国家辺海防委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中華人民共和国の軍事
中国人民解放軍軍徽
最高軍事指導機関
中央軍事委員会国家
国務院機関
国防部 国防科工局
国家国防動員委員会 国家辺海防委員会
中華人民共和国武装力量
中国人民解放軍の旗 中国人民解放軍
Chinese People's Armed Police Force (CAPF) cap insignia.svg中国人民武装警察部隊
Emblem of People’s Militia.svg中国民兵
五大戦区
東部戦区 南部戦区 西部戦区
北部戦区 中部戦区
五大軍種
中国人民解放軍陸軍の旗 陸軍 中国人民解放軍海軍の旗 海軍 中国人民解放軍空軍の旗 空軍
Rocket Force Flag of the People's Republic of China.svgロケット軍 戦略支援部隊
中央軍事委員会直属院校
国防大学 軍事科学院 国防科学技術大学
作戦空間別戦力
陸軍 - 海軍陸戦隊 - 空軍空降兵

海軍

空軍 - 海軍航空兵 - 陸軍航空兵

ロケット軍
駐特別行政区部隊
駐香港部隊 駐マカオ部隊
階級制度
人民解放軍 武装警察
軍事思想と歴史
人民戦争理論 人海戦術
解放軍の歴史
ゲリラ 運動戦 超限戦
関連法規
国防法 兵役法
国防動員法 国防教育法 人民防空法
現役将校法 預備役軍官法
軍官軍銜條例 軍政治工作条例

国家辺海防委員会(こっかへんかいぼういいんかい)は中華人民共和国の委員会。

原語表記「国家边海防委员会」英語表記「State Committee of Border and Coastal Defense」

概要[編集]

外国からの侵略、侵入、挑発や国境を越えた活動の破壊、麻薬密売、密輸などの違法犯罪テロ組織に対抗した緊急事態を処理およびそれらの防止、海上監視、漁業管理、海洋、検査、検疫、税関や他の部署の法執行機関の責任・権限との対応のため国家によって設立された委員会。

公的な記述が極めて少ない反面、中国では多くの記事が見受けられ、陸および海の国境周辺に関する国防委員会として活発に活動しているのが見受けられる。故鄧小平故郷訪問を伝える国防部梁光烈の報道記事中に「国家辺海防委員会主任」との兼任表記[1]がある事から、国防部長と国家辺海防委員会主任が兼任である事が伺い知れる。また、各地方にも辺海防委員会が設置されている[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]