国家国防科技工業局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
中華人民共和国の軍事
中国人民解放軍軍徽
最高軍事指導機関
中央軍事委員会
中国共産党中央軍事委員会中華人民共和国中央軍事委員会
中国人民解放軍構成
中国人民解放軍 中国人民解放軍
陸軍 陸軍 海軍 海軍空軍 空軍
第二砲兵部隊戦略ミサイル部隊(第二砲兵)

政治委員 兵種 予備役 人武部
国防大学 軍事科学院 国防科学技術大学


People's Armed Police cap badge 2007.png中国人民武装警察部隊

中国民兵
駐特別行政区部隊
駐香港部隊 駐マカオ部隊
四総部
総参謀部  総政治部
総後勤部  総装備部
七大軍区・三大艦隊
瀋陽軍区 北京軍区 蘭州軍区
済南軍区 南京軍区 広州軍区
成都軍区
北海艦隊 東海艦隊 南海艦隊
階級制度
人民解放軍  武装警察
行政機関
国防部(国防省) 国防科工局
国家国防動員委員会 国家辺海防委員会
軍事思想と歴史
人民戦争理論 人海戦術
解放軍の歴史
ゲリラ 運動戦 超限戦
関連法規
国防法 兵役法
国防動員法 国防教育法 人民防空法
現役将校法 預備役軍官法
中国人民解放軍軍官軍銜條例 中国人民解放軍政治工作条例

国家国防科技工業局とは中華人民共和国の主要行政機関。

原語表記「国家国防科技工业局」、略称は「国防科工局」。英語表記「State Administration for Science, Technology and Industry for National Defence」英語略称「SASTIND」「国家国防科学技術工業局」と訳される例もある。また、英語からの二次翻訳の場合「国防科学技術国家管理局」と翻訳される場合もある。

概要[編集]

2008年の全人代決定に伴い設立された。国務院下の工業信息化部(工業情報化部・MIIT)(部は日本の中央省に該当)の部署となる。日本国際貿易促進協会によれば「中国政府の内部事情により、詳細情報は記載しない」[1]とあり、機密保持性が高い部署である事が分かる。2009年10月9日米中経済安全保障調査委員会への提出資料には「SASTDIN は、国防企業政策の監督任務を付与されているが、通常はハッカー・グループ又はその活動に関連して参照付けられることはない」[2]との記載があり、国防企業政策の監督任務が主任務と見なしている。

脚注[編集]

関連項目[編集]