この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

国仲涼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
くになか りょうこ
国仲 涼子
生年月日 (1979-06-09) 1979年6月9日(37歳)
出生地 日本の旗 日本沖縄県那覇市[1]
身長 158cm[2]
血液型 B型[3]
職業 女優
ジャンル ドラマ映画
配偶者 向井理(2014年-)
事務所 ライジングプロダクション
公式サイト 国仲涼子OFFICIAL SITE
主な作品
テレビドラマ
ちゅらさん』シリーズ
ブラックジャックによろしく
結婚できない男
ホタルノヒカリ
映画
ミラーを拭く男
電車男
そのときは彼によろしく
HERO

『琉球ムーン』
『めぐり逢えたね』

国仲 涼子(くになか りょうこ、1979年6月9日[3] - )は、日本女優歌手。夫は俳優向井理

沖縄県那覇市出身[1]ぱれっとを経てライジングプロダクション所属。沖縄県立那覇商業高等学校卒業[1]

略歴

人物

  • 島谷ひとみはお互いに親友と呼ぶ仲[8]。テレビでは、2002年のドラマ『探偵家族』第8話や、バラエティー番組『ブルブルアンタッチャブル』(2007年10月12日放送)で共演している。
  • 田中好子とは、『ちゅらさん』での共演を機に親交を深め、東京の「母親」として慕い、韓国旅行を共にしたり、『森のささやき』(フジテレビ、田中がレギュラーでナレーションを担当)の特別編(2010年7月31日放送)で尾瀬を訪れたこともあった。実生活でもドラマの世界そのままに、田中は国仲を「恵里」、国仲は田中を「お母さん」と呼んでいた。しかし2011年4月21日、田中は乳がんでこの世を去り、24日の通夜で国仲は、「いろんなものをもらってばかりで、私からは何もしてあげられなかった」「いつもかわいい声で『恵里』って呼んでくれた姿が印象的でした」と涙ながらに報道陣の前で語った[9][10]
  • 朝日新聞』2010年9月25日付のbeランキング「心に残る朝ドラヒロイン」アンケート結果では、『ちゅらさん』のヒロインを務めた国仲は第3位だった。これは、第1位の樫山文枝(『おはなはん』)、第2位の田中裕子(『おしん』)に次ぐ順位である。
  • SHEILAとは『結婚できない男』で共演して以来、プライベートで旅行をする仲。国仲はSHEILAを「シェイ姉」と呼び慕っている。[11]

主な出演作品

映画

テレビドラマ

バラエティ

他多数

ドキュメンタリー

舞台

ラジオ

CM

携帯電話配信分

VISION CASTでオンエアされている携帯ドラマのうち、以下の作品に出演。

  • イチカバチカ(2007年8月) - リョーコ 役
  • FIVE STORIES in IKSPIARI「ピーマンからのリクエスト」(2007年12月) - 桜井そのみ 役
  • ふわふわふわり(2008年2月) - リョウコ 役

受賞歴

作品

写真集

  • 素顔のままで。(1999年10月、テイ・アイ・エス、撮影:野村誠一)ISBN 4886182135
  • 23ans(2002年7月、ワニブックス、撮影:根本好伸)ISBN 4847027205
  • 国仲涼子写真館〜風の記憶〜(2004年3月26日、主婦と生活社、撮影:堤隆繁)ISBN 4391129272
  • COLORS(2011年7月27日、ワニブックス、撮影:根本好伸)ISBN 978-4847043833

CD

シングル

アルバム

DVD

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 声のみの出演[16]

出典

  1. ^ a b c d e f g 国仲涼子”. KINENOTE. 2016年1月29日閲覧。
  2. ^ 国仲涼子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月5日閲覧。
  3. ^ a b ARTIST PROFILE 国仲涼子”. 国仲涼子オフィシャルサイト. ライジングプロダクション. 2016年1月29日閲覧。
  4. ^ 向井理&国仲涼子 来月結婚へ!ドラマ共演者にツーショット報告”. スポニチアネックス (2014年11月21日). 2014年11月21日閲覧。
  5. ^ 向井理&国仲涼子 大安の28日に婚姻届提出”. スポニチアネックス (2014年12月30日). 2014年12月30日閲覧。
  6. ^ 国仲涼子が第1子妊娠を発表 向井理パパに!”. ORICON STYLE (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  7. ^ 国仲涼子が第1子男児出産”. ORICON STYLE (2015年9月30日). 2015年9月30日閲覧。
  8. ^ “島谷ひとみが国仲の出産祝福「嬉しいな嬉しいな」”. nikkansports.com. (2015年9月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1546327.html 2016年1月29日閲覧。 
  9. ^ ““愛娘”国仲涼子は号泣…「ちゅらさん」ファミリーの固い絆”. ZAKZAK. (2011年4月25日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110425/enn1104251141000-n1.htm 2011年4月30日閲覧。 
  10. ^ “国仲涼子“ちゅらさんファミリー”も涙涙”. デイリースポーツ. (2011年4月25日). オリジナル2011年4月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110427085726/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/04/25/0003997619.shtml 2016年1月29日閲覧。 
  11. ^ SHEILA、“親友”国仲の妊娠祝福「ママ友になれるの嬉しい」”. ORICON STYLE (2015年4月21日). 2016年1月29日閲覧。
  12. ^ “国仲涼子、重厚本格ミステリーで民放初主演”. zakzak. (2004年1月20日). http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2004_01/g2004012011.html 2017年2月5日閲覧。 
  13. ^ “国仲涼子 瀧本美織に負ける?「フラれないように頑張りたい」”. Sponichi Annex. (2012年1月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/06/kiji/K20120106002376510.html 2017年2月5日閲覧。 
  14. ^ 国仲涼子、主婦売春する役に戸惑い「ブルーになる」”. ORICON STYLE (2013年6月3日). 2013年11月18日閲覧。
  15. ^ スポニチ (2014年12月5日). “国仲涼子が元ヤン人情娘に、来年1月スタート「月9」出演陣発表”. 2014年12月5日閲覧。
  16. ^ 真紀和泉 (2015年9月29日). “【エンタがビタミン♪】『デート〜恋とはどんなものかしら〜2015夏 秘湯』の構成が見事。続編に期待。”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2015/09/drama-date2015natu-28.html 2015年12月16日閲覧。 
  17. ^ キャスト&スタッフ - TBSテレビ:月曜ゴールデン
  18. ^ 国仲涼子、『99.9』で産後初ドラマ 「こんな緊張感は久しぶり」”. ORICON STYLE (2016年6月8日). 2016年6月8日閲覧。
  19. ^ “『昔話法廷』続編決定 アリ、舌切りすずめ、乙姫が訴えられたら”. ORICON STYLE. (2016年6月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2074109/full/ 2016年6月26日閲覧。 
  20. ^ 国仲涼子、『日暮旅人』使用人衣装でオフショット”. クランクイン!! (2017年2月5日). 2017年2月5日閲覧。
  21. ^ 国仲涼子のフランス美食紀行 マリー・アントワネットともう一人のマリー(BS朝日)、2014年12月16日閲覧
  22. ^ 国仲涼子がたどる琉球の石 地図伝来の謎(琉球放送)、2014年12月25日閲覧
  23. ^ “「ベンザブロックプラス」シリーズ新発売について” (プレスリリース), 武田薬品工業, (2013年9月5日), http://www.takeda.co.jp/news/2013/20130905_5976.html 2013年11月18日閲覧。