大和田南那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おおわだ なな
大和田 南那
大和田 南那
AKB48時代の大和田南那
生年月日 (1999-09-15) 1999年9月15日(17歳)
出生地 日本の旗 日本 千葉県
身長 157 cm[1]
血液型 A型[2]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 2013年 -
主な作品
セーラーゾンビ

大和田 南那(おおわだ なな、1999年9月15日 - )は、日本女優[3]、元アイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームAの元メンバーである。千葉県出身。

略歴[編集]

2013年

2014年

2015年

  • 3月25日、さいたまスーパーアリーナで開催された『AKB48ヤングメンバー全国ツアー〜未来は今から作られる〜』の初日公演において、新しく結成された7人組ユニット「でんでんむChu!」への参加が発表される[14]
  • 3月26日、さいたまスーパーアリーナで開催された『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』において、チームAへ異動することが発表された[15]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では75位で、アップカミングガールズに選出された[16]

2016年

  • 11月29日、AKB48劇場公演においてグループからの卒業を発表[17]

2017年

  • 3月18日、AKB48劇場で行われた卒業公演をもってAKB48を卒業[18]

人物[編集]

  • 「うるさい」と言われるぐらいお喋りで、元気な性格[19]
  • 好きな色は[20]
  • 好きな食べ物はイチゴメロン[20]
  • AKB48で好きな楽曲はヘビーローテーション。AKB48を初めて知った曲で、MVピンクが多くて可愛らしいから[20]
  • 特技はフラフープを首で回すこと[2][20]
  • お香アロマオイルなど、良い香りがするものを集めるのが好き[19]
  • AKB48加入当初の将来の夢は歌手だったが[21]、歌唱力に自信がなくなり断念。現在の将来の夢は未定[22]
  • 「スーパールーキー」と称される[22]峯岸みなみからは、「シリアスな表情に存在感がある。大物が来た」と高く評価されている[2]
  • セーラーゾンビ』の企画・総合演出の犬童一心は同ドラマで大和田が主役である理由として、「ドラマの場合は1人のシーンだけではないので、集団のシーンになった時に別に説明がなくてもその人に惹き付けられるというのが主役の条件だが、大和田はその能力が高い」と述べている[23]。また、大和田はちょっとした暗さというか、明るくて楽しい中にアンニュイな感じがあるのが魅力。単純じゃない感じがする、とも述べている[24]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

その他の参加楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

研究生公演「パジャマドライブ」公演

  • てもでもの涙

チーム4 2nd Stage「手をつなぎながら」公演

  • ウィンブルドンへ連れて行って(篠崎彩奈のアンダー)
  • チョコの行方(橋本燿のアンダー)

チームB 6th Stage「パジャマドライブ」公演

  • 天使のしっぽ
  • てもでもの涙(渡辺麻友のアンダー)

岩本輝雄「青春はまだ終わらない」公演

  • 青空カフェ

チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演

  • 制服ビキニ

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

ネット配信[編集]

雑誌連載[編集]

雑誌単発[編集]

フリーペーパー

  • 新京成電鉄「Ciao」 Vol.122 沿線紳士淑女録(2015年9月20日発行、新京成電鉄株式会社)[29]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信[25]

出典[編集]

  1. ^ 大和田南那 Instagram official data "99'9'15/17yo/Atype/157cm" 2017-06-30
  2. ^ a b c かわいすぎる14歳大和田南那が連ドラ主演”. nikkansports.com (2014年2月14日). 2017年2月28日閲覧。
  3. ^ 大和田南那、卒業公演で握手会は苦手だったと告白 - 日刊スポーツ、2017年3月18日
  4. ^ 戸賀崎智信”. Google+ (2013年4月30日). 2014年2月16日閲覧。
  5. ^ 「公演スケジュールのお知らせ」”. AKB48オフィシャルブログ (2013年6月3日). 2014年2月16日閲覧。
  6. ^ a b c AKB研究生・大和田南那がドラマ主演!犬童一心が手掛ける「セーラーゾンビ」”. シネマトゥデイ (2014年2月14日). 2017年2月28日閲覧。
  7. ^ 乃木坂・生駒がチームB兼任/大組閣祭り”. 日刊スポーツ新聞社 (2014年2月24日). 2014年2月24日閲覧。
  8. ^ AKB48 15期生、SKE48 6期生、HKT48 3期生、Google+開始のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2014年4月14日). 2014年4月30日閲覧。
  9. ^ 『FREECELL 特別号28』(株式会社プレビジョン、2014年)4-5頁
  10. ^ “AKB48研究生・大和田南那、連ドラ主演に大抜てき「初体験の連続」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年2月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2034031/full/ 2016年2月27日閲覧。 
  11. ^ 生駒里奈、AKB劇場初舞台「ここにいることが信じられない」” (2014年4月29日). 2014年4月30日閲覧。
  12. ^ “[AKB48]まゆゆ単独センターの新曲「ラブラドール・レトリバー」初披露!”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年3月29日). http://news.mynavi.jp/news/2014/03/29/125/ 2014年4月30日閲覧。 
  13. ^ a b 『AKB49〜恋愛禁止条例〜』 Nelke Planning
  14. ^ “AKB新ユニット「でんでんむChu!」結成 大和田&向井地ら7人組”. ORICON STYLE. (2015年3月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2050600/full/ 2015年5月13日閲覧。 
  15. ^ “AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. ORICON STYLE. (2015年3月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2050670/full/ 2015年9月13日閲覧。 
  16. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  17. ^ “AKB48次世代エース候補 大和田南那が卒業を発表”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2082243/full/ 2016年11月30日閲覧。 
  18. ^ 大和田南那、相笠萌、梅田綾乃、西野未姫の卒業について”. AKB48オフィシャルブログ. CyberAgent (2017年2月1日). 2017年2月23日閲覧。
  19. ^ a b アロマで女子力アップ…大和田南那さん”. 読売KODOMO新聞 (2014年5月14日). 2017年2月28日閲覧。
  20. ^ a b c d 湯浅洋”. Google+ (2013年7月1日). 2014年2月18日閲覧。
  21. ^ AKB48グループ研究生 自己紹介映像 【AKB48 大和田南那】”. AKB48 (2013年7月3日). 2014年2月18日閲覧。
  22. ^ a b 大和田南那はスーパールーキー”. デイリースポーツ (2013年5月7日). 2014年5月14日閲覧。
  23. ^ 『FREECELL 特別号28』(株式会社プレビジョン、2014年)5頁
  24. ^ 『FREECELL 特別号28』8頁
  25. ^ “島崎遥香が単独主演『マジすか学園5』過激すぎて地上波は無理!?全話はHulu独占配信”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年7月17日). http://dogatch.jp/news/ntv/34112 2016年12月15日閲覧。 
  26. ^ AKB48ネ申テレビ 出演メンバー紹介 大和田南那
  27. ^ AKBホラーナイトアドレナリンの夜 第38話”. テレビ朝日. 2016年2月18日閲覧。
  28. ^ 向井地美音・なこみく・星野みなみら次世代アイドルたちを迎え人気ティーン誌が復活 TOKYO POP LINE(2015年12月21日)、ラブベリー公式サイト、2015年12月25日閲覧。
  29. ^ CiaO Vol.122