団時朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
だん じろう
団 時朗
本名 村田 秀雄(むらた ひでお)
別名義 団 次郎、団 次朗、団 治郎
(旧芸名)
生年月日 (1949-01-30) 1949年1月30日(68歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市
身長 183cm
血液型 AB型
職業 俳優、歌手
ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間 1966年 -
活動内容 1966年:映画出演
1971年:『帰ってきたウルトラマン
事務所 アルファエージェンシー
主な作品
映画
ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟
テレビドラマ
帰ってきたウルトラマン』『正義は勝つ』『熱海の捜査官

団 時朗(だん じろう、1949年1月30日 - )は、日本俳優。本名は村田 秀雄(むらた ひでお)[1]。旧芸名・団 次郎団 次朗団 治郎アルファエージェンシー所属。

京都府京都市出身。身長183cm、体重83kg、血液型はAB型平安高等学校卒業。

来歴[編集]

長唄の師匠である日本人の母とイギリス系アメリカ人の父[2]との間に生まれたハーフ。1966年、母が知り合いである大映三隅研次監督に頼み、勝新太郎主演の『酔いどれ博士』に端役で出演する。同年に髙島屋と提携したピエール・カルダンのスーツを一度に3着購入するほどファッションに対しての想いが強いこともあって、1967年3月に平安高等学校[3]を卒業するとただちに上京し、セントラルファッションに所属する。同年5月に前田美波里と共演した資生堂サンオイルのテレビCM、続いて同社の男性化粧品「MG5[4]のテレビCMでファッションモデルとして注目される。以降はファッション雑誌、男性誌のファッションページ、ファッションショーにて活躍し、イタリアローマの大御所デザイナーアンジェロ・リトリコの日本に於けるイメージ・キャラクターにも選ばれた。1968年には、事務所の先輩である井出正勝が設立したアダムス・ファッション(現・アダムス)へ移籍する。

本名の村田秀雄でデビューしたが、歌手の村田英雄と混同されることが多く[5]、レコードデビューに際して付けた芸名を以後そのまま使用した。

1970年に本格的に俳優としての活動を始め、1971年の『帰ってきたウルトラマン』で主人公・郷秀樹を演じて人気となる。

人物[編集]

  • 1990年代に雑誌の特集内で行われた京本政樹との対談で、自分が演じた「帰ってきたウルトラマン」には決まった名称がない[6]ことに触れ、「ウルトラマンジャック」という名称になったと京本が言及すると、「後からつけられてもピンとこない」と語っている[7]
  • ウルトラセブン』の森次晃嗣のシャンソンCD発売の際、ウルトラ4兄弟=ダンディー4集合時に「子供の頃のヒーローと言えば?」という問いに、黒部進(=初代ウルトラマン)だと答えた。
  • 「歴代ウルトラマン1・2を争う酒豪」である[8]
  • ダウンタウンの番組で「ウルトラマンと仮面ライダー」という企画に、宮内洋速水亮黒部進とともに出演した。ウルトラマンジャックのライバルを尋ねられ、『仮面ライダー』と即座に挙げた。
  • 2009年に、舞台で多数の競演を行っている黒柳徹子とのデートが報じられる。黒柳によると「ベッドルーム・ファンタジー」の舞台稽古の際の食事会であり、団のほかに田山涼成も同席していたことを明かし「でも、嬉しいって思いました」と大人の対応をしている[9]
  • 2013年、自主映画『蒼き天狗の夜に。』上映のアフタートークに特別ゲストとして登壇した。若手俳優・スタッフへの激励、故郷京都での映画の原体験などを語った[10]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

インターネット配信[編集]

舞台[編集]

  • マイ・シンデレラ(1969年、東京文化会館) - 王子
  • シンデレラ(1982年、パルコ劇場)
  • ハムレット(1984年、日生劇場) - フォーティンブラス
  • Good サンシャイン劇場
  • ピアフ -生命、燃えつきて-(地人会) - イヴ・モンタン
  • 長崎十二景
  • 浮巣(1985年)
  • 小公女セーラ(1986年、イマジンミュージカル) - ラルフ・クルー
  • 女人哀詞ハリス
  • ヴァージニア・ウルフなんか怖くない(1988年、パルコ劇場)
  • フレンチカンカン(博品館劇場)
  • スイート・チャリティー(俳優座) - ヴィダル
  • ロミオとジュリエット(サンシャイン劇場)
  • 鏡花 坂東玉三郎の世界
  • ローマを見た! ―天正の少年使節ものがたり―(1989年、東京グローブ座)
  • 武蔵佐々木小次郎(新歌舞伎座)
  • 佐渡島他吉の生涯(1990年、東宝)
  • 私のあしながおじさん(イマジンミュージカル)
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ - イルウス
  • ジンギスカン(1991年、御園座)
  • 蘆火野 ブリュネ
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ - イルウス
  • 愛の讃歌〜Piaf(1992年、シアターアプル)
  • 孤愁の岸
  • 砂の上のサンバ(1993年、青山劇場) - ホセ
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ - イルウス
  • 孤愁の岸
  • 双頭の鷲(1994年)
  • ザ・近松(ポイント東京)
  • エリザベス(1995年、銀座セゾン劇場)
  • 女人哀詞
  • ニノチカ(劇団NLT) - レオン・ダグール伯爵
  • レイディ・イン・ザ・ダーク(1996年、アートスフィア) - ケンダル・ネズミット
  • 王様と私 - 大臣
  • 女人哀詞 - ハリス
  • 双頭の鷲(1997年パルコ劇場) - 警視総監・フォエーン伯爵
  • Good-bye,チャーリー アートスフィア
  • ロミオとジュリエット(1998年、ホリプロ)
  • 花迷宮 - 栄三
  • 椿姫(パルコ劇場)
  • ニノチカ(劇団NLT) - レオン・ダグール伯爵
  • 喜劇四幕(2000年) - レオン・ダグール伯爵
  • Good-bye, チャーリー アートスフィア
  • 絹(2001年、三都企画)
  • 魔法使いサリー(劇団スターキャスト) - ゴールド魔将軍
  • 昨日までのベッド(地人会) - フレッド
  • ブロンドに首ったけ(2002年、パルコ劇場)
  • 殺陣師段平/遠山の金さん(2003年、新歌舞伎座)
  • マウストラップ(三百人劇場) - パラビチーニ
  • サロメ〜月は赤らみて血の如く! - アートスフィア
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ - イルウス
  • 昨日までのベッド(2004年、地人会) - フレッド
  • マリー・アントワネット - カリオストロ伯爵
  • ボーイズ・フロム・オズ(2005年) - ディー・アンソニー / ディック・ウールノー
  • 二人のカレンダー ロディオン(パルコ劇場)
  • マリー・アントワネット(2006年) - カリオストロ伯爵
  • ボーイズ・フロム・オズ ディー・アンソニー / ディック・ウールノー
  • ミュージカル ピッピ - ピッピの父(船長) ※安岡力也の病気降板に代わり出演
  • ハウ・トゥー・サクシード(2007年、東京芸術劇場) - マリオン・ウールナフ
  • ヴェニスの商人 - ヴェニスの公爵
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ - イルウス
  • ウルトラマンプレミアステージ2(2008年、中日劇場) - ウルトラマンジャック(声)
  • ボーイズ・フロム・オズ ディー・アンソニー / ディック・ウールノー
  • ストーン夫人のローマの春(2009年、る・ひまわり) - ミスター・ストーン
  • ベッドルーム・ファンタジー グリフィン氏(パルコ劇場)
  • スリーベルズ〜聖夜に起こった3つのふしぎな事件〜(2010年)
  • ウエスタンモード *panish*
  • 想い出のカルテット 〜もう一度唄わせて〜(2011年、パルコ劇場)
  • ふるあめりかに袖はぬらさじ(2012年) - イルウス
  • 王子と乞食
  • レティスとラベッジ(2016年) - 弁護士

ゲーム[編集]

ラジオドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 東映怪人怪獣大百科 ロボット篇(東映ビデオ) - 青井博士(ナレーション)

音楽[編集]

シングル
題名 B/W・C/W 発売年 レーベル 備考
バラの恋 ひとつぶの涙 1968年 クラウン 日活映画『わが命の唄 艶歌』主題歌
渚のバラード バラをあげよう 1969年
甘い予感 霧の中の孤独 1970年 日本コロムビア
男には黙っていたい時がある 荒野を歩く男
帰ってきたウルトラマン MATチームの歌 1971年 主題歌・挿入歌。ウルトラシリーズで初めて主役が歌った[11]
8ちゃんのえかき唄 おさえきれない好奇心!(歌:松岡洋子コロムビアゆりかご会 1982年 ロボット8ちゃん』後期EDテーマ。
勇者よいそげ!! この道わが旅 1991年 DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』主題歌。すぎやまこういちとの20年ぶりのタッグを組んだ作品。同収録の『この道わが旅』は、『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』のエンディングテーマに詩をつけたもの。
ウルトラマンメビウス 2006年 『ウルトラマンメビウス』主題歌。Project DMM with ウルトラ防衛隊の一員として

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2003年、181頁。ISBN 978-4990124212。
  2. ^ 父親はアメリカ空軍の軍人であり、彼が2歳の時に朝鮮戦争で戦死している。
  3. ^ 在学中は野球部に所属。
  4. ^ 1971年まで出演。
  5. ^ MG5のCMが話題になり、デパート屋上でキャンペーンサイン会が催された際、歌手の村田英雄と誤って館内アナウンスされたことがある。
  6. ^ この対談の時期には「ウルトラマンジャック」は正式名称となっている。
  7. ^ 京本政樹『京本政樹のHERO考証学』バンダイ、1992年、132頁。
  8. ^ 2010年7月19日放送の『エンタマン』より
  9. ^ http://beauty.oricon.co.jp/news/69691/full/
  10. ^ 烏丸経済新聞 京都に「帰ってきたウルトラマン」団時朗さん-若手俳優らにエール
  11. ^ 不採用に終わったもう一つの主題歌「戦え! ウルトラマン」も歌っている。