大森うたえもん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大森うたえもん(おおもり うたえもん、1959年5月15日 - )は、日本お笑いタレント養成所校長。本名は大森博文(おおもり ひろふみ)。愛称はクンちゃん(旧名の大森クンタから)。パワーピット所属。現在は宮崎在住。

略歴[編集]

岡山県岡山市出身。岡山市立妹尾中学校岡山操山高法政大学卒業。法政大学に在学していた1981年、教員試験に落ちたことがきっかけでお笑い芸人になることを決意する。とりあえずテレビ局のADとなり、前説と拍手の練習を観客に促す仕事をしていた。ちょうどその頃、約束だった3ヶ月契約を満了し相方が芸能界を引退したため、次の相方を探し中のそのまんま東(現:東国原英夫)に見出され、お笑いコンビツーツーレロレロに加入。当時の芸名は大森クンタ。

その後ツーツーレロレロは『お笑いスター誕生』に出演して注目を集める。このときカージナルスとも知り合い。軍団の草野球チームに誘う中で、後にたけし軍団に加わりたけしの2番弟子となる。全員の名前が刷新されたタイミングでギターを弾きつつ歌を歌うのが大好きな為に大森の芸名は大森うたえもんとなる。

たけし軍団においては、下ネタを連発する他のメンバーとは異なり、パロディーや替え歌を中心とした芸風で、「軍団の良心」と呼ばれ、ビートたけしのスポーツ大将(この時の野球で完全試合を達成している)や『夢がMORI MORI』のスーパーキックベースではチームの主砲として活躍した。しかし、役者を志し独立を希望し、その際たけしと脱退を巡り喧嘩別れになり、たけし軍団を離れ同時にオフィス北野を退社した[1]。現在は執筆活動や番組の構成などを行っているが、師匠のビートたけしたけし軍団、及び、その他オフィス北野所属のタレントとの共演は軍団脱退時のトラブルの影響から不可能になっている。ただ、デビュー時代に所属していた太田プロダクション所属のタレントとの共演は例外的にたまにある。

テレビではメインを張ることがあまりなかったが、地方局ではメインMCを担当することも以前はあり、例えば静岡第一テレビの『JanJanサタデー』という番組で、ラサール石井の後を受け、1990年4月~1991年3月に番組司会を担当したこともあった。また、出身の岡山では『ニョキニョキテレビ・しらべーるの冒険』(岡山放送)の司会を長く務めた。放送作家としての活動もあり『恋のチューンネップ』などを担当。

作詞・曲を手がけたマキシシングル「Wedding Eve」をリリース。結婚式で新婦が両親に捧げる歌として、結婚式で歌われ、営業も増えた。コーラスには同郷出身で交友の深いミュージシャンの甲本ヒロトが参加し、カップリングではTHE HIGH-LOWSの千年メダルがカバー収録されている。

東国原英夫が宮崎県知事に就任すると、元相方だったことから、サタデースクランブルの『東国原劇場』のコーナーに不定期に出演。知事にインタビューをするなど、レポーターとしても活動している。東国原英夫の一番弟子、お笑い芸人の早川伸吾とコンビを組んでの出演が多かった。自身も宮崎に移住し、東国原の似顔絵を地元企業などに有料で提供する会社「びっきょ」を立ち上げ社長に就任した。元々、東国原の後援会がやる予定だったが、公職選挙法に引っかかるとの指摘から会社名義で提供する事となった。その後芸能活動に専念するとして2007年10月31日付で退任。

2007年10月に東京のタレント事務所「サラエンターテイメント」が、宮崎市のアゲインビル(ホテルメリージュ)内に声優や俳優などの養成所を開校する[2][3]のに伴い、養成所の校長として就任する予定。養成所には講師として宮村優子など、第一線で活躍する人物を迎えるようである。また、大森は「宮崎をアキバ化したい」と語っている。

宮崎には、すでにEXILEが立ち上げたダンススクールEXPGの宮崎校が開校しているが、声優や俳優などの養成所は宮崎初の開校となる。先日、宮崎県庁を訪れ、会社として100万円を寄付。東国原知事とのツーショットがテレビに流れた。知事は「たった100万円かよ・・・いやいやありがとう」と笑いながら発言していた。

著書[編集]

  • 例ダース―失われたギャーグ(太田出版
  • ノルウェイの大森(太田出版)

雑誌[編集]

CD[編集]

テレビ[編集]

ドラマ
ドラマ以外

ラジオ[編集]

  • 大森うたえもんのどけえきょん(山陽放送1990年4月-1991年)
  • 大森うたえもんのハッピーウエディング(2008年3月まで)宮崎放送
  • 大森うたえもん・早川伸吾のエンターテイメントのジョー式(2008年4月から)宮崎放送

脚注[編集]

関連項目[編集]