奥村公延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おくむら こうえん
奥村 公延
本名 奥村 進(おくむら すすむ)[1]
生年月日 (1930-03-31) 1930年3月31日
没年月日 (2009-12-24) 2009年12月24日(満79歳没)
出生地 日本の旗 日本秋田県
死没地 日本の旗 日本東京都武蔵野市[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台特撮
活動期間 1955年 - 2009年
活動内容 主に脇役
配偶者 あり[1]
主な作品
テレビドラマ
好き! すき!! 魔女先生
爆竜戦隊アバレンジャー
新選組!
映画
あゝ野麦峠
お葬式
大誘拐

奥村 公延(おくむら こうえん、本名及び旧芸名は奥村 進[1]1930年(昭和5年)3月31日[2] - 2009年(平成21年)12月24日[1])は、日本俳優秋田県出身。専修大学卒業。

来歴・エピソード[編集]

現代制作舎所属。左利き趣味ジャズ社交ダンス江戸芸。特技は英語。弟子の自主映画製作者・監督の小美濃たつやは自主映画映像のオミプロの主宰者。

もともとは普通に勤め人をしていて、「このまま自分は淡々とした人生を送って行くんだろうなと思っていた」という。1955年、銀座にたまたま行きつけの飲み屋があり、ここの女性従業員が新劇劇団「近代劇場」のプロデューサーと知り合いだったことから、このプロデューサーからテレビ番組の『ダイヤル110番』(日本テレビ)での役探しを頼まれ、奥村を紹介したところ、これが俳優デビューとなった[2]。「芝居の“し”の字も知らなかったし、役者になれるともなろうとも思っていなかったが、やってみると面白く、そのままこの世界に入ることになった」と語っている[2]

早速この劇団のプロデューサーに入団を申し込んだが、「とにかく食っていけませんよ」と念押しされた。独身だったので構わず入団したが、入ってみるとこの劇団は難しい芝居ばかりで、もっと大衆的なものを演りたかったことから2〜3カ月で辞めることになった[2]

「近代劇場」退団後、いくつかの劇団を転々としたが、「最初に言われた通り、本当に食っていけなかった」という。その後、さまざまな劇団から呼ばれたり、事務所にかけもち所属してテレビに出たりという生活を続けた。河津清三郎らが所属していた「第一協団」に入ったこともあったが、「無名の役者を売るのは疲れる」と言われ、一年でクビになったこともあった[2]

この年、『ゴジラの逆襲』(東宝)に群衆役で出演。ゴジラから逃げ惑う役を貰い、嬉しくて親戚に電話をしたが、劇場で観たところ、怪獣ゴジラとの対比で人間が小さすぎて、自分でもどこに写っているのかわからなかったという[2]

創生期のTBSのドラマに数多く関わり、飯島敏宏監督のもと、1961年の『月曜日の男』に多数ゲスト出演[2]。TBSでは『ウルトラQ』や『ウルトラマン』など、ウルトラシリーズ円谷プロ)にも出演した[2]。奥村は飯島監督については、「自由に演らせてくれる監督で、鈴木清順と同じく、役者のいいところを引き出してくれる。現場の雰囲気もとてもよく、印象に残っている」と語っている[2]。達者な動きから、1967年の『ジャイアントロボ』(NET、東映)では、被り物をつけて宇宙怪物「吸血鬼ドラキュラン」を演じた[3]

1971年の『仮面ライダー』(毎日放送東映)では、ゲスト出演作である第10話「よみがえるコブラ男」がちょうど主演の藤岡弘が撮影現場で事故で重傷を負った回に当たり、このときちょうど奥村はロケバスで待機中だった。事故の一報を聞いて現場に駆け付け、「救急車!」と叫んで駆け回ったという[2]

1984年、『お葬式』では、最初に伊丹監督から脚本を一読させられたあと、「何の役だと思います?」と訊かれた。伊丹監督から「死体の役ですよ」と言われた時はびっくりしたという[2]。この死体役を演じるために練習を重ね、数分間息を止められるようになったといい、この努力が高く評価されて、「日本一の死体役」と絶賛された[1]。共演の笠智衆からは、「この映画の主役はあなたですよ、ラストシーンはあなたのアップでしょう」と言われたという[2]。「長年役者をやってきたけど、この役をやってから、やっと食えるだけのギャラがもらえるようになりました」と述べている。

2001年の『BROTHER』では、初めてヤクザの親分を演じた。北野武監督からは「奥村さんはそのまま何もしないでいいですよ、ホントのヤクザの親分は奥村さんみたいなんです」と言われたという[2]

2002年(平成14年)、NHKの『スタジオパークからこんにちは』に出演。ドラムを叩いたり、浴衣で踊る姿が反響を呼び、この年から全国各地の福祉施設の依頼を受けて公演に回った[2]。「無名時代はそういうお声は全くかからなかったんですけどね」と語っている[2]

アクの強くないタイプで、市井の小市民役を得意とし、マンションの管理人役などは非常に多い。

大滝秀治とは将棋仲間だったという[2]

2003年の『爆竜戦隊アバレンジャー』(テレビ朝日・東映)では、杉下竜之介役で出演[2]。同作の映画版『爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!』では、ビキニ姿にされるシーンがあり、「これは見どころではないでしょうか」と語っている[4]

2009年(平成21年)12月24日東京都武蔵野の病院で呼吸器不全のため死去[1][5]。79歳没。2010年(平成22年)1月公開の映画『アイ・アム I am.』、2010年3月公開の川端康成原作オムニバス映画『掌の小説』が事実上の遺作となった。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
NTVYTV
TBS
MBS
CX
KTV
ANB-EX(旧NET
ABC
テレビ東京
WOWOW

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 末広がりで別れよう 舞台と映画に生きた30年(論創社、1987年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 日刊スポーツ (2010年1月15日). “「日本一の遺体」奥村公延さん昨年末死去”. 2014年4月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「SPECIAL Interview 杉下竜之介役 奥村公延」、『東映ヒーローMAX』Vol.5、辰巳出版2003年、 35 - 37頁、 ISBN 978-4886418753。
  3. ^ 朝日ソノラマ・ファンタスティック・コレクションNO24 ジャイアントロボ』
  4. ^ ビ・キ・ニ…大公開!”. 東映ヒーローネット. 2014年4月24日閲覧。
  5. ^ “遺体役で有名となった名脇役死去”. スポニチ Sponichi Annex. (2010年1月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/01/14/kiji/K20100114Z00000230.html 2016年11月27日閲覧。