四国山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
四国山地
笹ヶ峰から望む四国山地西部の山々
笹ヶ峰から見た四国山地西部(2010年11月撮影)
所在地 日本の旗 日本 徳島県愛媛県高知県
位置
最高峰 石鎚山 (1,982m)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
次郎笈から望む四国山地東部の山々

四国山地(しこくさんち)は、四国の中央部を東西に貫く山地中央構造線の南に千数百メートル級の急峻な山々が連なり、さまざまな様相をなしている。四国山脈(しこくさんみゃく)ともいう。

範囲は中央構造線より南側の四国全域に亘る[1]西南日本内帯に属する讃岐山脈や高縄山地は通常は四国山地に含めない。

概要[編集]

山地を境として、南部は多雨の太平洋側気候で、毎年台風等による水害が多発しており、北部は少雨の瀬戸内型気候で、南部とは逆に水不足に悩まされている地域が多いが、愛媛県新居浜市西条市など、特に高い山々を背にする都市では、その高さ故に保水力が高く、地下水に恵まれている。

南国にありながら、四国山地の冬は本州中国山地吉備高原を超えたり、関門海峡を抜けたりした寒気が瀬戸内海の水蒸気を凍らせて四国山地にぶつかるために雪が多く、スキー場も多い。山中あるいは山際の道路は凍結しやすく、自動車は度々チェーンの着用が必要となる。

地質的には西南日本外帯に属し、北側から三波川変成帯秩父帯四万十帯が東北東 - 西南西方向に分布する。吉野川中流の大歩危からその支流の穴内川、すなわち土讃線および国道32号沿いにより東部と西部に分けられ、西部のうち石鎚山脈、および東部のうち剣山地西日本屈指の高峰が集中する。石鎚山脈北側は中央構造線を境として道前平野新居浜平野へ落ち込み、東西約50kmに亘る石鎚断層崖が続く[2]

標高およそ1,700m以上は主にシコクシラベダケカンバからなる亜高山帯針葉樹林、その下部の800mから1,700m付近はブナなどの落葉広葉樹林に覆われるが、スギヒノキなどの人工林も多く見られる。石鎚山および二ッ岳などは険しい岩峰であるが、瓶ヶ森笹ヶ峰三嶺および剣山などは山頂部がササに覆われ、隆起準平原の様相を呈する。

険しい山々が荘厳で神々しいことから、古代より山岳修行が盛んであり、西日本最高峰の石鎚山や剣山などはその代表格である。さらには弘法大師ゆかりの四国八十八箇所遍路により、全山あるいは四国全域が霊場といっても過言ではない。

主な山[編集]

四国山地西部
石鎚山脈
法皇山脈
四万十山地
四国山地東部
剣山地
安芸山地
  • 甚吉森

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 『コンサイス地名事典』 三省堂、1998年
  2. ^ 角川日本地名大辞典』 角川書店、1981年

関連項目[編集]