土門廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
どもん こう
土門 廣
本名 尾澤 優司
生年月日 (1967-02-07) 1967年2月7日(50歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 176cm
血液型 O型
職業 俳優
活動期間 1988年 - 2003年
主な作品

映画
仮面ライダーZO
宣戦布告


テレビドラマ
君の名は
ブルースワット
中学生日記
森村誠一・終着駅シリーズ

土門 廣(どもん こう、1967年2月7日[1] - )は、日本の元俳優。本名、尾澤 優司(おざわ ゆうじ)[1]

東京都出身[1]。身長176cm[1]血液型はO型[2]青山学院高等部卒業[1]仕事に所属していた[1]

来歴[編集]

役者を志して日本大学芸術学部演劇学部へ進み、1988年4月に無名塾に入る[3]。同年『肝っ玉おっ母と子供たち』で初舞台を踏み[2]、翌年(1989年)には『友よ静かに瞑れ』(フジテレビ)でテレビドラマにデビュー[3]

無名塾の舞台公演や単発のテレビドラマを経て、1991年NHK連続テレビ小説君の名は』でアイヌの青年役でレギュラー出演し注目される[3]

1993年仮面ライダー生誕20周年記念として企画されていた映画仮面ライダーZO』(東映)のオーディションに合格し、主人公・麻生勝(仮面ライダーZO)役でスクリーン・デビューを果たす[3]1994年には『ブルースワット』(テレビ朝日)に主役メンバーの一人であるシグ役でレギュラー出演し、特に女性ファンからの熱狂的な人気を得た[3]。なお、1996年の『重甲ビーファイター』にも同役で客演している。

1996年4月より岡本富士太のあとを受け『中学生日記』(NHK)の教師(春日先生)役を務め[3]、2年間レギュラー出演。1998年からは土曜ワイド劇場森村誠一・終着駅シリーズ』(テレビ朝日)で大上刑事役を演じ、2003年の第15作まで出演したのち、俳優業を引退している。

人物・エピソード[編集]

  • 趣味はスポーツ[2]
  • 妹が一人いる[3]
  • 俳優以外の活動では、『仮面ライダーZO』等のイベントで度々共演した畑澤和也監督が主催した阪神淡路大震災のチャリティーイベントに参加した。このイベントには『ブルースワット』で共演した白鳥由夏干潟智子も参加した[4]
  • 『仮面ライダーZO』での主役抜擢について、雨宮慶太はオーディション当初から「(土門が)仮面ライダーだ」と感じ、土門の起用を心に決めていたと語っている[5]
  • 『ZO』では素面でコウモリ男との殺陣も演じているが、一般公開版では尺の都合から大半がカットされている。
  • 『ZO』のラストシーンにおいて、勝が宏に自分のジャケットを掛けるという演出は土門自身の提案であったという[5]
  • 自身も子供のころから仮面ライダーになることに憧れアメリカで空手を習っており、ZOに変身したことでその夢を叶えたことになった。[6]
  • 『ビーファイター』での客演時には『きけ、わだつみの声 Last Friends』の撮影のために髭を生やしていたが、劇中でもそのことをショウに突っこまれるシーンがある。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑2001』 VIPタイムズ社、2001年、297頁。
  2. ^ a b c 『テレビ・タレント人名事典 第5版』 日外アソシエーツ2001年、729頁。ISBN 978-4816916779。
  3. ^ a b c d e f g 『日本映画人名事典 男優編<下巻>』 キネマ旬報社1996年、247-248頁。ISBN 978-4873761893。
  4. ^ 阪神淡路大震災と土門廣|監督ブログ hyper-orion
  5. ^ a b 『仮面ライダーZO』のメイキング映像「メイキング・オブ 仮面ライダーZO」より。
  6. ^ 闘え!ぼくらの仮面ライダー 〜最強のライダーZO誕生!!〜でのインタビューより