在日トルコ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
在日トルコ人、トルコ系日本人
Japonya Türkleri
トルコの旗日本の旗
Tokyo Camii 2009.jpg
オスマン様式の東京ジャーミイ
総人口
4,157人
(トルコ国籍のみ、2015年12月現在)[1]
居住地域
愛知県東京都埼玉県神奈川県
言語
トルコ語クルド語日本語
宗教
イスラム教

在日トルコ人(ざいにちトルコじん、トルコ語: Japonya Türkleri)は、日本に一定期間在住するトルコ国籍の人である。日本に帰化や亡命した人(主にタタール人)、およびその子孫のことをトルコ系日本人と言う。

概要[編集]

20世紀初頭に、タタール人のグループがロシアカザンから日本まで移住したことが始まりとされている。近年は、トルコ人やトルコ国籍を持つクルド人が増加しており、亡命タタール人とその子孫とあわせて、在日トルコ人社会を形成する。1990年代後半以降、来日するトルコ人は増加しはじめ、大都市部ではケバブスタンドが誕生し、各地でトルコ人を見かけるようになった。トルコ人は日本へはビザ無しで90日間まで滞在できるために、短期滞在の人も多い。

日本におけるトルコ人に対する感情としては、1890年エルトゥールル号遭難事件以来非常に友好的な関係を保っていることから、日本社会においても他の国の出身者に比して良い扱いを以って受け入れられる場合が多かった。

近年では日本国内においてトルコ人による犯罪が急増傾向にある[2]。とりわけ性犯罪は深刻である。

タタール人難民[編集]

ドンドゥルマを売るトルコ人

20世紀初頭、ロシア革命を契機におよそ600人のタタール人がロシアカザンから日本へ移住したとされ、日本各地にコミュニティを形成していた。特に神戸には多くのタタール人が暮らしており、1935年には神戸において日本で最初となる最初のモスクと学校、1938年には東京において東京回教学院(現・東京ジャーミイ)が在日タタール人によって設立された。移住者の大多数は離散しなかったことから、来日後も自らの言語や文化を保持し続けた。1950年代になって、彼らにトルコ国籍が付与されることとなり、戦後の混乱の影響もあって、徐々にトルコへ渡るようになりタタール人は減少した。しかし、そのまま日本へ住み続け、帰化した人もいた。現在、東京におけるタタール人の子孫は60人ほどとされる[3]

クルド人難民[編集]

埼玉県蕨市にはトルコ国籍のクルド人難民約2000人が集住している。日本政府による難民認定を申請しているものの、認められるケースはほとんどなく、ニュージーランドカナダなどで難民認定を受け、再移住する人も少なくない。

在日トルコ人・トルコ系日本人一覧[編集]

参考文献[編集]

  • 『在日タタール人 歴史に翻弄されたイスラーム教徒たち』(松長 昭 著/東洋書店/2009年2月)

脚注[編集]

関連項目[編集]