国谷裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
くにや ひろこ
国谷 裕子
Hiroko Kuniya.jpg
プロフィール
本名 国谷 裕子
出身地 日本の旗 日本大阪府
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1957年2月3日(58歳)
最終学歴 ブラウン大学
職歴 アナウンサー
ライター
リサーチャー
活動期間 1981年 - 現在
ジャンル 報道番組
配偶者
家族 田附政次郎(曽祖父)[1]
出演番組・活動
現在 クローズアップ現代
過去 NHKニュースTODAY
ワールドニュース
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

国谷 裕子(くにや ひろこ、1957年2月3日 - )は、日本ニュースキャスター

来歴[編集]

大阪府出身。3人姉妹の次女で三和銀行国際部に勤務していた父親の海外勤務に伴い、幼稚園時代から、ニューヨークサンフランシスコアメリカ合衆国)、小学校6年から中学校まで香港日本を行き来しながら過ごす[1]帝塚山学院小学校聖心インターナショナルスクールを経て、アメリカのブラウン大学卒業(専攻:国際関係学、副専攻:国際経済学)。

同大学を卒業後、日本国内の外資系メーカーに就職。商品の販売戦略を担当したが、「結局、なぜ一つでも多くせっけんを売らなくてはいけないのかと、納得がいかなくなり、一年足らずで辞めてしまった」[2]

26歳まで派遣会社や日本外国特派員協会に登録して、海外映像チェック、リサーチなどに従事。知人であったNHK特派員の紹介で1981年、『NHKニュース』(NHK)の英語放送の同時通訳アナウンサーライター、リサーチャーを務めたのを機に、報道の世界に[1]。 1985年、29歳で現在の結婚すると渡米して専業主婦になるが[1]、1986年、ニューヨーク総局のリサーチャーを担当。1987年から『ワールドニュース』(NHK BS1)のニューヨーク総局からの駐在キャスターを担当[3]。1988年に帰国。

帰国後、『ニュースセンター9時』の後継番組である、『NHKニュースTODAY』の国際コーナーを担当。『NHKニュース21』、『ワールドニュース』にも契約出演。

『NHKニュース21』が番組終了した、1993年4月5日から『クローズアップ現代』のレギュラーキャスターを番組開始時から2015年時点まで務める。2016年度の番組改編に伴い、国谷の番組降板情報が報道され[4]、1月12日付の報道で国谷のキャスター降板が発表された。

受賞歴[編集]

  • 橋田壽賀子賞(1994年)
  • 放送文化基金賞(個人・グループ部門)(国谷裕子と「クローズアップ現代」番組制作スタッフ)(1996年)
  • 放送ウーマン賞 '97(1998年)
  • 菊池寛賞(国谷裕子と「クローズアップ現代」制作スタッフ)(2002年)
  • 日本記者クラブ賞(2011年)

著書[編集]

  • 『ここだけは聞いておきたい裁判員裁判 31の疑問に答える』片山善博,四宮啓共著 日本評論社 2009
翻訳
  • ジェイソン・ゲイズ『ぼくはガンを克服した ある少年の生への闘い イラスト手記』日本放送出版協会 1989

脚注[編集]

  1. ^ a b c d NHK「クロ現」3月降板 国谷裕子が辿った挫折とリベンジ”. 日刊ゲンダイ (2016年1月15日). 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ 「一人前でありたい」国谷裕子が語る仕事-1”. 朝日新聞. 2009年7月5日閲覧。
  3. ^ 国谷裕子委員(キャスター) (PDF)”. 2015年1月17日閲覧。
  4. ^ NHK「クロ現」の国谷裕子さん降板へ 出演は3月まで”. 朝日新聞 (2016年1月8日). 2016年1月17日閲覧。