夏夕介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
なつ ゆうすけ
夏 夕介
本名 田浦 久幸(たうら ひさゆき)
別名義 田浦 幸(旧芸名)
生年月日 (1950-10-30) 1950年10月30日
没年月日 (2010-01-27) 2010年1月27日(満59歳没)
出生地 日本の旗, 熊本県荒尾市
死没地 日本の旗, 東京都
身長 175cm
血液型 O型
職業 俳優歌手ミュージシャン
活動期間 1969年 - 2009年
活動内容 1969年オックス
1970年:俳優デビュー
2000年:劇団シアタージャパン旗揚げ
配偶者 伊藤めぐみ
公式サイト 夏夕介オフィシャルホームページ[リンク切れ]
主な作品
映画
『愛のなぎさ』『野性の証明
極道の妻たちII』『花の降る午後
テレビドラマ
突撃! ヒューマン!!
純愛山河 愛と誠
宇宙鉄人キョーダイン
人はそれをスキャンダルという
河原町東入ル』『特捜最前線
舞台
『Blue Plate Special カルテの裏側』

夏 夕介(なつ ゆうすけ、1950年10月30日[1] - 2010年1月27日[2])は、日本俳優。本名、田浦 久幸(たうら ひさゆき)[1]

熊本県荒尾市に生まれ[1]大阪で育つ[要出典]身長175cm、体重76kg[3]血液型はO型[4]。千葉市立松ヶ丘小学校、高石市立高石中学校を経て、大阪府立泉大津高等学校卒業[1]。妻は元女優の伊藤めぐみ。長女は元宝塚歌劇団宙組の娘役・愛花ちさき

来歴・人物[編集]

大阪のバンド「グランプリーズ」でオルガンを担当していた[5]1969年春に高校卒業後は、グランプリーズのヴォーカルとして活動していた和田アキ子のプロデビューをきっかけに上京[1]。和田の所属事務所であるホリプロよりルックスの良さを買われ、同年5月に脱退した赤松愛の後を引き継ぐ形で、当時人気絶頂だったグループ・サウンズオックス」に「田浦 幸(たうら ゆき)」の芸名で参加。

1970年「オックス」在籍中に、ソロ歌手として「涙が燃えて」でデビューするも成功せず、「夏夕介」の芸名で俳優業に進出する。1970年、『野良猫ロック・ワイルド・ジャンボ』で俳優として映画デビュー。趣味は、アクアラング[6]。特技は、射撃空手[7][5]

1971年、5月末をもってオックスが解散。『美人はいかが?』などに出演する傍ら、劇団NLTの研修生となる[5][8]

1972年、10月から12月にわたり放送されたステージショー形式の異色のヒーロー番組『突撃! ヒューマン!!』(日本テレビ系)で主役・岩城淳一郎役に抜擢。

1974年、『ラブラブライバル』(TBS系)では、脇に回り、コミカルな演技をこなす一方、梶原一騎原作の人気コミックのドラマ化作品『純愛山河・愛と誠』(東京12チャンネル - 現・テレビ東京)では主役・太賀誠役として、本作がデビュー作となった池上季実子の相手役を務め、一躍人気俳優となる。

1976年、『愛のなぎさ』(監督:根本順善、東宝)で映画初主演を果たす。同年『宇宙鉄人キョーダイン』(毎日放送 - TBS系)では再びヒーロー役を演じた。

その後も『赤い絆』(TBS系)、『人はそれをスキャンダルという』(同)、『特捜最前線』(テレビ朝日系)などの人気ドラマに出演する。

  • 『突撃! ヒューマン!!』の裏番組だった『仮面ライダー』で仮面ライダー1号(本郷猛)役を演じた藤岡弘とは『特捜最前線』で、2号(一文字隼人)役を演じた佐々木剛とは『黒帯風雲録 柔』、『宇宙鉄人キョーダイン』で共演している。『特捜最前線』で、夏が藤岡と出会った時、藤岡に「裏番組でしたが負けました」と語った。

その後、ラムゼイ・ハント症候群を発病。顔面神経麻痺などの症状から、しばらく表舞台から姿を消していたものの、克服し「劇団シアタージャパン」の俳優代表として活躍した。

2010年1月27日、胃がんのため東京都内の病院で死去[2]。59歳没。

夏の訃報は芸能関係者に衝撃を与えた。オックスのヴォーカルだった真木ひでとは自らのブログで「田浦(夏の本名)のことは書けない……」とショックを隠さず、『特捜最前線』で長く共演した横光克彦は「彼(夏)は『もう一回、同じメンバーで(特捜最前線を)やりたいね』って言ってたのに…… ショックです」とスポーツニッポンの取材に応えて故人を偲んだ[9]

真木同様、熱心な創価学会信者(2004年入信)であり、2007年5月20日聖教新聞日曜版「友だちトーク2007」には二人の対談が掲載された。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • 第3回百恵ちゃんまつり / 第一部・ミュージカル 『蜘蛛の里』(1977年、ホリプロ=コマスタジアム) - 光
  • 第4回百恵ちゃんまつり / 第一部・ミュージカル 『愛の鐘は鳴らない』(1978年、ホリプロ=コマスタジアム) - 健
  • カラミティー・ジェーン(1991年、博品館劇場) - ワイルド・ビル・ヒコック
  • I Do! I Do!(1996年、三生社) - マイケル
  • 友情 〜秋桜のバラード〜(2004年、TBS=劇団絵生)
  • シアタージャパン公演
    • Blue Plate Special カルテの裏側(2000年・2001年・2004年)
    • オーカッサンとニコレット(2000年)
    • HAND in HAND 〜心と心の回想録〜(2001年)
    • ミヌース(2002年)
    • HAND in HAND 〜心と心の回想録〜(2002年・2003年)
    • ホルストメール〜ある馬の物語(2006年)
    • 涙のオークション(2007年)
    • アメリカンドリーム(2007年)
    • Heart 〜思い出してあの時を〜(2008年)
    • 夏夕介クリスマスショー2008(2008年)

音楽[編集]

シングル[編集]

  • 涙が燃えて / あこがれの人(1970年、ビクター音楽産業
  • 愛と栄光の日々 / いつまでもいつまでも(1971年、日本コロムビア
  • 君がそばにいるから / 絵里加(1973年、日本コロムビア)

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c d e 『日本映画人名事典 男優編<下巻>』 キネマ旬報社1996年、339頁。ISBN 978-4873761893。
  2. ^ a b 「特捜最前線」夏夕介さん胃がんで死去[リンク切れ] 朝日新聞 2012年4月23日閲覧
  3. ^ 日本タレント名鑑2003』 VIPタイムズ社、2003年、277頁。ISBN 978-4-9901242-1-2。
  4. ^ 『芸能手帳 タレント名簿録 VOL.30』 連合通信社1995年、158頁。
  5. ^ a b c 『読売新聞』1971年10月7日付朝刊、23面。
  6. ^ 『TVスター名鑑2003』 東京ニュース通信社2002年、261頁。ISBN 978-4924566187。
  7. ^ 『日本タレント名鑑'94』 VIPタイムズ社、1994年、261頁。
  8. ^ 『福島民報』1971年11月13日付夕刊。
  9. ^ スポーツニッポン 2010年1月28日付紙面