夏樹陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
なつき ようこ
夏樹 陽子
生年月日 (1952-10-24) 1952年10月24日(64歳)
出生地 三重県伊勢市
国籍 日本の旗 日本
身長 168cm
血液型 A型
職業 女優
ファッションモデル
ジュエリーデザイナー
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1977年 -
公式サイト 夏樹陽子
主な作品
テレビドラマ
吉宗評判記 暴れん坊将軍
ザ・ハングマン
あばれ八州御用旅
映画
空手バカ一代
受賞
エランドール賞 新人賞(1978年)

夏樹 陽子(なつき ようこ、 1952年10月24日 - )は、日本女優ファッションモデル・宝石ブランド「ルシオラ」のジュエリーデザイナー三重県伊勢市出身。身長168cm、血液型はA型[1]愛知県立犬山高等学校杉野女子短期大学卒業。有限会社アップル・ツリー所属。

来歴・人物[編集]

数年間のファッションモデルを経て1977年に映画『空手バカ一代』で千葉真一扮する主人公に恋するヒロイン役で、女優デビューする[2]。モデルで「きれいな服をいつも着ていられる日常」から、「普通の人のように歩いて」と指導されるなどその違いに最初戸惑っていたが、ゴミの山に自分が捨てられるシーンを演じきったことで「女優としてやっていける」と自信がついた[3]。この後、映画やテレビドラマに出演していくが、モデルの歩き方のくせを抜くのに2年ぐらいかかっている[3]

特技はピアノエレクトーン花柳流日舞観世流能楽大倉流小鼓クレー射撃、ドライブ(国際C級ライセンス所持)など。所有車歴はポルシェフェラーリが有る。

俳優の三國連太郎とは30年近いつきあいで、三國に勧められて病院で大腸の検査を受けたところポリープが発見され、ポリープを切除してもらった。検査の結果そのポリープがだったと判明し、癌の早期発見で一命をとりとめた。そのため三國のことを「命の恩人」だと思っているという。

最近では絵本の読み聞かせで、小学校やケアホームを訪問している。

出演[編集]

映画[編集]

  • 空手バカ一代 (1977年、東映) - 麗子 役 (デビュー作)
  • トラック野郎・度胸一番星(1977年、東映) - 江波マヤ 役
  • 新・女囚さそり 特殊房X(1977年、東映) - 松島ナミ 役
  • カラテ大戦争(1978年、松竹
  • 多羅尾伴内(1978年、東映)
  • 赤穂城断絶 (1978年、東映) - お仙 役
  • 紳士同盟(1986、東映) - 綾小路雪絵 役
  • XX美しき標的(1995年、東映ビデオ) - 水木恭子 役
    • AnotherXX 赤い殺人者(1996年、東映ビデオ) - 水木恭子 役
    • AnotherXX 黒い追跡者(1997年、東映ビデオ) - 水木恭子 役
  • 借王シリーズ(1997年 - 2002年、日活) - 森下怜子 役
  • 瑠璃子女王の華麗なる日々(1998年、東映ビデオ)
  • 平成金融道 裁き人(1999年、ムービーブラザーズ) - 立花亜希子 役
  • Nile ナイル(1999年、東映) - 国際通信社社員 役
  • IZO(2004年、チームオクヤマ) - 女教師 役
  • 五日市物語(2011年、あきる野市
  • インターミッション(2013年、オブスキュラ東北新社) - ヨウコ 役
  • あいときぼうのまち(2013年)
  • 函館珈琲(2016年) - 萩原時子 役 [4]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 新・となりの芝生
  • 伽羅の香
  • リア王
  • 更紗夫人
  • ゆずり葉の井戸
  • 回転木馬
  • 傷だらけの人生
  • 最後の恋
  • 殿さま弥次喜多
  • 椿姫
  • 青い月のバラード(2010年)
  • マウストラップ(2013年)

バラエティ[編集]

インターネット動画[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • 風のめりけん桟橋/びいどろ草子
  • 遠い朝の詩/女のお伽噺
  • ごめんネYuji/けだるい女(2000年)
  • 咲きましょう、咲かせましょう/アメージンググレイス(2013年)

アルバム[編集]

  • よこはま情炎ものがたり(1980年)

受賞[編集]

著書[編集]

  • 「人生は楽しまなくっちゃ」
  • 「夏樹陽子のきれいになるヒミツ」

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール”. 夏樹陽子. 2011年8月20日閲覧。
  2. ^ 夏樹陽子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月4日閲覧。
  3. ^ a b 藤木TDC「夏樹陽子、初降臨!!」、『映画秘宝』第19巻第4号、洋泉社2013年3月21日、 47頁。
  4. ^ “函館港イルミナシオン映画祭のシナリオ大賞受賞作「函館珈琲」予告編が完成”. 映画.com. (2016年8月12日). http://eiga.com/news/20160812/6/ 2016年8月12日閲覧。