堀川早苗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ほりかわ さなえ
堀川 早苗
生年月日 (1972-12-27) 1972年12月27日(44歳)
出生地 日本の旗 日本 千葉県松戸市
身長 158cm
血液型 A型
職業 映画プロデューサー、元女優、元タレント、元歌手
活動期間 1990年 -
事務所 カエルカフェ
主な作品
テレビドラマ
不思議少女ナイルなトトメス

堀川 早苗(ほりかわ さなえ、1972年12月27日 - )は、日本映画プロデューサー。元女優、元タレント、元歌手千葉県松戸市出身[1]。血液型はA型。趣味・特技はバレーボール(中学の時から部活はバレーボール部[1])、アロマテラピー

経歴[編集]

千葉県立松戸秋山高等学校2年生の時の1990年1月、モモコグランプリのオーディションを受けて最終審査まで残る[1]。同年、乙女塾のオーディションで合格し乙女塾5期生の桃組に所属[1](番号:2996番)。一方で乙女塾の活動の傍ら就職活動もしており、京葉銀行から内定ももらっていたが、1990年8月頃に所属事務所が決まったことで内定を辞退[1]。バラエティー番組の活躍を経て1991年スタートの「不思議少女ナイルなトトメス」で女優&歌手デビュー。これに合わせてメビウスに所属。その後も他番組での活躍や声優業も務めたが、1999年に芸能界を引退。現在はサンプリングCDや効果音を専門に扱うレコード会社「カエルカフェ」に営業職及びプロデューサーとして勤務しており、全国を飛び回っている。

プロデュース作品[編集]

  • 「真昼の花」(2005年)
  • 「MAMAN ママーン」(2006年)
  • 河童」(2006年)

出演[編集]

バラエティー[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • ピーター・パン」(1994年8月 - 1996年3月)
  • ヤマトタケル」(1994年10月28日 - 同年12月3日)
  • 「ブルーエンジェル〜嘆きの天使」(1998年2月5日 - 1998年3月29日)

吹き替え[編集]

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

全てポニーキャニオンから発売。 なお、『月夜のゴンドラ』と『アフロディーテ<聖女>の夏』は、本人主演の不思議少女ナイルなトトメスのエンディングテーマ、『だいじょうぶ』はひみつの花園のイメージソング、『ろくでなしにラブ・コール』ははろくでなしBLUES 1993の挿入歌として使われている。

  1. 月夜のゴンドラ (作詞:松井五郎 作曲:岡本朗 編曲:佐藤準)
  2. わたしは魔法でできている (作詞:松井五郎 作曲:尾関昌也 編曲:佐藤準)
  • 2nd シングル:『アフロディーテ<聖女>の夏』 (1991年7月10日)
  1. アフロディーテ<聖女>の夏 (作詞:松井五郎 作曲:羽田一郎 編曲:佐藤準)
  2. 9月には帰れない (作詞:松井五郎 作曲:山口美央子 編曲:佐藤準)
  1. だいじょうぶ (作詞:田口俊 作曲:山口美央子 編曲:亀田誠治)
  2. 青春のフィーリング (作詞・作曲:天野滋 編曲:亀田誠治)
  1. いたずら (作詞:岩里祐穂 作曲:いしいめぐみ 編曲:船山基紀)
  2. あの頃に… (作詞:堀川早苗 作曲:いしいめぐみ 編曲:山川恵津子)
  • 5th シングル:『ろくでなしにラブ・コール』(1993年7月7日
  1. ろくでなしにラブ・コール (作詞:あさくらせいら 作曲:山口美央子 編曲:十川知司)
  2. 恋の誕生日 (作詞:MOO 作曲:岡本朗 編曲:十川知司)

アルバム[編集]

  1. 坂道 (作詞:鮎川めぐみ 作曲:山口美央子 編曲:船山基紀)
  2. アフロディーテ<聖女>の夏
  3. だいじょうぶ
  4. 恋愛の理想と現実 (作詞:大森祥子 作曲:いしいめぐみ 編曲:山川恵津子)
  5. わたしは魔法でできている
  6. 青春のフィーリング
  7. あの頃に…
  8. 月夜のゴンドラ
  9. いたずら
  10. 9月には帰れない(vocal new version)
  11. そっとあなたが好きだから (作詞:鮎川めぐみ 作曲:亀井登志夫 編曲:山川恵津子)

写真集[編集]

  • 堀川早苗写真集(Gakken Mook)(1993年7月、学研マーケティング、撮影:斉藤清貴)ISBN 4056002703
  • Dear You(1992年7月、ワニブックス、撮影:井ノ元浩二)ISBN 4847022823
  • Solitudo(1997年7月、ぶんか社、撮影:小野麻早)ISBN 4821121514

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e BOMBGakken)1993年8月号 p.20 - 31「早苗の軌跡」