地名接尾辞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

地名接尾辞(ちめいせつびじ)は接尾辞の一種で、単語のあとにつけることで場所や場所の性質を表す機能を持つ。

地名接尾辞の例[編集]

-ia[編集]

この接尾辞は広く用いられており、アジア (Asia) ・ユーラシア (Eurasia)・ポリネシア (Polynesia) ・ミクロネシア (Micronesia) ・ロシア (Russia) ・ルーマニア (Rumania) ・リベリア (Liberia) ・スロバキア (Slovakia) ・スロヴェニア (Slovenia) ・ジョージア (Georgia) ・カリフォルニア (California) などの地名に見られる。

イタリア(Italia)も同様だが、州名においても多くの州がこの接尾辞を用いる。 また、-niaから変化した-gnaという接尾辞も使用する。 さらにイタリア語では他国を呼ぶ名称は-iaを付けることが多い。フランス(Francia)、ドイツ(Germania)、トルコ(Turchia)、スウェーデン(Svezia)、ノルウェー(Norvegia)、フィンランド(Finlandia)、ポーランド(Polonia)など。

-sk[編集]

  • スラヴ語の形容詞語尾(英語の-shなどと同源)。
  • オホーツク (Okhotsk):「」を意味する Okata が Okahota に変化し、それに -sk がついて地名化したもの。元は町の名だったが、現在は海の名にも転用されている。

他にハバロフスク(Khabarovskロシア)、グダンスク(Gdańskポーランド)など。

-grad,-gorod[編集]

  • 街、都市、城などを意味するスラヴ語。後者はロシアで限定的に使用される。

-na[編集]

  • ウクライナ (Ukraina):ウクライナ語で「終わり、縁」を意味する krai に、地名接頭辞の u- と地名接尾辞の -na がついたもの。なお、krainaで「国」という意味。「縁」で囲われたもののこと。

-stan[編集]

このほか、中央アジアの国の名に、キルギスタン (Kirgistan) ・パキスタン (Pakistan) ・ウズベキスタン (Uzbekistan) ・カザフスタン (Kazakhstan) ・トルクメニスタン (Turkmenistan) などの例がある。 スターン (地名)も参照のこと。

-abad[編集]

-berg[編集]

-burg[編集]

-bad[編集]

  • ドイツ語で Bad は風呂温泉を意味し温泉保養地であったことを意味する。

-polis[編集]

-ton[編集]

-ville[編集]

-hot[編集]

-pur[編集]

関連項目[編集]