大鳥れい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おおとり れい
大鳥 れい
本名 藤田 美登里(ふじた みどり)
生年月日 (1973-11-06) 1973年11月6日(43歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府池田市
職業 女優
ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画
活動期間 1993年 -
活動内容 1993年宝塚歌劇団入団
1994年花組に配属
1998年:花組トップ娘役に就任
2003年:宝塚歌劇団を退団。以降、女優として活動。
公式サイト 大鳥れい Official Website
OHTORI REI BLOG
主な作品

宝塚歌劇
『源氏物語 あさきゆめみし』
『ミケランジェロ』
『エリザベート』
舞台
『アスペクツ オブ ラブ』
『愛と青春の宝塚』

映画
『ばけもの模様』
備考
宝塚歌劇団卒業生

大鳥 れい(おおとり れい、1973年11月6日 - )は、大阪府池田市出身の女優で、元宝塚歌劇団花組トップ娘役。

大阪府立渋谷高等学校出身。身長:161 cm。所属事務所は、ACT JPエンターテイメント株式会社。

来歴・人物[編集]

プロ野球選手中村紀洋とは高校の同級生。

1991年宝塚音楽学校に入学。同期に現役の美稀千種、OGの水夏希越乃リュウ未来優希絵莉千晶朝比奈慶秋園美緒愛耀子貴咲美里南城ひかり等がいる。

1993年、宝塚歌劇団に入団(79期生)し、月組の『BROADWAY BOYS』で初舞台。入団時の成績は23番。花組に配属となる。芸名はオードリー・ヘプバーンにあやかったもの。

1995年の『エデンの東』(アブラ役)で新人公演初ヒロイン。

1999年の『夜明けの序曲』(川上貞奴役)で、愛華みれの相手役として花組トップ娘役となる。その後、匠ひびき春野寿美礼の相手役を務めた。

2003年エリザベート』で退団。

2005年9月には、劇団四季の『アスペクツ オブ ラブ』に客演。

宝塚退団直後に結婚するがその後離婚したため、現在は独身である。

2014年6月末日をもって、宝塚歌劇団退団後から所属していた事務所(クリームインターナショナル)を退社したことをブログで公表[1]、その後にACT JPエンターテイメント株式会社に所属となったことをブログで公表[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 1993年
『BROADWAY BOYS』にて初舞台(同時上演『グランドホテル』には新人公演にのみ出演)
花組に配属
  • 1995年
エデンの東』新人公演 ヒロイン:アブラ役(本役・純名里沙
  • 1996年
『ハイペリオン』新人公演 ロックンロールの女S役(本役・純名里沙)
バウホール公演『HURRICANE』アナ役(主演・愛華みれ
  • 1997年
バウホール公演『君に恋してラビリンス』Wヒロイン:マリー役(主演初風緑伊織直加
バウホール・東京特別公演『ブルースワン』ジジ役
『ザッツ・レビュー』新人公演 ヒロイン:お仙(本役・千ほさち
  • 1998年
バウホール公演『ヴェロニック』アガート役(主演・愛華みれ)
『SPEAK EASY』新人公演 ジェニー役(本役・詩乃優花
花組主演娘役に就任。
バウホール・名古屋・東京特別公演『ENDLESS LOVE』ヒロイン:ジェーン役(主演・伊織直加)
  • 1999年
夜明けの序曲』ヒロイン:川上貞奴
『タンゴ・アルゼンチーノ/ザ・レヴュー‘99』ヒロイン:マルグリット役
  • 2000年
源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ』ヒロイン:藤壺/紫の上(2役)
『ルードヴィヒ2世/Asian Sunrise』ヒロイン:幻役
  • 2001年
『ミケランジェロ/VIVA!』ヒロイン:コンテッシーナ・ド・メディチ役
匠ひびきの相手役となる。
シアター・ドラマシティ・東京特別公演『カナリア』アジャーニ役
  • 2002年
琥珀色の雨にぬれて/cocktail』ヒロイン:シャロン・カザティ役
春野寿美礼の相手役となる。
博多座公演『あかねさす紫の花/cocktail』ヒロイン:額田女王
  • 2003年
エリザベート』タイトルロール:エリザベート
2月9日 宝塚歌劇団を退団。

主な受賞歴[編集]

  • 1998年
年度賞(新人賞)
第29回阪急すみれ会パンジー賞(新人賞)
  • 1999年
年度賞(努力賞)
第30回阪急すみれ会パンジー賞(娘役賞)
  • 1998年
年度賞(優秀賞)

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

2003年
2004年
2005年
2006年
  • 「獅子を飼う」(兵庫県立芸術文化センター他)
  • 「エリザベート 10周年ガラコンサート」(東京芸術劇場・中ホール他)
  • 「チャリティーディナーショー 天使たちに愛を込めて」(東京會舘
  • 「暴れん坊将軍スペシャル~唄って踊って八百八町~フィナーレ・マツケンサンバ」(川口リリアホール他)
  • 吉本人情喜劇「花より大好き☆夢絵巻 戦後篇」(名鉄ホール)
  • 「エリザベート 来日記念コンサート」(梅田芸術劇場
2007年
  • 松井誠新春特別公演「喜劇・くらわんか!/華・艶・舞」(新歌舞伎座
  • 「暴れん坊将軍スペシャル ~唄って踊って八百八町!/唄う絵草紙~」(御園座)
  • 「泣いたらあかん」全国縦断特別公演(浪切ホールほか)
2008年
  • 「龍馬異聞 KURAMATENGU・・・遥かなる海へ」(博品館劇場
2009年
  • ミュージカル「愛と青春の宝塚~恋よりも生命よりも~」(新宿コマ劇場ほか)
  • 「頭痛 肩こり 樋口一葉」(南座ほか)
2010年
  • 「タップジゴロ」(博品館劇場)
  • 「うりずんの風」(笹塚ファクトリー)
2011年
2012年
  • 「パルレ 洗濯」(三越劇場、俳優座劇場)
  • 「棘 L’ECHARDE」(銕仙会能楽研修所)
  • 「タップ・ジゴロ」(博品館劇場)
  • 「エリザベート・スペシャルガラコンサート」エリザベート(シアターオーブ、梅田芸術劇場)
2014年
  • 「セレブレーション100! 宝塚」(青山劇場、梅田芸術劇場)
  • 「コンチネンタルタンゴ“アルゼンチンタンゴ 二都物語”」(メルパルクホール)
  • 「遊女夕霧」(六行会ホール)

ドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 事務所退社のお知らせ(大鳥れいOfficial Blog、2014年7月7日)
  2. ^ お知らせ”. 大鳥れいOfficial Blog (2014年12月5日). 2014年12月8日閲覧。

関連項目[編集]