太陽がくれた季節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
太陽がくれた季節
青い三角定規シングル
初出アルバム『太陽がくれた季節/素足の世代』
B面 青春の旅
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 山川啓介いずみたく
ゴールドディスク
チャート最高順位
青い三角定規 シングル 年表
翼を忘れた天使たち
(1971年)
太陽がくれた季節
(1972年)
素足の世代
(1972年)
テンプレートを表示

太陽がくれた季節(たいようがくれたきせつ)は、1972年に発売された青い三角定規シングルである。作詞は山川啓介、作曲はいずみたくによる。1972年版の編曲は松岡直也による。

概要[編集]

1972年2月に日本コロムビアからシングル盤が発売された。日本テレビ系列で放送された青春ドラマ『飛び出せ!青春』の主題歌として採用され、売り上げが80万枚[1]、または100万枚を超えるヒットとなった。オリコンの集計では50万枚。

この曲を歌った青い三角定規は、この曲で1972年度の『第14回日本レコード大賞』新人賞を受賞[2]。またNHKの『第23回NHK紅白歌合戦』に出場し、紅白初出場を果たす。ただしメインボーカルが女性の西口久美子であるにもかかわらず、紅組ではなく、白組出場となった。

青い三角定規は、この後は大きなヒットに恵まれず[1]一発屋となってしまった。

この曲は小学校、中学校の音楽教科書にも掲載されており、世代を超えてもなお小中学生達から歌われ続けている。

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、153頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  2. ^ 同年の『レコード大賞』「最優秀新人賞」受賞曲は麻丘めぐみの『芽ばえ

関連項目[編集]