:一樹千尋
  • 2006年4 - 7月、『NEVER SAY GOODBYE』 ラ・パッショナリア/新人公演:アニータ(本役:毬穂えりな)
  • 2006年8月、『UNDERSTUDY』ジュリア・ハサウェイ
  • 2006年11月 - 2007年2月、『維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック』 千葉佐那子/新人公演:お竜(本役:紫城るい) *新人公演初ヒロイン
  • 2007年3 - 4月、シアタードラマシティ他『A/L -怪盗ルパンの青春-』エバ
  • 2007年6月 - 9月、『バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!』マルガリータ/新人公演セレスティーナ侯爵夫人(本役:邦なつき
  • 2007年11月、バウホール公演『THE SECOND LIFE』ルシア・バートン *バウヒロイン
  • 2008年2月 - 5月、『黎明の風/Passion 愛の旅』白洲正子:陽月華の代役 *ヒロイン
  • 2008年6月 - 7月、バウWS『殉情』春琴 *バウWSヒロイン
  • 2008年8月、イゾラベッラ・アットホーム・サロンコンサート *初ディナーショー主演
  • 2008年9月 - 12月、『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』アンジェラ *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

ライブ・コンサート[編集]

  • 2009年2月24日 - 2月26日、和音美桜サロンコンサート - Rainbow harmony -  *第一ホテル東京
  • 2009年5月、和音美桜サロンコンサート *宝塚ホテル
  • 2009年7月22日、東京吹奏楽団スーパーライブ2009 *ティアラこうとう大ホール ※ゲスト出演
  • 2009年7月27日、ミュージカル『ウーマン・イン・ホワイト』スペシャルプレコンサート *赤坂BLITZ 
  • 2009年8月1日、和音美桜ディナーショー *東京會舘
  • 2009年9月6日、岡幸二郎ライブ『言 - ことだま - 魂』 *ビルボードライブ大阪 ※ゲスト出演
  • 2009年9月9日、岡幸二郎ライブ『言 - ことだま - 魂』 *STB139 スイートベイジル ※ゲスト出演
  • 2009年9月26日、『ベスト・ミュージカル - 新日本フィルとともに - 』 *すみだトリフォニーホール
  • 2009年10月9日 - 10月11日、上田遥リサイタル13 *赤坂草月ホール
  • 2009年11月9日、和音美桜 ファースト・ライブ *STB139スイートベイジル
  • 2010年2月6日、『岡 幸二郎・塩田 明弘・和音 美桜』サロンコンサート *東京會舘
  • 2010年4月22日、和音美桜2010ファースト・セレクション IN OSAKA *大阪・サンケイ・ブリーゼ
  • 2010年5月28日、和音美桜2010ファースト・セレクション IN TOKYO *日経ホール
  • 2010年8月7日、和音美桜ディナーショー *東京會舘
  • 2010年10月23日、24日『上田遥14DANCE RECITAL』 *草月ホール
  • 2011年2月18日、19日 『コール・ポーター ガラコンサート - コール・ポーターから愛をこめて - 』 *日本橋三井ホール、サンケイホールプリーゼ

舞台[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「歌が苦手」な少女がここまで!/和音美桜 - 日刊スポーツ GO!GO!宝塚 2006年12月1日号(2007年5月14日時点のアーカイブ
  2. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、113ページ。ISBN 9784484146010
  3. ^ デイリースポーツ>宙組・和音 美桜 前編
  4. ^ [1][リンク切れ]
  5. ^ サンスポ>宝塚支局
  6. ^ TAKARAZUKA SKY STAGE>Memories of 和音美桜
  7. ^ 井上芳雄主演 新国立劇場 ミュージカル『パッション』製作発表会”. シアターガイド (2015年9月3日). 2015年9月4日閲覧。
  8. ^ 「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 8th letter」に相葉裕樹、和音美桜ほか”. ステージナタリー (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。