大辻伺郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おおつじ しろう
大辻 伺郎
本名 大辻 寿雄
別名義 大辻 司郎
大辻 しろ
生年月日 (1935-04-03) 1935年4月3日
没年月日 (1973-05-21) 1973年5月21日(満38歳没)
出生地 大日本帝国の旗 大日本帝国東京府
(現:日本の旗 日本東京都
死没地 日本の旗 日本東京都港区虎ノ門のホテルオークラ(現・ホテルオークラ東京本館)の客室
職業 俳優
ジャンル 日本映画
テレビドラマ
活動期間 1950年代 - 1973年
配偶者 なし(2度の離婚歴あり)
著名な家族 父:大辻弁士漫談家
所属劇団 劇団 自由舞台
事務所 大映
備考
最終学歴:早稲田大学文学部演劇科中退

大辻 伺郎おおつじ しろう1935年4月3日 - 1973年5月21日)は、日本俳優。本名:大辻寿雄。最晩年は「大辻司郎」「大辻しろ」改名した。

父は弁士漫談家大辻(名前の読みは同じく「しろう」) 。



来歴[編集]

東京府(現・東京都)生まれ。1952年4月9日、父の大辻司郎がもく星号墜落事故で死去した。これを機に高校を休学し、板前として柳橋の料亭歌舞伎座の地下食堂で働いた。後に役者の道を志し早稲田大学文学部演劇科に同級生より2年遅れで入学し、劇団自由舞台に参加。スタニスラフスキー・システムを学ぶも、1955年に中退し伊志井寛に師事。新派では通行人の端役ながら役作りに工夫を凝らし賞をもらっている。その後市川崑監督に認められ、1960年大映に入社。テレビドラマ映画を中心に活躍。脇役や準主役が多いものの抜群の存在感で注目を集めた。その演技力は幅広く、気弱な男から悪の首領、主役を食うほどのヒーロー、時には老婆までを見事に演じ分け「怪優」と呼ばれた。

昭和38年(1963年TBS)のテレビドラマ『赤いダイヤ』では一攫千金か無一文か、綱渡りする相場師の生き様を熱演し、NHKアナウンサーから女優に転じた野際陽子とともに評判となった[1]。また映画では大映東映を中心に多くの名作に出演した。

1972年、第1回ベストドレッサー賞(芸能部門)を受賞。

1973年5月21日港区虎ノ門のホテルオークラ(現・ホテルオークラ東京本館)の客室で首吊り自殺した。享年39(満38歳没)。自殺当日は『非情のライセンス』(NET)の撮影が東映東京撮影所で行われる予定だったが、東映は急遽代役を立てて収録済みの大辻の場面の撮り直しも行った。自殺理由は明らかになっていないが借金があったと言われている。

大映出身俳優としては1967年丸井太郎に続く自殺であり、さらに大辻の5年後(1978年)には田宮二郎も自宅で猟銃自殺を遂げたため、1935年度生まれの大映出身俳優は3人が自殺する結果となってしまった。

人物・エピソード[編集]

自殺の前日に大辻は自動車事故を起こしており、事故相手から暴行を受けるなど深刻なトラブルに発展していた。翌朝、大辻は愛人の女性に電話をかけて助けを求めたが、大辻が自宅のある港区赤坂から徒歩圏内にあるホテルオークラに意味もなく宿泊していたことや、午前5時という時間に電話をかけてきたことなどを不審に思った愛人は、大急ぎで大辻の宿泊部屋に駆け付けた。しかしその時既に、宿泊部屋の鴨居に寝巻のヒモをかけて首を吊った状態で死亡していた。電話から僅か15分間の出来事であった。遺書はなかったが、前日と同じ洋服を着たまま死亡していたことや愛人へ電話をかける直前に1人でロビーに行って宿泊代金の支払いを済ませていたことなどから、最初から自殺目的での宿泊であったと断定された。

晩年の大辻は役に恵まれたとは言えず、仕事の行き詰まりではないかと言われたが、1971年に胃潰瘍の手術を受け一時的に仕事の量は減ったものの、元マネージャーの話では10月からテレビの新シリーズが決まっていたし、仕事に再起をかけていたときで今年中には借金の半分は返済できると張り切っていたという。今度現場で嫌われたらもうチャンスはないと関係者から忠告を受けていたため、自動車事故を起こしたことでせっかくの出鼻をくじかれ手痛いショックを受けて、もうダメだと大辻が一気に人生を諦めたと思えてならないと語る。

趣味への惜しみない出費で抱えた多額の借金が原因だと言われたが、前年度の収入を考えても大辻にとっては返せない金額ではなく、借り方にしても強引・無茶なことはしなかった。借金を苦にして死ぬ奴ではないと友人知人が口を揃えている。 大辻の死後、「金を払え」と押しかけたところは一つもないし、中には「(借金は)香典だと思って棒引きにしましょう」と言う人もいたといい、貸した人間に恨まれていなかったことがうかがえる。

常に一流品を好みカメラなら高級なものを20台以上揃えないと気が済まない性格であった。ドラマで紅茶をかけられるシーンがあり、ほんのワンカットのためにオーダーメイドで高級ブランドのスーツを仕立て、せっかくの一張羅を台無しにしたけれども大辻本人はそれで満足だったとか、用意された衣装に納得がいかず、ギャラよりもはるかに高い衣装をすべて自前で揃えて見事足が出たなど、お金に糸目をつけないエピソードはこと欠かない。

検察での検死後、大辻の遺志により目(眼球)アイバンクへ献眼され、遺体は順天堂大学附属病院献体された。このため、多磨霊園にある大辻家の墓誌に大辻の名前は刻まれていない[2]

戒名は「芸林院釈司純居士」 である。

喜怒哀楽が非常に激しい性格であったため、共演者やスタッフたちとトラブルを起こすことがよくあった人物でもある。この性格が災いして『次郎長三国志』(1968年版、NET)では番組スタッフと大喧嘩してしまい、桶屋の鬼吉役をわずか4話で降板させられた。この出来事がきっかけとなって大辻はレギュラー出演の番組が徐々に減っていき、以後テレビドラマの仕事はゲスト出演がメインとなった。テレビでの仕事量は激減しなかったが、単発出演ばかりになって仕事が不安定化した。また、当時は映画産業が急速に斜陽化していた時期で映画の仕事が激減しており、所属していた大映もこの煽りで倒産するなど、大辻にとっては次々と災難が降りかかっていた時期でもあった。結果、これらの要因が重なって先行き不安になり自殺に追い詰められたとの見方もある。

女性遍歴も多く、中学の同級生だった最初の妻とは20歳で学生結婚するも7年後に離婚。大辻は子供への償いは異母兄弟を作らないことだと考え、パイプカットの手術を行っている。だが、それが災いして2度目の妻とも離婚した。

通夜に参列した加藤嘉は「喧嘩っ早い、仕事をすっぽかす、借金をする、女房はとっかえる。そんな評判だけを背中に負わせてはつらい。大辻は本気で仕事をしようとしていたふしがある。常に自分をギリギリのところに立たせていないと芝居ができないと思っていた奴だ。彼は仕事が始まる初日には背広にネクタイをキチッとしめ挨拶をする男だった」と言っている。

大辻の死から5日後の5月26日、文京区の寂円寺で「大辻伺郎を偲ぶ会」が開かれ、伴淳三郎小松方正藤村俊二をはじめ、早稲田大学演劇科時代の友人らが駆けつけた。

担任によると、よく人の面倒を見る男で家出した友達を探すために突然学校を休んだので、“警察に任せておけばいいじゃないか”と言うと彼は、”だって先生、かわいそうじゃないか“と言った。そういう優しい男でしたと語っている。

三國連太郎は大辻の死に触れ、「私は大辻さんに学ぶことが多かった。あの才能にはジェラシーを感じたこともある。もうちょっと長生きしていたら……」と惜しんだ。

勝新太郎は「金なんか残さなくてもいい、世間的な常識もいらない。役者は芸さえあれば、と言いたいがそれが通用しない世の中になった。彼のように鍛えこんだ芸がいくらあっても、ポッと出の新人にペコペコ頭を下げなきゃならないこともある。それをまた彼は神経が細かいだけにオーバーなくらいにやってしまう。今度のことはそういう自分が見えてきて何もかも嫌になっちゃったんだろう」と語った。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 女経(1960年、大映)第2話 物を高く売り付ける女 - 人形
  • 足にさわった女(監督:増村保造/1960年、大映) - 野呂走
  • サラリーマン出世太閤記 花婿部長No.1(1960年、東宝) - 館員
  • 好色一代男(1961年、大映) - 勘九郎
  • 五人の突撃隊(1961年、大映) - 小林一等兵
  • 釈迦(1961年、大映) - カルダイ
  • 黒い十人の女(1961年、大映) - 野上
  • 濡れ髪牡丹(1961年、大映) - にょろ松
  • すてきな16才(1962年、大映) - 高山元太郎
  • 私は二歳(1962年、大映) - 若い医者
  • 黒の札束(1963年、大映) - 警官
  • ぐれん隊純情派(1963年、大映) - 染公
  • 雪之丞変化(1963年、大映) - 岡っ引
  • 駿河遊侠伝 賭場荒し(1964年、大映) - 髪常
  • 駿河遊侠伝 破れ太鼓(1964年、大映) - 髪常
  • 散歩する霊柩車(1964年、東映) - ホテルのフロント
  • われ一粒の麦なれど(1964年、東宝) - 根本二郎
  • (1965年、東宝) - 小島要
  • 無法松の一生(1965年、大映) - オイチニの薬屋
  • ひも(1965年、東映) - マツ
  • 解散式(1967年、東映) - 政
  • 銭形平次(1967年、東映) - 八五郎
  • 喜劇 団体列車(1967年、東映) - 太宰淳一
  • 惚れた強み(1968年、松竹) - 二宮 松夫
  • コント55号 人類の大弱点(1969年、東宝) - 黒田 哲也
  • 極道ペテン師(1969年、日活) - 印鑑屋
  • 幕末(1970年、東宝) - 四十吉
  • 怪談昇り竜(1970年、日活) - 達
  • やさしいにっぽん人(1971年、東プロ) - 104号の男
  • 渡世人 命の捨て場(1971年、日活) - 与八
  • 女生きてます 盛り場渡り鳥(1972年、松竹) - 西川
  • 恍惚の人(1973年、東宝) - 運転手
  • 夕映えに明日は消えた(1973年、東宝)
  • 団地妻(秘)研究会(1973年、東映)

など

テレビドラマ[編集]

など

バラエティ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 翌年、大辻の役を藤田まことに代えて東映が映画化した
  2. ^ 大辻の母も同病院に献体届を提出していたため、墓誌に名前が刻まれているのは大辻の父方の祖父母と父・司郎の3名だけである。