園佳也子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
その かやこ
園 佳也子
本名 清水 郁子
生年月日 (1929-10-07) 1929年10月7日
没年月日 (2010-07-27) 2010年7月27日(満80歳没)
出生地 日本の旗 東京府
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
主な作品
映画
どですかでん』(1970年 黒澤明

園 佳也子(その かやこ、1929年10月7日[1][注釈 1] - 2010年7月27日)は、日本女優

人物・略歴[編集]

東京府(現・東京都)に生まれ、大阪市天王寺区で育った。神戸女学院中学部神戸女学院高等学部を経て、神戸女学院大学文学部卒。

1953年NHK大阪放送劇団の聴講生になり、同局のテレビドラマ『ボーナス』に出演、テレビの草創期から活躍した。1960年には『水戸黄門 天下の大騒動』で映画デビューし、舞台も含めた多方面で名脇役として後年に至るまで名を馳せている。

1966年に活動拠点を東京に移し、1970年から日本テレビ系列で放送された『細うで繁盛記』に仲居頭のお多福役で出演してお茶の間の人気を集めた。1977年には東宝現代劇20周年記念舞台『ゆでたまご』で初主演舞台を踏む。1978年テイチクからレコード『大阪おんな(B面:ゆでたまご[注釈 2])』も出している。1970年代には「キンチョー・サッサ」のCMが話題となった。

その他代表作に映画『どですかでん』『学校』、ドラマ『ありがとう』『おんなは度胸』『はじめまして』、舞台『細雪』などがある。

2010年7月29日、自宅の風呂場で倒れているのを親族が発見し、7月27日心不全のために亡くなっていたことがわかった。[1]。80歳没。

女優として最後の出演となったのは2006年12月に新橋演舞場で上演された劇団新派公演による舞台『三婆』。それ以降は芸能活動はしていなかった。

主な出演[編集]

映画[編集]

  • 水戸黄門 天下の大騒動(1960年、東映) - お時
  • 幽霊五十三次(1961年、東映) - 雲刀自
  • 次郎長三国志(1963年、東映) - 女中
  • 現代インチキ物語 騙し屋(1964年、大映) - ムツコ
  • 大殺陣(1964年、東映) - 立田川
  • のれん一代 女侠(1966年、東映) - お春
  • 伊豆の踊子(1967年、東宝) - お時
  • 男の勝負 仁王の刺青(1967年、東映) - おかつ
  • 喜劇初詣列車(1968年、東映) - 春子
  • 河内フーテン族(1968年、東宝) - お時
  • やくざ渡り鳥 悪党稼業(1969年、日活) - 由紀江
  • 喜劇 あゝ軍歌(1970年、松竹) - 松子
  • ずべ公番長 夢は夜ひらく(1970年、東映) - 鎌子
  • 不良番長シリーズ(東映)
    • 不良番長 暴走バギー団(1970年) - 若後家
    • 不良番長 口から出まかせ(1970年) - 五十嵐貴子
    • 不良番長 手八丁口八丁(1971年) - 秋子
  • どですかでん(1970年、東宝) - くまん蜂の妻
  • 喜劇 開運旅行(1971年、松竹) - 水野礼子
  • 喜劇 女は男のふるさとヨ(1971年、松竹) - 村枝
  • 銀蝶渡り鳥(1972年、東映) - 古川とめ
  • 日本侠花伝(1973年、東宝) - ハル子
  • ザ・ドリフターズのカモだ! 御用だ!(1975年、松竹) - 春代
  • 正義だ! 味方だ! 全員集合!!(1975年、松竹) - 加藤敏江
  • トラック野郎・爆走一番星(1975年、東映) - ドライブインの女将・蝶子
  • 新どぶ川学級(1976年、日活) - 加東伸子
  • 喜劇役者たち 九八とゲイブル(1978年、松竹) - ラビアンローズ
  • 博多っ子純情(1978年、松竹) - バーのママ・千草
  • 男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980年、松竹) - すみれの母
  • 陽暉楼(1983年、東映) - お峯
  • 伽椰子のために(1984年、エキプド・シネマ) - 松本トシ
  • (1985年、東映) - 里江
  • 吉原炎上(1987年、東映) - おちか
  • メロドラマ(1988年、シネ・ロッポニカ) - 楊麗芳
  • Mr.レディー 夜明けのシンデレラ(1990年、東宝) - 恵美
  • 学校(1993年、松竹) - イノの叔母さん

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 警察発表の没年齢より。これまでの公称は1934年生まれであった[2]
  2. ^ 舞台『ゆでたまご』からの楽曲。

出典[編集]

  1. ^ a b “名脇役・園佳也子さん死去…80歳、心不全”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2010年7月30日). オリジナル2010年7月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100731170546/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100730-OHT1T00045.htm 2010年7月30日閲覧。 
  2. ^ “園佳也子 〜タレント名鑑〜”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (スポーツニッポン新聞社). オリジナル2010年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100522160639/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/meikan/sa/sonokayako.html