太平サブロー・シロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
太平サブロー・シロー
メンバー 太平サブロー
太平シロー
別名 サブシロ
結成年 1976年
解散年 1992年
事務所 松竹芸能吉本興業→個人事務所→吉本興業
活動時期 1976年 - 1992年
師匠 レツゴー三匹
出身 松竹芸能養成所
影響 やすし・きよし 中田ダイマル・ラケット
芸種 漫才ものまね
過去の代表番組 花王名人劇場
THE MANZAI
オレたちひょうきん族
受賞歴
#受賞歴参照
テンプレートを表示

太平サブロー・シロー (たいへいサブロー・シロー)は、太平サブロー太平シローによるお笑いコンビタイヘイ一門レツゴー三匹門下。愛称は「サブシロ」。

来歴[編集]

2人とも松竹芸能の養成所出身、漫才トリオ・レツゴー三匹に師事し、1976年に「太平サブロー・シロー」のコンビ名で松竹芸能所属の漫才コンビとして新世界新花月からデビュー。幸助・福助(それいけ!2匹 → 和光亭幸助・福助 → コウスケ・フクスケ → 幸助・福助)は弟弟子に当る。

その後、毎日放送の「ヤングおー!おー!」出たさに吉本興業への移籍を希望するが、吉本と松竹との協定で芸人の引き抜きは禁止されていたため、どうしようと悩んでいる所に、師匠のレツゴー三匹から破門された。実は2人の気持ちを知っていたレツゴー三匹は、彼らコンビがスムーズに吉本に行けるようにわざとキレた振りをして暴れて騒動を起こし、駆けつけた松竹芸能の幹部の目の前で破門を言い渡す芝居をした(従って今も師匠・弟子としての関係は続いている)。その際、レツゴー正児が自分たちのことを蹴りながらもウインクをしていることに気づき、このとき「師匠が自分たちのために芝居を打って出ているのだ」とシローは悟った[1]

1980年代の漫才ブームの波に乗り、人気漫才コンビとしての地位を確立した。この頃、当時は無名だったダウンタウンの才能を見抜き、ラジオ番組のレギュラーを与える(後述)。テンポの速い漫才で、大きな演芸のタイトルを数多く受賞し、島田紳助は「このまま(紳助・竜介の漫才)では、サブロー・シローやダウンタウンには勝てない」と評し、紳助・竜介の解散の一因ともなった。

1988年に吉本から独立して東京に芸能事務所を設立するが[2]1992年、お互いの仕事観等の意見対立から喧嘩別れする形でコンビを解消した。その後、サブローのみ1993年に吉本に復帰し、のちにシローも吉本復帰を果たすが、確執からコンビが組めず、2012年2月9日にシローが永眠し、サブロー・シローの再結成は不可能となった。

年表[編集]

漫才トリオ・レツゴー三匹に師事。

  • 1976年松竹芸能よりコンビデビュー。
    1977年12月、厳しいシローのツッコミに耐え切れずコンビ解消。サブローは「鳳キング・ポーカー」のポーカーと「チンカラホイ」を結成もすぐに解消し失踪、ラーメン屋を経営。シローは浮世亭ジョージと「ジョージ・シロー」というコンビを組んで凌ぐ。
  • 1980年にシローがサブローの経営するラーメン屋を訪れ、コンビを再結成して吉本興業に移籍。「THE MANZAI」(フジテレビ)に出演して一躍人気を得る。
  • 1988年4月吉本興業から独立したが、吉本の圧力がかかり仕事を干されるようになる。
  • 1992年コンビ解消。
  • 2012年2月9日、シロー死去(享年55)。

芸風[編集]

  • 双方共にものまねを得意とし、それにちなんだネタを行ったりしていた。特にサブローの横山やすし、シローの西川きよしのものまねは2人を代表するネタのひとつで、「ものまね漫才」の新たなジャンルを開拓した。
  • どちらがボケ・ツッコミというポジションの決まりは特になく、ネタの中でサブローがボケ・シローがツッコミの時もあれば、その逆のシローがボケ・サブローがツッコミの時もある。

ダウンタウンとのエピソード[編集]

ダウンタウンの2人が下積み時代に世話になった先輩芸人は少ないが、唯一サブロー・シローの2人には可愛がられていた。サブロー・シローがラジオ番組「おっと!モモンガ」(ラジオ大阪)のリニューアルに伴い番組を降板する事になり、番組側が新たな出演者を探している時、番組関係者にサブロー・シローは「次はダウンタウンにやらしたってくれ」「こいつら面白いからやらしてやってくれ」と彼らを薦め、ラジオ大阪も冒険だった(松本人志談)が、無名にも関わらず番組の新レギュラーとしてダウンタウンが出演する事になる。これがダウンタウンにとって初のレギュラー番組となった。後年、松本は「ものすごくいい勉強になった、『ガキの使い』のフリートークの原形みたいなものだった」と振り返っている[3] 。現在ではダウンタウンとサブロー・シローとの共演はないが、今もって若手の頃に良くしてもらったことを感謝している。「ごぶごぶ」(36回)では浜田雅功がサブローと偶然出会い、握手を交わしている。「快傑えみちゃんねる」ではサブローが松本から笑い飯を紹介されたことなどを話している。「さんまのまんま」では松本・サブロー・オール巨人・島田紳助で会合が合ったことを明かしている[4]

ものまねのレパートリー[編集]

受賞歴[編集]

出演していた番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

レコード・CD[編集]

弟子[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ABCテレビナンバ壱番館』でのエピソードVTRより
  2. ^ 『芸能人はなぜ干されるのか』鹿砦社
  3. ^ 松本人志著 「松本坊主」
  4. ^ 2007年6月1日放送回『さんまのまんま』