大石慎三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大石 慎三郎(おおいし しんざぶろう、1923年9月6日 - 2004年5月10日)は日本歴史学者。専門は近世日本史

近世農村史の研究から歴史研究に入り、その後享保の改革を生涯の研究テーマとした。また、江戸時代が舞台となったNHK大河ドラマの時代考証を数多く担当した。

略歴[編集]

愛媛県温泉郡正岡村(現松山市)出身で、1949年東京大学文学部国史学科を卒業。文学博士(東京大学)。

文部省史料館(現国文学研究資料館)、 高崎短期大学神奈川大学を経て、1963年学習院大学経済学部教授となり1994年3月の定年まで務め、同年4月学習院大学名誉教授となった。

  • 1975年から1984年まで学習院大学史料館長を兼ね、1983年から1987年まで学習院大学経済学部長を2期務めた。
  • 1981年から徳川林政史研究所長を兼ね、1998年まで務めた。
  • 1994年より愛媛県歴史文化博物館の初代館長(非常勤)となり没するまで務めた。

著書[編集]

編著[編集]

  • 『近世農政史料集』 (児玉幸多と、吉川弘文館、1966年)
  • 『近世日本の文化と社会』 (雄山閣、1995年)

共著[編集]

  • 『米が金・銀を走らせる 江戸史講義』  (津本陽と、朝日出版社、1985年)
  • 『身分差別社会の真実』 (斎藤洋一と、新書・江戸時代2:講談社現代新書、1995年)
  • 『貧農史観を見直す』 (佐藤常雄と、新書・江戸時代3:同新書、1995年)
  • 鎖国=ゆるやかな情報革命』 (市村佑一と、新書・江戸時代4:同新書、1995年)
  • 『流通列島の誕生』  (林玲子と、新書・江戸時代5:同新書、1995年)

監修[編集]

  • 『中学社会 新しい歴史教科書』2001年4月検定合格版 (扶桑社
  • 『中学社会 改訂版 新しい歴史教科書』2005年4月検定合格版 (扶桑社)