大野泰広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大野 泰広
本名 大野 泰広(おおの やすひろ)
生年月日 (1976-11-10) 1976年11月10日(40歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
コンビ名 ハレルヤ(1997年 - 2007年)
相方 加藤直也(コンビ時代)
芸風 漫談
事務所 マセキ芸能社
活動時期 1997年 -
(ハレルヤ結成時)
他の活動 俳優
公式サイト マセキ芸能社によるプロフィール

大野泰広(おおのやすひろ、1976年11月10日 - )は、日本お笑い芸人俳優東京都出身。マセキ芸能社所属。

来歴・人物[編集]

  • 東京経済大学経済学部経済学科卒業。同大学在学中の1997年に加藤直也(現・カトゥー直也)とのお笑いコンビ、ハレルヤを結成。ハレルヤ時代は「大野主任」のキャラクターなどを演じ、ボケ役を務めていたことが多かった。
  • 2007年9月でハレルヤは解散、以後はピン芸人として活動。「大野泰広」名義で役者として活動している。
  • 実母が日暮里で居酒屋『氣まぐれ』を経営しており「仕事がない時はお店を手伝ってくれる」(母親談)[1]

芸風[編集]

  • 主に、葉巻を持ち、帽子スーツも黒か紺を基調とした衣装などの『チョイ悪親父』に扮したキャラで、チョイ悪な行動などの一言ネタを披露する。『エンタの神様』では『ジョルジ大野』で出演したが、『爆笑レッドカーペット』などではそのままオーノ泰広(ハレルヤ大野)の名前で出演した。決めセリフに『チョイワリーンナ!』、締めのあいさつに『チャオ!』などがある。

出演[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 劇団太陽「江戸百景」(2003年1月)
  • MK-BOXプロデュース#04「世にも不思議なおしいれ裁判」(2006年6月)
  • スプーキーズ「お盆に還る人たちへ 2006~吉祥寺からメイドを思ふ~」(2006年7月)
  • MK-BOXプロデュース#05「人生大爆走」(2006年11月)
  • 劇団東京サギまがい若手公演「カーブ」(若手演出家コンクール2006優秀賞受賞作品)(2006年11月)
  • 劇団東京サギまがい若手公演「まっすぐな道でも嬉しい」(2007年2月)
  • MK-BOXプロデュース#06「世にも不思議な死神裁判」(2007年4月)
  • 銀河急行「メランコリーロボット」(2007年6月)
  • 劇団東京サギまがい「こんばんは森推一です。」(2007年6月)
  • 劇団江戸川プリンセス「東京タイタニック」(2007年9月)
  • ジャングルベルシアター「草薙の風」(2007年11月)
  • A・i Produce「デ・ブレイド」(2008年4月)
  • 山田ジャパン①「ゲーセン下ル」(2008年6月)
  • 「現代狂言Ⅲ」(2008年10月)
  • MSK「ポンチピープル」(2008年11月)
  • ATTEMTION PLEASE!「コレナンダパンダ」(2008年11月)
  • 「DEATH Of A Samurai」(2008年12月)
  • 「現代狂言Ⅲ」(2009年2月)
  • スプーキーズ「SPY」(2009年3月)
  • 松竹座「喜劇 耳かきお蝶」(2009年4月)
  • 山田ジャパン③海を渡れ!元通りを目指して!」(2009年5月)
  • 「ファミリー狂言」(2009年7月)
  • 「現代狂言Ⅲ」 北海道ツアー(2009年7~8月)
  • ジャングルベルシアター「サラマンドラの虹」(2009年9月)
  • ユニバーサルプロデュース「愛子と玲子」脚本・演出(2009年10月)
  • Dancing☆STARS「Weding dancing happening」(2009年10月)
  • 山田ジャパン④「八つ当たりに丁度いい顔」(2009年10月)
  • A・Iプロデュース番外公演「鍋奉行の乱」(2009年12月)
  • 山田ジャパン⑤「ソリティアが無くなったら この世は終わり」(2010年3月)
  • 松竹座・御園座「愛、時を超えて、遥かなる時空の運命」(2010年6~7月)
  • 山田ジャパン⑥「あそび」(2010年7月)
  • 「南総雇われ派遣伝 -南房総、時折暴走。-」(2010年8月)
  • 演劇企画 由木事務所 第33回公演「操縦不能」(2010年10月)
  • 山田ジャパン⑦「2WEEKコンタクト ~まだ使えると思ふ~」(2010年10月)
  • 「現代狂言Ⅴ」(2011年2月)
  • 山田ジャパン⑧「いいえ、ヴィンテージです。」(2011年4月)
  • 劇団6番シード「関ヶ原でダンス」(2011年5月)
  • 気晴ラシBOYS第一回公演「龍馬がいっぱい」(2011年8月)
  • 山田ジャパン⑨「淵の字になって寝る」(2011年9月)
  • 気晴らしボーイズ第2回公演「ろくでなしコーラス」(2011年11月)
  • 「現代狂言Ⅵ」(2012年2~3月)
  • 山田ジャパン⑩「盗聴少年」(2012年3~4月)
  • 劇団6番シード「ふたりカオス」(2012年5月)
  • 「ファミリー狂言会」山形県米沢公演(2012年8月)
  • 東京ミーコ#1「いい嘘、悪い嘘」脚本・演出(2012年8~9月)
  • ラムネ☆天色堂「わくらば」(2012年11月)
  • 「ファミリー狂言会」喜多方公演(2013年1月)
  • 「現代狂言Ⅶ」(2013年2~3月)
  • 東京ミーコ#2「男女7…8人婚活物語」脚本・演出(2013年6月)
  • 東京ミーコ#3「あいうえお~下町商店街物語~」脚本・演出(2014年4月)
  • 東京ミーコpresents「コメディライン」作・演出(2014年9月)
  • 東京ミーコ#4「ゴースト・レストラン」作・演出(2015年7月)

映画[編集]

その他[編集]

  • 総合診療医ドクターG (NHK総合、2017年2月15日「三大疾病スペシャル『脳卒中』」) - 再現VTRの医師役
  • ガキ☆ロック (amazonプライム・ビデオ、2017年4月14日配信開始) - 脚本

脚注[編集]