大瀬康一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おおせ こういち
大瀬 康一
本名  大瀬 一靉
生年月日 (1937-10-27) 1937年10月27日(79歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
民族 日本人
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1958年 - 1972年
主な作品
テレビドラマ
月光仮面
隠密剣士

大瀬 康一(おおせ こういち、1937年10月27日 - )は、日本の元俳優、実業家。本名は、大瀬 一靉(おおせ かずなり)[1]。芸名は、1958年2月 - 1959年7月に放送されたテレビドラマ『月光仮面』の原作者の川内康範から、「康」の字をもらったものである[2][1]

『月光仮面』の月光仮面[3] / 祝十郎として知られた[1]

人物・略歴[編集]

神奈川県出身。

俳優の龍崎一郎の紹介[4]東映東京撮影所の大部屋俳優をしていたところ、『月光仮面』の主役に抜擢される[5][6]。以降、宣弘社制作のヒーロー番組に続けて出演し、人気を博した。

豹の眼』(1959年)の終了後、大映と契約して映画10数本に出演した[1][6]。『隠密剣士』(1962年)は大映時代に宣弘社からの依頼を断りきれず出演したというが、こちらも大ヒットとなり代表作の1つに数えられている[6][1]

1969年、企画会社「OT企画」を興し、経営者となる。成田三樹夫長谷川待子らを擁し、芸能マネージメントやテレビ番組制作を手掛ける[7]

私生活では、1964年に女優の高千穂ひづると結婚し、映画を中心に活動していたが、舅の二出川延明の懇願によりまもなく芸能活動から遠のき、やがて完全引退する。起業・自営していた二出川の事業を高千穂と手伝って盛り上げ、二出川の逝去後は2人で社業(東京都杉並区荻窪での貸しビルなど)を守り、今に至る。

2013年、『月光仮面を創った男たち』(平凡社新書)の著者である樋口尚文が監督した映画『インターミッション』に、映画館の観客役で40年ぶりの映画出演を果たした[8]

『月光仮面』のエピソード[編集]

  • ギャランティーは10分番組時代には1本7000円であったが、30分番組になってからは当時のサラリーマンの初任給である1万円強より少し良い程度に上がった[6]。大映時代はテレビより格段に待遇が良く、満足していたという[6]
  • コスチュームのうち、タイツ下に履くサポーターが面倒になり履かずに撮影したところ、下半身の形が明確に出てしまい、視聴者から指摘されたという[6]

主な作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

  • 弾痕街の友情(1960年)
  • 男の銘柄(1961年)
  • 若い仲間(1961年)
  • 強くなる男(1961年)
  • 投資令嬢(1961年)
  • 背広姿の渡り鳥(1961年)
  • 中山七里(1962年、大映
  • B.G物語 易入門(1962年)
  • 仲よし音頭 日本一だよ(1962年)
  • あした逢う人(1962年)
  • 雪の降る街に(1962年)
  • 長脇差忠臣蔵(1962年)
  • 誘拐(1962年)
  • 秦・始皇帝(1962年)
  • 隠密剣士(1964年、東映
  • 続・隠密剣士(1964年、東映)
  • 忍法破り 必殺(1964年)
  • 冒険大活劇 黄金の盗賊(1966年)
  • のれん一代 女侠(1966年)
  • 新兵隊やくざ 火線(1972年)
  • インターミッション(2013年)

バラエティ[編集]

番組制作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 石橋春海 「元祖TVヒーロー 大瀬康一」『伝説の昭和特撮ヒーロー 宣弘社全仕事』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2014年7月9日、13頁。ISBN 978-4-7747-5934-0。
  2. ^ 『月光仮面を創った男たち』 樋口尚文、平凡社〈平凡社新書〉、2008年、78頁。
  3. ^ a b 作中では明言されない。
  4. ^ 『月光仮面を創った男たち』 73頁。
  5. ^ 『月光仮面を創った男たち』 76-78頁。
  6. ^ a b c d e f 石橋春海 「特別インタビュー 大瀬康一」『'60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、20-23頁。ISBN 978-4-7747-5853-4。
  7. ^ 『月光仮面を創った男たち』197-199頁。
  8. ^ 「インターミッション」公式サイト