坪内ミキ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
つぼうち みきこ
坪内 ミキ子
生年月日 (1940-04-12) 1940年4月12日(76歳)
出生地 日本の旗 日本東京府
(現:東京都
職業 女優
タレント
ジャンル テレビ番組
テレビドラマ
活動期間 1962年 -
著名な家族 父:坪内士行(演劇評論家)
母:雲井浪子宝塚歌劇団1期生元トップ娘役)

坪内 ミキ子(つぼうち みきこ、1940年4月12日 - )は、東京府(現:東京都)出身の女優・タレント。

人物・略歴[編集]

父親は演劇評論家・坪内士行宝塚歌劇団職員・宝塚音楽学校の顧問も歴任した)、母親は宝塚歌劇団1期生の元トップ娘役で宝塚歌劇団卒業生雲井浪子(本名:坪内操、旧姓:高井)。さらに母の姉と妹に同1期生の八十島揖子と同15期生の緒島なお子もいるという、演劇にゆかりのある家庭に生まれた(士行は坪内逍遙の兄の子で、一時、逍遙の養子だったが、1919年に養子縁組を解消した)。日本女子大学附属豊明小学校を経て、日本女子大学附属中学校・高等学校在学中に宝塚音楽学校受験を試みたが、元タカラジェンヌであった母親に大反対されて受験を断念する。高校卒業後、東宝現代劇の研究生となり、1963年早稲田大学文学部英文科を卒業する。市川雷蔵主演の大映映画『陽気な殿様』でデビューする。大学卒の女優であることから「学士女優」と呼ばれ、時代劇女優として人気を集める。大映の看板女優としての活躍を経て、テレビドラマやクイズ番組、情報バラエティ番組の他、コメンテーター、執筆など幅広く活動する。また、温かい人柄で人気を集める。

座頭市』『若親分』『悪名』などのシリーズをはじめ、『影を斬る』『江戸無情』『巨人大隈重信』など30数本の映画に出演している。

1965年以降はテレビを中心に、女優・タレントとして活動している。NHK大河ドラマ太閤記』、フジテレビ意地悪ばあさん』の他、NHK『連想ゲーム』のレギュラー回答者を12年間、『3時のあなた』のキャスターを3年間務めた。その後もNHK『生活ほっとモーニング』、日本テレビ『おもいッきりテレビ』などの人気テレビ番組に出演した。また「坪内ミキ子の冠婚葬祭・お付き合いマナー教室」を『女性セブン』誌に、「私の子育て」を『読売新聞』に執筆した。

1987年に総務庁・青少年問題審議会委員、1988年にエネルギーと原子力を考えるフォーラム委員を務め、1996年に更生保護法人・更生保護事業振興財団の評議員に就任した。

また、実母・雲井浪子を介護した経験を基にして、介護問題にも取り組んでいる。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

第28話「暗黒の掟」(1965年)
第67話「高倉キャップを消せ!」(1966年)
第137話「女は一度勝負する」(1967年)

バラエティ・情報番組[編集]

ほか多数

参考文献[編集]

  • 『母の介護 102歳で看取るまで』、坪内ミキ子、新潮社、2007年7月

関連項目[編集]