天狗 (お笑い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
天狗
メンバー 横山裕之
川田哲志
結成年 2003年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2003年 -
出身 東京NSC9期
出会い 小学校の同級生
現在の活動状況 ライブ
芸種 漫才
ネタ作成者 横山裕之
同期 ハリセンボン しずる
囲碁将棋 ジューシーズ
ゆったり感 ライス
えんにちなど
テンプレートを表示


天狗(てんぐ)は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ2003年4月結成。東京NSC9期生。小・中・高の同級生で、共に神戸市立五位の池小学校、神戸市立高取台中学校兵庫県立須磨友が丘高等学校の出身である。

2013年1月21日より、三代目「埼玉住みます芸人」となる。

メンバー[編集]

横山 裕之(よこやま ひろゆき、1980年3月10日 - )ツッコミ・ネタ作り担当

  • 兵庫県神戸市長田区出身。A型。愛称は「よっこん」。この愛称は、小学校高学年からのものであるという。
  • 中学生時代はハンドボール部に所属。
  • 近畿大学卒業。
  • 母はリトバルスキー、姉は浅野忠信に似ているらしい。[1]
  • 大学生時代、元カノとよりを戻そうと歌を作ってあげたことがある。[2]
  • ゲームはあまりやらない。[3]
  • ツッコミのフレーズとして「アカンで!」というものを頻繁に用いる。
    • 他に「ええで!」といった言葉もよく使う。
  • LLR福田恵悟曰く、「ゴリラ」というと、どんな場所でも「アカンで!」と大声でツッコミを入れてしまうらしい。
    • しかし天狗のシチサンLIVEで、事前にこの情報を見たクロスバー直撃が実際に試してみたところ、「ちょっと待ってください!」と言い驚いただけだった。
    • 2012年頃より「アカンで!」をそれほど言わなくなった。本人曰く「あまりやっても…」。
  • 声が大きく、先輩などに注意されることがある。
  • 先輩である初恋タローこうすけと仲が良く、月に一度のペースで『こうちゃんよっこんニコニコトーク』というトークイベントを行っている。
    • こうすけがキャプテンを務める野球チーム「サークルK」のメンバーで、守備位置はファースト。前述の通り中学校時代はハンドボール部だったため、豪速球を投げる。
  • 自宅で自身の大便を踏んだことがある。
  • 女性の内ももフェチである。

川田 哲志(かわだ さとし、1979年8月27日 - )ボケ担当

  • 兵庫県神戸市長田区出身。A型。
  • 高校卒業後の4年間、靴工場で働いていたことがある。[1]
  • 眼鏡を掛けているが、眼は悪くなくダテである。髪型は、かなり艶々のストレートロング。
  • 顔が光浦靖子もたいまさこなど様々な著名人に似ており、よくネタにする。最近は白鳥久美子に似てるとネタにしている。
  • 姉と弟がいる。顔も似ているらしい。
  • 特技に、眼鏡の上に食べ物を乗せて手を使わずに食べる、というものがある。
  • ブランド物に詳しい。
  • 初恋タロー初恋タロー(高森)と仲が良い。[1]
  • 2011年吉本ブサイクランキングで、7位にランクインした。
  • 中学時代、同級生の犬に友人数人でおにぎりを与え可愛がっていたが、川田が与えた途端急に吐き出してしまうという事態になり、飼い主の同級生(女子)に「冗談は顔だけにしてよっ!!」と罵倒を浴びせられた。その後、川田はボソッと「顔はマジなんやけどな…」と呟いた、という切ないエピソードがある。また、赤ちゃんをあやすとなぜか嘔吐されるらしい。[4]
  • 4年ほど付き合った彼女に、「私、目が覚めた」と言われて振られた。
  • 相方の横山をトム・クルーズに似ていると評する。
  • 意外と大食い。定食を食べた後、お好み焼き屋で炒飯と焼きそばとお好み焼きを完食したことがある。

概説[編集]

  • 横山が大学を卒業する際、川田がお笑いをする為に東京へ行こうと誘いの電話をしたのがきっかけで東京NSCに入学した。[1]
  • コンビ名の由来は特になく、思い付きである。
    • 厳密にいうと、コンビ名の締め切りに追われ、「二人でそれぞれ明日までに考えて来よう」となり、横山が寝ながら考え、「ルミネの画面に【天狗】と出たらかっこいいだろうなぁ」と思い、翌日川田にその旨を伝えた。ちなみに川田が考えてきたコンビ名は「かっぱ巻き」だった。
  • パンクブーブー率いる「華無会(実力はあるが容姿の点で損をしている芸人グループ)」の一員。
  • M-1グランプリ2009 準決勝進出。大谷ノブ彦(ダイノジ)はブログで「敗者復活戦の天狗とロシアンモンキー、あいつらの漫才を見たときに感動した。ちゃんと漫才と向き合ったんだなぁ、って」とコメントを綴り、彼らを称賛している。もう一組名前が挙がっているロシアンモンキーも、華無会の一員である。
  • 2010年10月25日、ルミネtheよしもとの楽屋からUSTREAM配信される情報番組「ルミネtheよしもと なう。」がスタート。その記念すべき第一回目放送のMCを担当した。[5] 以降、月1回ペースでMCを担当しているが、他芸人がMCの日にゲストとして出演する場合もある。
  • 井下好井の好井がNSCに通っていたころ、周りの作家から「華のある天狗が出てきたぞ」と言われていた。その当時、好井はトンファーの山西と「ミセスマルタン」というコンビを組んでおり、その話を作家から聞いた川田は終始不機嫌な様子だったという。

芸風[編集]

  • 自己紹介で、横山「僕が、天狗の横山裕之と申します。宜しくお願いしまーす。」 川田「どうも、光浦靖子です。」 横山「いや、似てるけど!!」といった持ちネタをよくする。光浦靖子のほかに、もたいまさこということもある。
  • 二人の持ちネタで、「パンツ二人履き」というものがある。服装はTシャツに下はパンツ一丁。川田のパンツに横山が後ろ向きで入り込み、最終的に側転を試みるが大抵川田のパンツが破れ失敗に終わる。(川田は最初からパンツを二枚履いているので大事なところは見えない)
  • BSの「もてもてナインティナイン」の企画で放送された、自身の結婚式で披露した漫才が「日本一泣ける漫才」として話題に。

出演[編集]

テレビ[編集]

ライブ[編集]

単独ライブ
  • グラインドハウス単独ライブ〜5GAP&天狗〜(新宿シアターブラッツ) - 2009年5月9日
  • 漫才やっとんな。〜川田はアカンで!!〜(新宿シアターブラッツ) - 2010年3月21日
  • てんてんてんぐ。〜やっぱり川田はアカンで!〜(新宿シアターブラッツ) - 2011年3月5日
  • 新ネタバトル!Bリーグ - 不定期出演中

DVD[編集]

  • ルミネtheよしもと 業界イチの青田買い 2010 SPECIAL

その他[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2006年
    • 12月3日 - 「天狗漫才ライブ」(シアターD/東京)
  • 2010年
    • 3月21日 - 「漫才やっとんな。〜川田はアカンで!!〜」(シアターブラッツ/東京)
  • 2012年
    • 8月24日 - 「I can day」(シアターブラッツ/東京)
  • 2013年
    • 8月23日 - 「帰ってきた I can day!」(ヨシモト∞ホール/東京)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 2010年11月2日天狗のシチサンLIVE
  2. ^ 2010年1月9日天狗のシチサンLIVE
  3. ^ 2010年1月30日すずらんのシチサンLIVE
  4. ^ 2011年5月11日ばちーんんんLive トークコーナー
  5. ^ ルミネtheよしもと スタッフブログ