天蝶二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

天 蝶二(てん ちょうじ、1965年2月28日 - )は、日本の俳優嵐レコード所属。神奈川県川崎市出身、にっかつ芸術学院出身。血液型B型。

芸名は天 蝶二(てん ちょうじ)天蝶司 晃(てんちょうじ あきら)(2008年後半より) → 天 蝶二(2010年から)。

来歴・人物[編集]

東京調布の日活撮影所のなかにある、にっかつ芸術学院 俳優科を卒業後 テアトルアカデミー、放映新社を経て 嵐レコードに所属。

テアトルアカデミー在籍時代は、主に舞台出演で活躍「ブンナよ木から降りて来い」や、シェークスピア物、コメディー物など、小劇場を中心に十数作品に出演。日光江戸村での街頭立ち回り劇、「森の石松」(石松役)などにも出演する。

放映新社時代からは、出演の場を映像に移し、企業VPやVシネマ、バラエティ番組等に主に出演する。

その当時、「ボキャブラ天国」に何回か再現VTRで出演しており、そこで知り合った、横浜銀蝿のマネージャーに紹介され、銀蝿一家の一員となり、嵐レコード所属となる。

翔のソロライブで、バックダンサーを務め、その後、再結成した 横浜銀蝿のコンサートでは、オープニングアクトとして豆まきを行うパフォーマンスが名物となる。

テレビドラマデビューは、まだ本名だった頃で、テレビ朝日「はぐれ刑事純情派」。映画デビューは、「月はどっちに出ている」(崔洋一監督)

現在は、俳優業の他に 演出、脚本、シナリオ、キャスティング、プロデューサー等も務めるなど、芸能界に幅を拡げている。

出演[編集]

舞台[編集]

20代には、毎年3作以上の舞台作品に参加、30代には、自作の一人芝居を数作品、小さい小屋で上演するようになる。30代半ば以降は舞台には出演していない。

代表主演作品

  • 「筑豊のハムレット」 主演:小吉役(作:小池洋子、演出:小池要之助、上演:新宿シアターモリエール/北沢タウンホール)

映画[編集]

  • 三浦和義事件〜もう一つのロス疑惑の真実〜(2004年) - 裁判長 役
  • メールで届いた物語(2005年) - その筋の男 役
  • 魁!クロマティ高校(2005年) - 客引きする高校生 役
  • TAKESHI'S(2005年) - 冒頭のやくざ 役
  • だからワタシを座らせて。通勤電車で座る技術!(2006年) - 自由業 点々 役
  • カタナーマン(2006年) - ホームレス 役
  • 九転十起の男(2006年) - 町人 役
  • 大阪ハムレット(2007年) - 寿司屋の店主 役
  • 商店街な人(2010年、高橋和勧 監督ワップフィルム製作) - 活動弁士 長谷川雷蔵 役

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

オリジナルビデオ・DVD[編集]

  • 岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説シリーズ - 組員 役
  • 逆鱗組七人衆〜上州路に春を見た - タクシー運転手狡山祥一郎 役
  • 逮捕〜俺は何もやってない
  • 修羅の荒野シリーズ - 小笠原忠 役

CM[編集]

  • 日清食品 カップヌードル「ブタホタテドリ」
  • カミナガ製薬「エネロクリーン」
  • JT「キャビンスーパーマイルド」
  • 日本農産工業株式会社 ヨード卵光「ヨード卵光の卵スープ」

ラジオ[編集]

  • ザ・ナイト(FM横浜)レポーター

ラジオCM[編集]

  • 埼玉スポーツセンター

キャスティング作品[編集]

  • 九転十起の男2
  • 九転十起の男3 グットバイ
  • 万華鏡
  • 破天荒力
  • 弁天通りの人々