増井金典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

増井 金典(ますい かねのり 1928年11月10日 - )は、日本国語学者滋賀県甲賀市出身、大津市在住。立命館大学大学院修士課程修了。幼少期より言葉に関心を持ち、ある時、自分の名前の由来(「金」は父親の名前から、「典」は出生日が昭和天皇即位の御大典だったことから)を知って一層関心を高めた。滋賀県内の中学校高等学校国語教師を経て、1987年より滋賀女子短期大学(現滋賀短期大学)で語源滋賀県内の方言研究に努める。現在滋賀短期大学名誉教授。2000年には方言研究で滋賀県文化功労賞を受賞した。

著作[編集]

  • 『滋賀県 地名 姓氏 語源辞典』滋賀女子短期大学、1994年。
  • 『滋賀県方言 語彙・用例辞典』サンライズ出版、2000年。
  • 『語源を楽しむ』ベストセラーズ、2004年。
  • 『笑われる日本語』ベストセラーズ、2005年。
  • 『誰も知らない語源の話』ベストセラーズ、2009年。
  • 『日本語源広辞典』ミネルヴァ書房、2010年。

出典[編集]