大坂城代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大坂城代(おおさかじょうだい)は、江戸幕府の役職の一つ。将軍直属で有力な譜代大名が任じられ、大坂城主である将軍に代わり大坂城を預かった。

概要[編集]

大坂城代屋敷跡
(現・大坂城西の丸庭園)

大坂の陣後の戦災復興や市街の拡張整備などを担った松平忠明大和郡山移封をもって大坂藩は廃止され、1619年元和5年)に大坂は江戸幕府直轄地となり、大坂城に城代が置かれるようになった。

1620年(元和6年)からは大坂城修築工事も始まり、大坂城代は、豊臣色を払拭して徳川の威厳を天下に知らしめる大改修が施された大坂城を預かり、大阪城守衛の総監および西国大名の監視等にあたった。江戸時代後期に書かれた『甲子夜話』には、かつては西国で変事が起きた際に、大坂城代は江戸の許可を得ずに独断での行動が許されており、その為の白紙の将軍の印判状を有していたとあるが、現在もそうなのかは不明とある。

1623年(元和9年)には副城代に相当する京橋口定番・玉造口定番の定番2名が置かれ、追手口・京橋口・玉造口の各虎口の守衛を主に城代と定番2名が担当した[注釈 1]。なお、阿部正次が現職のまま没した後、大坂城代はしばらく「追手口定番」と見なされていたこともあり、城代を定番2名が補佐する体制が確立したのは青山宗俊の就任後である。城代と定番は妻子を伴っての赴任が認められており、外濠の周囲には南に大坂城代の家中、南西および北東に京橋口定番の家中・与力同心、南東に玉造口定番の家中・与力・同心の屋敷地が置かれ、概ね棲み分けられていた。

本丸や二の丸といった中心部の守衛は主に東大番・西大番の大番2組が担当し、大番に加勢する山里加番・青屋口加番・中小屋加番・雁木坂加番の加番4名も置かれた。大番と加番は1年交代制で、大坂町奉行などと同様に老中支配であった。

江戸時代中期以降、大坂城代・京都所司代を経て老中に就任する例も多い。

関東地方など遠方に領地を持つ大名が大坂城代に就任すると、所領のうち1万~2万石程度を大坂近郊の摂津国河内国和泉国などに割り当て直された。退任時には元の所領に戻された(京都所司代への転任などで、引き続き大坂近郊の領地を領有する場合もある)。そのため、播磨国南部などでも頻繁に領主の入れ替わりがあった。

歴代大坂城代[編集]

  1. 内藤信正 (1619年 - 1626年)
  2. 阿部正次 (1626年 - 1647年)
  3. 永井直清 (1648年)
  4. 稲垣重綱 (1648年 - 1649年)
  5. 内藤信照 (1649年 - 1652年)
  6. 水野忠職 (1652年 - 1654年)
  7. 内藤忠興 (1654年 - 1656年)
  8. 松平光重 (1656年 - 1658年)
  9. 水野忠職 (1658年 - 1659年)
  10. 内藤忠興 (1659年 - 1660年)
  11. 松平光重 (1660年 - 1661年)
  12. 水野忠職 (1661年 - 1662年)
  13. 青山宗俊 (1662年 - 1678年)
  14. 太田資次 (1678年 - 1684年)
  15. 水野忠春 (1684年)
  16. 土屋政直 (1684年 - 1685年)
  17. 内藤重頼 (1685年 - 1687年)
  18. 松平信興 (1687年 - 1690年)
  19. 土岐頼殷 (1691年 - 1712年)
  20. 内藤弌信 (1712年 - 1718年)
  21. 安藤信友 (1718年 - 1722年)
  22. 松平乗邑 (1722年 - 1723年)
  23. 酒井忠音 (1723年 - 1728年)
  24. 堀田正虎 (1728年 - 1729年)
  25. 松平信祝 (1729年 - 1730年)
  26. 土岐頼稔 (1730年 - 1734年)
  27. 稲葉正親 (1734年)
  28. 太田資晴 (1734年 - 1740年)
  29. 酒井忠恭 (1740年 - 1744年)
  30. 堀田正亮 (1744年 - 1745年)
  31. 阿部正福 (1745年 - 1747年)
  32. 酒井忠用 (1747年 - 1752年)
  33. 松平輝高 (1752年 - 1756年)
  34. 井上正経 (1756年 - 1758年)
  35. 青山忠朝 (1758年 - 1760年)
  36. 松平康福 (1760年 - 1762年)
  37. 阿部正允 (1762年 - 1764年)
  38. 松平乗祐 (1764年 - 1769年)
  39. 久世広明 (1769年 - 1777年)
  40. 牧野貞長 (1777年 - 1781年)
  41. 土岐定経 (1781年 - 1782年)
  42. 戸田忠寛 (1782年 - 1784年)
  43. 阿部正敏 (1784年 - 1787年)
  44. 堀田正順 (1787年 - 1792年)
  45. 牧野忠精 (1792年 - 1798年)
  46. 松平輝和 (1798年 - 1800年)
  47. 青山忠裕 (1800年 - 1802年)
  48. 稲葉正謁 (1802年 - 1804年)
  49. 阿部正由 (1804年 - 1806年)
  50. 松平乗保 (1806年 - 1810年)
  51. 大久保忠真(1810年 - 1815年)
  52. 松平輝延 (1815年 - 1822年)
  53. 松平康任 (1822年 - 1825年)
  54. 水野忠邦 (1825年 - 1826年)
  55. 松平宗発 (1826年 - 1828年)
  56. 太田資始 (1828年 - 1831年)
  57. 松平信順 (1831年 - 1834年)
  58. 土井利位 (1834年 - 1837年)
  59. 堀田正篤 (1837年)
  60. 間部詮勝 (1837年 - 1838年)
  61. 井上正春 (1838年 - 1840年)
  62. 青山忠良 (1840年 - 1844年)
  63. 松平乗全 (1844年 - 1845年)
  64. 松平忠優 (1845年 - 1848年)
  65. 内藤信親 (1848年 - 1850年)
  66. 土屋寅直 (1850年 - 1858年)
  67. 松平信篤 (1858年 - 1860年)
  68. 松平宗秀 (1860年 - 1862年)
  69. 松平信古 (1862年 - 1865年)
  70. 牧野貞明 (1864年 - 1868年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大坂城の虎口は追手口・京橋口・青屋口・玉造口と4つあるが、青屋口は平時開かずの虎口だったため、規模の小さい青屋口加番が置かれていた。過去に二度、大塩平八郎の乱鳥羽・伏見の戦いの際に開いたと言われている。

出典[編集]

参考文献[編集]