四方晴美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

四方 晴美(よも はるみ、1957年5月19日 - )は、日本の元女優、元子役東京都大田区田園調布出身。愛称はチャコ。俳優である父・安井昌二、母・小田切みきの娘。二人姉妹の妹で、姉の四方正美も子役出身の女優として活動した。

来歴[編集]

1962年、映画『僕チン放浪記』にて、主役の少年役でデビュー。1962年、安井昌二、小田切みきと親子で共演したTBSのテレビドラマ『パパの育児手帳』にチャコちゃん役で主演を務めた。「チャコちゃんシリーズ」はその後、『チャコちゃん社長』、『チャコちゃんハーイ!』など5作が製作され、平均24%の視聴率を記録する人気シリーズとなり、シリーズは宮脇康之(現・宮脇健)演じる「ケンちゃんシリーズ」に引き継がれた。

1971年に『金メダルへのターン』、1974年に『高校教師』に出演し、1975年に引退を宣言。母親の経営する小料理屋を手伝っていたが、1979年に一時復帰。80年代に入り再度引退した。引退の理由は、『プレイボーイ』のグラビアに登場したところ、当時交際していた男性に「ファンレターなどがたくさん来て、仕事が忙しくなったらどうするんだ」と問われ、それなら芸能界を辞めると決断したためである。結婚・離婚を経て、千葉浦安市ファーストフード店の準社員を長く勤め、現在はUNIQLO勤務。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 僕チン放浪記(1962年、大槻義一監督)
  • チャコとケンちゃん(1969年、窪川健造監督)
  • 卒業旅行 Little Adventure(1973年、出目昌伸監督)

テレビドラマ[編集]