大日本帝国憲法第9条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

大日本帝国憲法第9条は、大日本帝国憲法第1章にある、天皇の命令に関する規定である。

条文[編集]

天皇ハ法律ヲ執行スル為ニ又ハ公共ノ安寧秩序ヲ保持シ及臣民ノ幸福ヲ増進スル為ニ必要ナル命令ヲ発シ又ハ発セシム但シ命令ヲ以テ法律ヲ変更スルコトヲ得ス

現代風の表記[編集]

天皇は、法律を執行するために、又は公共の安寧秩序を保持し、及び臣民の幸福を増進するために必要な命令を発し、又は発させる。ただし、命令をもって法律を変更することはできない。