大誘拐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大誘拐』(だいゆうかい)は、天藤真1978年に発表した推理小説。82歳の小柄な老婆が国家権力とマスコミを手玉に取り100億円を略取した痛快な大事件を描く。1979年、第32回日本推理作家協会賞を受賞。週刊文春ミステリーベスト1020世紀国内部門第1位。

あらすじ[編集]

導入[編集]

大阪刑務所にて三度目の服役となったスリ師の戸並健次(となみ けんじ)は、犯罪は割に合わないと悟る。しかし更生して生き直すためにはまとまった金が必要であると考え、最後の大勝負として和歌山の「最後の山林王」である老婦人の柳川とし子刀自(やながわ としこ とじ)の誘拐を決意する。健次はとし子が支援していた孤児園の出身で、篤志家で周囲からも敬愛される彼女が危険に晒されれば、家族も身代金を絶対に用意すると踏んだのだ。

健次は雑居房で知り合った空き巣の秋葉正義(あきば まさよし)を一味に誘い入れる。そこにカッパライの三宅平太(みやけ へいた)が仲間に入れてくれと懇願し、健次はそれを受ける。日本随一の山林王柳川とし子刀自を標的とし、身代金5千万で正義と平次に各1千万という誘拐計画を聞いた正義と平太は躊躇するが、健次の度胸とリーダーシップを信頼し、ここにチンピラたちの誘拐団が結成される。

3人は和歌山市内にアジトの確保・車・バイク・とし子の監視拠点の設定など、準備を整えていく。

事件の展開[編集]

3人組はとし子の行動を監視するもとし子は中々自宅から出てこない。ようやく「お山歩き」を始めたとし子の行動パターンを把握することができ、誘拐に成功する。しかし、とし子はアジトは和歌山市内ではないか、車はマークⅡではないか、怪しい人物がうろついていたと運転手から聞いていたと次々指摘。健次は内心動揺するも、とし子と交渉し新たなアジトを確保する。そこはなんとかつて柳川家に勤めていて、とし子の忠実な家政婦だった中村くらの自宅をであった。

くらの自宅に落ち着いたとし子と3人組。とし子と話しているうちに3人組の経緯等を話し、誘拐団の名は、とし子の提案により「虹の童子」(映画版ではrainbow kidsともされている)となった。そして身代金について問われる。金額は5千万。金額を聞いたとし子は、穏やかな表情が一変し突然激怒。「ナンボ言わはった?アンタ。私をなんと思うてはる!痩せても枯れても大柳川家の当主やで。みそこのうてもろうてはこまるがな!私はそんな安うはないわ」「端たはめんどやから金額は切り良く100億や!それより下で取引されたら末代までの恥さらしや!ええな!100億やで!ビタ1文まからんで!」と。なんと人質が金額の値上げを言ってきた。100億と言われた3人組は思考停止し、狼狽してしまう。そのあたりからとし子が徐々に3人組を実質的に操りだす。

時を同じくして、柳川家からとし子の誘拐連絡が駐在から地元所轄田辺署を経由して和歌山県警に入る。 和歌山県警の井狩大五郎(いかり だいごろう)本部長は、青年時代さんざん落第を繰り返しながら柳川家の奨学金で東大を出た人物である。恩人とし子をさらった者に対する憤怒に燃えながらも冷静に、犯人グループに敢然と立ち向かう決意をする。かくして、とし子率いる「虹の童子」と井狩の、世界犯罪史上に稀に見る奇想天外な頭脳戦が始まった。

「虹の童子」はとし子が「出演」する生中継をTV局にさせるという大胆極まりない行為に出る。2台の中継車を駆使する複雑な作戦で、さらに、わざわざサイケデリックな迷彩を施した乗用車を使ってTVカメラの前で走り去るなどマスコミ受けする行動をした。さらに海外の新聞・通信社どころか米軍までもが注目するなど、この事件は劇場型犯罪となり世界中が熱狂した。

健次・平太・正義はとし子の影響で確実に自らを成長させてゆき、完璧なチームワークを発揮するようになった。常に覆面姿だった健次がとし子に素顔を見せた。とし子は彼の孤児園時代のやんちゃなエピソードをすらすらと容易に思い出した。健次は驚愕し、うれし涙を浮かべる。一方、ごく短期間で100億を用意するという一見無茶な要請をされた息子・娘たちも、資金調達に知恵を絞る中でそれまでの世間知らずのボンボン状態を一変させ団結・成長してゆく。

事件の結末[編集]

高度な知性がぶつかり合う様々な応酬ととし子の勇敢な行動に、100億は「虹の童子」の手に落ち、行方不明となった。その数日後、とし子はいかにも誘拐犯から解放されたかのような形で発見され、事件は収束した…かに見えた。しかし緻密な推理の果てに井狩本部長は限りなく真相に迫っていた。彼は意を決してとし子との最後の「対決」に出向く。名家の主として常に毅然とした態度を要求され続けてきたとし子であったが、井狩の前では本心を素直に吐露し、頭まで下げてみせた。ただし100億の行方と実行犯三名の正体についてはがんとして口を割らなかった。

そしてとし子の行動の動機が、モノローグの形で明かされる。それは戦争に国民を巻き込んだうえ三人の子供の命をも奪い、さらには相続税物納の形で美しい紀州の森林を略奪する政策をとった日本国政府に対する、憤怒と復讐だった。さらに戦後に残った4人の子供らの不甲斐無い有様に加え、体の変調、周囲の人々の微妙な態度とから自らの死期が近いことを悟った名家の盟主が、愛する森と山々を守るために国家権力に挑んだ、これは一世一代の凄絶な戦いなのであった。今回の誘拐事件はとし子にとって自分の死後確実に衰退するであろう柳川家を蘇らせ、そして、子供等に活をいれ、御山を守るチャンスだったのだ。三人との遭遇を天佑としたとし子にとって、この二週間の「事件」は老後の寂しい生活に花咲いた一時の「メルヘン」のようなひと時だった。

井狩は最後に二点だけ確認した。「百億円が悪用されることはないか」「彼ら三人は悪事を繰り返すことはないか」。とし子は否定し、井狩はそれを信じた。彼はすべての真実を自分の内心に収め、公式には未解決事件として本件を処理するのだった。

後日談[編集]

実行犯のその後の軌跡は四者四様である。平太は、母や妹など家族らを救うための金だけを受け取り、今後は悪事から足を洗うと誓って故郷に帰った。正義は隣村の娘邦子と結婚することとなり、一円たりとも受け取らず堅気となった。そして健次はその後柳川家の出入り大工職人になった。とし子は体重が少し戻るなど健康をやや取り戻し、しばらくは命に別状はなさそうである。子供らや健次たちの成長を見守ること、紀伊の美林を守り抜くこと、百億円の有効な使い道を考えること…一時は生きる気力を失いかけたとし子には、新しい生き甲斐ができたのである。

小説[編集]

  • 『大誘拐』 カイガイ出版部、1978年
  • 『大誘拐』徳間書店(トクマノベルス)1979年5月
  • 『大誘拐』角川書店角川文庫)1980年1月、ISBN 978-4-04-146601-8
  • 『大誘拐 新装版』徳間書店(トクマノベルス)1990年11月、ISBN 978-4-19-154404-8
  • 『日本推理作家協会賞受賞作全集 37 大誘拐』双葉社双葉文庫)、1996年5月、ISBN 4-575-65827-8
  • 『大誘拐』 東京創元社創元推理文庫〉、2000年7月、ISBN 4-488-40809-5

映画[編集]

大誘拐 RAINBOW KIDS
監督 岡本喜八
脚本 岡本喜八
原作 天藤真『大誘拐』
製作 岡本みね子
田中義巳
安藤甫
出演者 北林谷栄
緒形拳
風間トオル
内田勝康
西川弘志
樹木希林
嶋田久作
音楽 佐藤勝
撮影 岸本正広
編集 鈴木晄
川島章正
配給 東宝
公開 日本の旗 1991年1月15日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1991年に『大誘拐 RAINBOW KIDS』(だいゆうかい レインボー・キッズ)のタイトルで映画化された。

舞台となった和歌山の地元独立局であるテレビ和歌山が撮影協力し、局内やスタジオ、テレビ中継車が随所に登場した。監督の岡本喜八の実娘である岡本真実が主要な役で出演しているほか、山藤章二景山民夫友情出演している(終盤、柳川家前のマスコミのシーン)。

原作小説では、柳川本家の屋敷の所在地は「和歌山県津ノ谷村」という架空の村だったが、映画では実在する「和歌山県龍神村」に変更されている。ただし原作小説でも、津ノ谷村の立地は現実での龍神村かその近辺であるような描写はされている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

その他の映像化作品[編集]

1981年には日本テレビ系、東宝でテレビ映画化されており、岡本喜八の愛弟子である山本迪夫監督がメガホンを取っている。脚本は、やはり岡本作品『月給泥棒』を書いたこともある松木ひろし、刀自は水の江滝子、猪狩本部長は岸田森、虹の童子は藤岡弘小倉一郎平泉征という顔ぶれであった。

2007年には韓国でリメイク版が作られている。『大誘拐 ~クォン・スンブン女史拉致事件~』(原題『권순분 여사 납치사건』「クォン・スンブン ヨサ ナプチサゴン」)という題で、日本語字幕版DVDも発売されている。原作の大枠を保ちながらギャグ色を強め、どの登場人物もキャラクターが濃くなっている。