大原ますみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おおはら ますみ
大原 ますみ
本名 蝦原 理代子えびはら りよこ
別名義 八方 まつみ
生年月日 (1942-11-17) 1942年11月17日(74歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 舞台ミュージカル
活動期間 1964年 - 現在[いつ?]
主な作品
舞台
ハムレット
回転木馬
ノバ・ボサ・ノバ
虞美人
この子たちの夏

大原 ますみ(おおはら ますみ、本名:蝦原 理代子えびはら りよこ1942年11月17日 - )は、東京都出身の女優である。元宝塚歌劇団雪組星組主演娘役スターである。

公称身長161cm。宝塚歌劇団時代の愛称はエビちゃん。宝塚歌劇団に入団したときの芸名は八方 まつみであった。

来歴・人物[編集]

1964年、宝塚歌劇団に入団する。入団時の成績は58人中2位(娘役だと首席)[1]。雪組公演『花のふるさと物語[1]』で初舞台を踏む。 50期生。同期に女優の鳳蘭(元星組主演男役)、同じく女優の汀夏子(元雪組主演男役)、朝みち子1986年 - 1990年月組組長)、元政治家タレント但馬久美1983年 - 1986年に花組組長)、竹生沙由里(元花組主演娘役)らがいる。

1965年3月20日[1]に雪組配属。

1966年9月29日、芸名を「八方まつみ」から「大原ますみ」に変更[2]

1967年、『紫式部』で初ヒロイン。NHKの『新日本紀行』で新人娘役として放映される。

1968年、雪組主演娘役を務める。

1970年、星組に組替えし、同組主演娘役を務める。1974年まで鳳蘭、安奈淳とともにゴールデントリオ[3]と言われた。同年、『ジプシー伯爵』に出演。

1971年、『星の牧場』、『いのちある限り』、『ノバ・ボサ・ノバ』、『我が愛は山の彼方に』(万姫 役)に出演。

1972年、『さすらいの青春』(ソルベーグ 役)、『花の若武者』に出演。

1973年、『ラ・ラ・ファンタシーク』に出演し、同年、花組特別出演で『この恋は雲の涯まで』に甲にしきの相手役として出演。

1974年東京宝塚劇場公演『虞美人』(虞美人 役)を最後に6月30日[1]で宝塚を退団。

1985年、勉強のためニューヨーク滞在。その後、一人芝居三部作『ビラは降る』で文化庁芸術祭賞受賞。

2005年、『ヤンレツル三部作』で日本およびチェコ(プラハ他5カ所)で公演し成功をおさめる。

出演作品[編集]

宝塚歌劇団時代の舞台[編集]

  • 『花のふるさと物語』(雪組)(1964年3月27日 - 5月5日、宝塚大劇場)※初舞台
  • 『紫式部』(雪組)(1966年10月1日 - 10月27日、宝塚大劇場)※初ヒロイン
  • 『トリスタンとイゾルデ』(雪組)(1968年6月29日 - 7月29日、宝塚大劇場)
  • 『一寸法師』『タカラヅカ'68』(雪組)(1968年12月3日 - 12月26日、宝塚大劇場)
  • ハムレット』(雪組)(1969年2月1日 - 2月27日、宝塚大劇場) - オフィーリア
  • 回転木馬』(雪組)(1969年5月31日 - 7月3日、宝塚大劇場) - ジュリー ジョーダン 役
  • 『能登の恋歌』『ラブ・パレード』(雪組)(1969年10月2日 - 10月29日、宝塚大劇場)※怪我で休演し、摩耶明美が代役で出演。その後、最後の一週間だけ出演した。
  • 『タカラヅカEXPO'70』第1部「四季の踊り絵巻」・第2部「ハロー!タカラヅカ」(雪組)(1970年3月14日 - 4月14日、宝塚大劇場)
  • 『僕は君』『ザ・ビッグ・ワン』(星組)(1970年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『ジプシー伯爵』『恋人たち』(星組)(1970年12月2日 - 12月20日、宝塚大劇場)
  • 『星の牧場』『オー!ビューティフル』(星組)(1971年1月30日 - 2月25日、宝塚大劇場)
  • 『いのちある限り』『ノバ・ボサ・ノバ』(星組)(1971年5月29日 - 6月29日、宝塚大劇場)
  • 『我が愛は山の彼方に』『マイ・ブロードウェイ』(星組)(1971年8月27日 - 9月28日、宝塚大劇場) - 万姫 役(『我が愛は山の彼方に』)
  • 『いつの日か逢わん』(星組)(1972年1月1日 - 1月27日、宝塚大劇場)※途中休演のため、沢かをりが代役を務めた。
  • 『さすらいの青春』(星組)(1972年7月1日 - 7月27日、宝塚大劇場) - ソルベーグ 役
  • 『花の若武者 -弁慶と牛若-』(星組)(1972年11月2日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『ミルテの花 -クララ シューマンの恋-』、『シャイニング・ナウ!』(全組合同)(1972年12月2日 - 12月12日、宝塚大劇場)
  • 『花かげろう』、『ラ・ラ・ファンタシーク -あなたに宝石を-』(星組)(1973年3月24日 - 4月25日、宝塚大劇場)
  • この恋は雲の涯まで』(花組)(1973年7月28日 - 8月28日、宝塚大劇場) - 静御前
  • 『この恋は雲の涯まで』(星組)(1974年8月29日 - 9月27日、宝塚大劇場) - 静御前 役
  • 『ゴールデン・サウンド』(星組)(1974年12月5日 - 12月23日、宝塚大劇場)
  • 虞美人』(星、花組)(1974年3月23日 - 4月25日、宝塚大劇場) - 虞美人 役 ※退団公演

宝塚歌劇団退団後の舞台[編集]

  • 『この子たちの夏』
  • 『屋根の上のヴァイオリン弾き』(1976年 - 1978年) - チャヴァ 役
  • シンデレラ
  • 風と共に去りぬ
  • 『アルゴはじめての冒険』(小椋佳・作)
  • カルメン』(地人会)
  • 『Japan Night』(ラスベガス
  • 『ジョセフィン』(地人会)
  • 『シェルブールの雨傘』
  • 『慕情』
  • 『「おふくろ」「花子」- 母二題 -』(1995年)

主なテレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.68-69(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010
  2. ^ 橋本雅夫『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』p.44(宝塚歌劇団、1974年
  3. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』p.139(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]