喜多ゆかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
きた ゆかり
喜多 ゆかり
プロフィール
愛称 喜多ちゃん
出身地 日本の旗 日本 埼玉県越谷市
生年月日 (1981-04-28) 1981年4月28日(35歳)
最終学歴 日本大学芸術学部放送学科
勤務局 朝日放送
活動期間 2004年-
公式サイト アナウンサープロフィール 喜多ゆかり
出演番組・活動
過去 おはよう朝日です
その他 ABC地上デジタル放送推進大使
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

喜多 ゆかり(きた ゆかり、1981年4月28日 - )は、朝日放送(ABC)のアナウンサー

人物・経歴[編集]

日本大学豊山女子高等学校を経て日本大学芸術学部放送学科卒業後入社。

活動時期は不明だが、子役として活動をしていた経験を持ち「大江戸捜査網」に10歳の時に出演していたのが2015年11月26日放送おはよう朝日で公表された[1]

学生時代から『オートバックスM-1グランプリ』に「いか天ピーナッツ」のコンビ名で出場し、最高成績は3回戦進出だった。

学生時代は『深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)のリスナーで、番組を録音して通学中聴いていた[2]

2010年2月にはテレビ版美人時計『bijin-tokei×ABC』に出演。女子アナウンサーの出演は初となった。同年3月にも、乾麻梨子八塚彩美とともに出演した。

地上デジタル放送推進大使「TEAM2011」には結成当初から参加。担当番組の都合で参加出来ない時を除いて、ほとんどの活動に関わっている。

2011年2月4日、自身が司会を担当する『おはよう朝日です』にて婚約を発表した。相手の男性は朝日放送の後輩社員[3]

2016年7月1日、『おはよう朝日です』の放送中に第1子の妊娠5ヶ月であることを発表[4]。2005年4月から11年半にわたってアシスタント(サブキャスター)を務めてきた同番組を、9月30日(金曜日)放送分で卒業した。

2016年10月から産前産後休暇を取得中。同年の12月第2週に、第1子(女児)を出産した[5]。ただし、ABCテレビ・ラジオでは、喜多の休暇前に収録したナレーション・CMの一部を休暇後も放送している。

出演[編集]

テレビ[編集]

現在[編集]

過去[編集]

以下の番組では、いずれもナレーターを担当。

ラジオ[編集]

過去[編集]

テレビドラマ[編集]

  • チア☆ドル(2015年) - 女医 役[6]
  • 必殺仕事人2015(2015年、ABCテレビ・テレビ朝日共同制作)- 「夫に離縁された先妻が、集団で後妻の家に殴り込みを掛ける」という冒頭のシーンに、『おはよう朝日です』平日版のエレクトーン奏者・赤崎夏実と揃って助太刀役で出演。

映画[編集]

CM[編集]

  • ABCハウジング(2012年 - 、テレビ・ラジオともABC・関西ローカル限定で放送、新聞広告にも登場)
    • 基本として単独で出演。2013年10月から2014年3月までは、既婚の後輩アナウンサー・小寺右子と共演していた。2016年4月からは、単独出演のバージョンに加えて、「エビシー」の着ぐるみと一緒に登場するバージョンも放送。

その他[編集]

いずれも、朝日放送への入社前に子役として出演。

脚註[編集]