国立学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

国立学校(こくりつがっこう、: National school)とは、の設置する学校である。

日本における国立学校[ソースを編集]

日本において「学校」とは学校教育法第1条に規定するもの(いわゆる「一条校」)[1]をいうが、このうち国立学校とは第2条第2項により「国の設置する学校」と定義されている。なお同法同条第1項の規定により、この「国」には国立大学法人及び独立行政法人国立高等専門学校機構(以下「国立高専機構」)が含まれることとされており、現在同規定に当てはまる「国立学校」は、それぞれの国立大学法人によって設置、組織及び運営されている大学(以下「国立大学」)及びそれら国立大学の附属学校(以下「国立大学附属学校」)と、国立高専機構によって運営されている高等専門学校(以下「国立高専」)の3種類であって国が直接設置している学校はない。一方で、国や他の独立行政法人によって設置・運営がなされている「大学校」もあるが、それらは「学校」ではなく文部科学省所管外の施設であり、前述の定義に含まれないため本項では省略する。詳しくは当該の項を参照。

以前は国立大学、国立高専いずれも文字通り国によって運営され、職員の身分は国家公務員であった。しかし2004年4月1日から国立大学法人法および独立行政法人国立高等専門学校機構法が施行され、国立大学及びその附属学校はそれぞれの国立大学法人(大学1校につき1法人)により設置、組織及び運営される学校となり、国立高専については国立高専機構が全校一括で運営することとなった。現在それらの学校の職員はみなし公務員である。

国立大学[ソースを編集]

国立大学を参照。

国立大学附属学校[ソースを編集]

国立大学附属学校を参照。

高等専門学校[ソースを編集]

高等専門学校および国立高等専門学校機構の項目を参照。

各国の国立学校[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ したがって、第124条の専修学校や第134条の各種学校は含まれない。

関連項目[ソースを編集]