ツイートする Facebook にシェア

大日本帝国憲法第14条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

大日本帝国憲法第14条は、大日本帝国憲法第1章にある。

戒厳は、法律により規定された要件・効果のもとに、天皇が宣言すべきものとされた。つまり、戒厳の宣告権を帝国議会の法律により制限する立憲主義的な規定である。

目次

原文

  1. 天皇ハ戒厳ヲ宣告ス
  2. 戒厳ノ要件及効力ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム

現代風の表記

  1. 天皇は、戒厳を宣告する。
  2. 戒厳の要件及び効力は、法律をもってこれを定める。

関連条文

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
田中聖 山口もえ メガマウス 村田諒太 萩谷麻衣子 矢口真里 田中樹 第16軍 (日本軍) 風見しんご KAT-TUN 菅野智之 中居正広 珠洲市 竜星涼 梅田賢三 糸井嘉男 亀山千広 天海祐希 伊藤俊人 横山だいすけ
gooウェブ検索 急上昇ランキング (総合)
「大日本帝国憲法第14条」のQ&A
1  天皇大権が発動されたことは過去に一度もない?…
2  施行令と施行規則
3  明治憲法と日本国憲法の相違点
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について