坂口博信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
さかぐち ひろのぶ
坂口 博信
Hironobu Sakaguchi 20070706 Japan Expo 2.jpg
Japan Expo 2007(フランスパリ)にて
生誕 (1962-11-25) 1962年11月25日(54歳)
日本の旗 日本 茨城県日立市
出身校 横浜国立大学工学部電子情報工学科中退
職業 ゲームクリエイター
シナリオライター
映画監督
活動期間 1983年 -
代表作 ファイナルファンタジーシリーズ
クロノ・トリガー
パラサイト・イヴ
ブルードラゴン
ロストオデッセイ
ラストストーリー
テラバトル
活動拠点 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ州ホノルル
日本の旗 日本 東京

坂口 博信(さかぐち ひろのぶ、1962年11月25日 - )は、日本ゲームクリエイターシナリオライター映画監督。ゲーム制作会社ミストウォーカーCEO茨城県日立市[1]出身。愛称はヒゲ。『ファイナルファンタジーシリーズ』の生みの親である。

経歴[編集]

茨城大学教育学部附属中学校を経て茨城県立水戸第一高等学校卒業、横浜国立大学工学部電子情報工学科中退。

小学校ではピアノを、中学校ではフォークギターを、高校ではミュージシャンを目指していた(その当時はテレビゲームは嫌いで、触りもしなかった)[2]。大学では、Apple IIで『ウィザードリィ』『ウルティマ』の虜になり、オールBASICアドベンチャーゲームなどを作り、当時設立して間もないスクウェアに応募[2]

スクウェアにて[編集]

1983年アルバイトとして大学の同級生だった田中弘道と共にスクウェアに入社。その後PCソフトやファミコンソフトを制作していたが振るわず、市場からの撤退を考えていた時期に最後の望みを託して坂口の総指揮のもと制作されたのが、『ファイナルファンタジー』である。このソフトの大ヒットの結果、スクウェアは大手ゲーム開発会社へと成長していった。

ファイナルファンタジーIII』制作時、実家が火災に遭い母親を亡くしたこと、週刊少年ジャンプ編集者鳥嶋和彦に「なぜ『FF』はダメなのか」説教されたことをきっかけに、物語を重視するようになった[4]

長年スクウェアの開発トップとして『FF』シリーズ、『クロノ・トリガー』などの制作を主導した。人材の育成やスカウトでも手腕を発揮し、タイトルラインナップや作品クオリティが強化されたスクウェアは1990年代RPGの牙城”として黄金時代を築く事になる。

当時の『FF』チームは体育会系のノリであり、新人がこのチームに入ると「甲子園を目指すような気分になる」と話すことから、熱気・パワーがゲームの中に入っていたと答えていた[2]。また、仕様書・企画書を書かず、坂口自身は古いやり方を壊すのが好きだった[2]

2001年に同社の経営が創業初の赤字に転落する見通しとなったため、2月に責任を取って代表取締役会長らと共に副社長を辞任。以後スクウェアとは専属契約のエグゼクティブプロデューサーとして関わるようになった[5]

監督を務めた映画『ファイナルファンタジー』は世界初のフル3DCG映画として話題を呼び、国内のみならず全米でも公開されるが、興行的には厳しい結果となった。映画を作ろうと思い立ったきっかけはCG技術におけるハリウッドとの力の差であった。国内最高のCGスタッフを集めて作られた『ファイナルファンタジーVII』であったが、同年公開された『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』を見て、そのレベルの差を痛感。ハリウッドのCG技術に追いつくには彼らと一緒に仕事をするのが一番と考え、日本とアメリカの間に位置するハワイにスタジオを設立。両国からスタッフを集め映画制作に乗り出したのである[6][7]

ミストウォーカー設立[編集]

2004年ゲーム制作会社ミストウォーカーを設立。

Xbox 360用ソフト『ブルードラゴン』、『ロストオデッセイ』、Wii用ソフト『ラストストーリー』などを制作した。Xbox 360用ソフトとして発売が予定されていたアクションRPG『クライオン』は開発中止となった。

スマートフォン、PC向けRPG『テラバトル』を運営中。ダウンロード数に応じて著名なアーティストの参加やゲーム内の新モードの追加、グッズ制作が開始される“ダウンロードスターター”という仕組みを設けている。2015年4月30日、200万ダウンロードを達成し、コンシューマー版の開発が行われることになった。

最近はニコニコ生放送Youtubeで“生主”としても活動している。単にゲームをプレイするだけにとどまらず、何らかの形で発表したいというユーザーが増えている現在、ネットによる配信にはまだ見ぬ可能性があると感じているとのこと[8]

ハワイ在住。日本とハワイを行き来して制作を行なっている。

作品[編集]

ゲーム[編集]

スクウェア在籍時代[編集]

ミストウォーカー在籍時代[編集]

  • ブルードラゴン (2006年) - 制作総指揮、プロデューサー、シナリオ
  • ロストオデッセイ (2007年) - 制作総指揮、プロデューサー、シナリオ
  • ASH -ARCHAIC SEALED HEAT- (2007年) - エグゼクティブプロデューサー、シナリオ、ゲームデザイン
  • AWAY シャッフルダンジョン (2008年) - シナリオ
  • ブルードラゴン プラス (2008年) - 制作総指揮、シナリオ
  • ブルードラゴン 異界の巨獣 (2009年) - プロジェクト総監督、制作総指揮、シナリオ
  • ラストストーリー (2011年) - ディレクター、シナリオ
  • Party Wave (2012年)
  • Blade Guardian (2012年)
  • テラバトル (2014年) - プロデューサー、シナリオ
  • テラバトル2 (2017年夏予定) - プロデューサー、シナリオ
  • テラウォーズ (2017年予定)

映画[編集]

作詞[編集]

  • 私の涙(みず)と空 「ブルードラゴン」
  • BAD BUT BAT 「ブルードラゴン」
  • Eternity 「ブルードラゴン」
  • 封印解放 「ブルードラゴン」
  • Happy Birthday 「ブルードラゴン」
  • Eclipse of Time 「ロストオデッセイ」
  • 帰ってくる、きっと… 「ロストオデッセイ」
  • What You Are 「ロストオデッセイ」
  • 亡魂咆哮 「ロストオデッセイ」
  • 翔べるもの 「ラストストーリー」
  • High Sky 「テラバトル」

脚注[編集]