女性天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

女性天皇(じょせいてんのう)は、女性天皇のこと。古くから女帝漢音じょてい、呉音にょたい)と呼ばれていたが、皇位継承問題の議論が盛んとなった2004年以降、日本の公文書報道では「女性天皇」の表現が用いられることが多くなった。

概説[編集]

日本では過去に8人10代の女性天皇が存在した。彼女ら全員が男系祖先に天皇を持つ男系女性天皇である。そのうちの6人8代は6世紀末から8世紀後半に集中している。また、全員独身寡婦未婚)で即位し、譲位以後も独身を通した[1][2][3]

読み 在位 続柄 配偶者 在位期間 後継
継承
1. 33 推古天皇 すいこ 592年 - 628年 第29代欽明天皇皇女 第30代敏達天皇 35年5ヶ月 崩御
2. 35 皇極天皇 こうぎょく 642年 - 645年 第30代敏達天皇男系曾孫 高向王
第34代舒明天皇
3年5ヵ月 譲位
3. 37 斉明天皇 さいめい 655年 - 661年 6年6ヵ月 崩御
4. 41 持統天皇 じとう 686年 - 697年 第38代天智天皇皇女 第40代天武天皇 7年6ヵ月 譲位
5. 43 元明天皇 げんめい 707年 - 715年 第38代天智天皇皇女 草壁皇子 8年2ヵ月 譲位
6. 44 元正天皇 げんしょう 715年 - 724年 第40代天武天皇男系孫
第43代元明天皇皇女
生涯独身 8年5ヵ月 譲位
7. 46 孝謙天皇 こうけん 749年 - 758年 第45代聖武天皇皇女 生涯独身 9年1ヶ月 譲位
8. 48 称徳天皇 しょうとく 764年 - 770年 5年9ヶ月 崩御
9. 109 明正天皇 めいしょう 1629年 - 1643年 第108代後水尾天皇皇女 生涯独身 13年11ヶ月 譲位
10. 117 後桜町天皇 ごさくらまち 1762年 - 1770年 第115代桜町天皇皇女 生涯独身 8年4ヶ月 譲位
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蘇我堅塩媛
 
29欽明天皇
 
石姫皇女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
33推古天皇
 
30敏達天皇
 
広姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大俣女王
 
押坂彦人
大兄皇子
 
糠手姫皇女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉備姫王
 
茅渟王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
35皇極天皇
37斉明天皇
 
 
 
34舒明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蘇我遠智娘
 
38天智天皇
 
蘇我姪娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
40天武天皇
 
 
41持統天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
49代以降
 
 
草壁皇子
 
 
 
 
43元明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
44元正天皇
 
藤原宮子
 
42文武天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光明皇后
 
45聖武天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
46孝謙天皇
48称徳天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
108後水尾天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
109明正天皇
 
110後光明天皇
 
111後西天皇
 
112霊元天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
115桜町天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
117後桜町天皇
 
116桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
118後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 

奈良時代末期から江戸時代初期までの900年近くにわたって女性天皇は誕生しなかったが、平安時代末期の鳥羽天皇の皇女であった暲子内親王(不婚内親王)が近衛天皇崩御時と安徳天皇西走時の皇位空白の際の2度にわたって皇位継承候補として名前が挙がっている。また、即位式の際の礼服御覧の儀の際に女性天皇の礼服が用意されていたこと、鎌倉時代の文学作品である『とりかへばや物語』には不婚内親王の女性東宮(皇太子)、『わが身にたどる姫君』には天皇の后妃だった内親王の女性天皇が登場していることから、中世前期において実現こそしなかったものの、女性天皇の可能性は意識されていたとする考えもある。[4]

他にも神功皇后も天皇の歴代に数えることが近代以前は行われた。飯豊皇女は、古事記では履中天皇の娘、日本書紀では市辺押磐皇子の娘であるため公式には天皇とされていないが、扶桑略記に「第24代飯豊天皇」とあるため、天皇として扱うべきとの意見もある。二人とも男系祖先に天皇を持つ。

「女性」天皇と「女系」天皇[編集]

上記のように女性天皇とは、単に女性の天皇を指す、個々の天皇の性別について区別する用語であるが、語句の類似性から女系天皇と混同されることが多い。しかし、女系天皇とはその天皇自身の性別にかかわらず、母方から皇室の血統を受け継ぐという血筋について区別する用語である(したがって女系の男性天皇・女系の女性天皇の両方があり得る)ため、両者は本質的に異なる概念である。

即位の背景[編集]

推古天皇
夫の敏達天皇の崩御後、実子の竹田皇子は幼少であったため即位が見送られ、兄の用明天皇が皇位に立つが2年で崩御。その次は異母弟の崇峻天皇が即位するも5年後に暗殺。竹田皇子はまだ未成年であったのと他の候補擁立勢力を抑えるため周囲に薦められ自身が天皇となる。その後竹田皇子が薨去したため甥の厩戸皇子(聖徳太子)を皇太子とするも先立たれ、後継者を指名することなく崩御。次期天皇には敏達天皇の孫の舒明天皇が即位した。
皇極天皇
元々は第34代舒明天皇大后であり、皇女(天皇の娘)だった推古天皇とは違い宝皇女(皇極天皇)の続柄天皇曾孫にしか過ぎなかった。
舒明天皇の崩御後、後継の有力候補は①舒明の長子古人大兄皇子、②聖徳太子の遺児・山背大兄王、③舒明と宝皇女の子の中大兄皇子らがいた。このうち、古人大兄皇子は蘇我馬子の孫でもあり蘇我氏が最も強力に推していた。宝皇女としてはここで古人大兄皇子が即位してしまうと、自身の子である中大兄皇子の将来の即位が無くなるわけではないが相当先になってしまう恐れがあった。この時代の成人年齢は今とほぼ同じ20歳であり、貴族たちはこの年齢になってから位階を与えられ朝廷の役職に就いていたため、舒明崩御時点で16歳の中大兄皇子は時期尚早だった。
その上、中大兄と古人大兄には共通する政敵・山背大兄王がいた。2人より年長で政治経験も豊富な有力候補であった。しかも中大兄と古人大兄が同じ第30代敏達天皇系の子孫であるのに対して、山背大兄王は第33代用明天皇系の子孫という別系の皇統であった。この系統に移るのを阻止するのを目的として中大兄・古人大兄陣営両派の一致し、また蘇我氏にしても暫定的な皇位なことは周知のことで強引に押す必要はなく、皇極天皇(宝皇女)即位を支持したのだと考えられる。[5]
第35代天皇に即位した皇極だったが諸豪族の動向など国情は不安定であった。皇極2年、反乱が起きる芽を摘むため、複数の王族により山背大兄王含む聖徳太子の子孫が滅ぼされた。暫定的な中継ぎ天皇の皇極天皇体制に対する不満が朝廷内に高まり、次代による改革を望む声が上がり始めており、最早限界に近づいていた。そうした状況を背景に山背大兄王亡き後、蘇我入鹿が皇極に対し舒明天皇の長子である古人大兄へ譲位を要求するのは時間の問題だった。入鹿はその後古人大兄のもとで強権的な体制を作る考えだったと見られ、我が子を即位させたい皇極天皇はかなり追い詰められていたと思われる。
皇極4年、日本史上に残る大クーデター乙巳の変が勃発。蘇我入鹿も含め蘇我氏本宗家が滅亡。大化の改新と呼ばれる改革を実行した。
しかしまだこの時点でも中大兄は20歳で政治経験も浅く、さらに大化の改新の首謀者の一人であったため回避した。皇極は中大兄を皇太子にし、同母弟で中大兄の同母妹の間人皇女の夫である軽皇子(第36代孝徳天皇)に譲位した(日本史上初の譲位)。[6]
斉明天皇
大化の改新8年後、28歳になった中大兄皇子はそろそろ即位を望んでいたが、孝徳天皇は譲位の意思を示さなかった。このころはまだ女性天皇の譲位はあっても男性天皇の譲位は定着しておらず、また基本的には男性天皇は終身在位だったことが理由として挙げられる。
孝徳天皇は難波長柄豊碕宮摂津国難波)を造営し、そこを都と定めた。しかし翌年653年、中大兄皇子が孝徳天皇に倭京飛鳥京)に帰ることを奏請したがもちろん拒否した。するとなんと中大兄皇子は母の皇祖母尊(皇極前天皇)・妹で孝徳天皇の皇后である間人皇女、弟の大海人皇子らとともに孝徳天皇を置いていって飛鳥に帰ってしまったのだった。これに続いて中臣鎌足ら諸豪族・官人たちもみな中大兄に付いて行ってしまった。
前年完成したばかりの難波長柄豊碕宮を置いていかれ、しかも自分の妻・間人皇女までにも捨てられてしまった孝徳は相当なショックを受けた。このことからおそらく譲位の際に皇極天皇と孝徳天皇の間で中大兄皇子への譲位の合意ができてなかったと思われる。
失意の末、孝徳天皇は翌年病気になって崩御。次代には再び皇祖母尊(皇極天皇・宝皇女)が第37代斉明天皇として62歳で即位(日本史上初・日本史上2例しかない重祚)。
なぜこの時、中大兄皇子が即位しなかったのかについては諸説あるが、孝徳天皇がほぼ強制的に退位させられてに等しいかったため、次期天皇の即位は皇位の強奪に見える恐れがあったからだと思われる。この点では孝徳の姉で前天皇である皇極ならその印象は希薄になると判断したと推測される。またこれまで通り皇太子であったほうが実権を持ちやすいと判断したという説もある。『藤氏家伝』には即位した斉明天皇は「悉く庶務を以って皇太子に委ねる。皇太子、言毎に諮りて決し、然るして後に施行す」とある[注 1]。斉明天皇はそのまま崩御するまで即位し続けた。7年後ついに次代に中大兄皇子が第38代天智天皇として即位した。[7]
持統天皇
天武天皇の皇后時代から政治に参画していた。[5]天武天皇が病気がちになると統治者として政務を代行。天武天皇崩御後、後継候補であった大津皇子を処刑し、子である草壁皇子を後継者として計画していたが、数年後に薨御。草壁皇子の子である軽皇子(後の文武天皇)は幼かったため自身が即位。11年後、軽皇子に譲位し史上初の太上天皇になった。
元明天皇
息子の文武天皇が25歳の若さで崩御。孫の首皇子(後の聖武天皇)はまだ幼かったため自身が即位。皇后を経ないで即位したのは史上初。8年後、自らの老いと疲労とを理由に娘の氷高皇女(元正天皇)に譲位。
元正天皇
皇太子である甥の首皇子(聖武天皇)がまだ若いため、母・元明天皇から譲位を受け即位。母から娘への皇位継承は歴代で唯一。9年後に首皇子に譲位。
孝謙天皇・称徳天皇
聖武天皇光明皇后の間には男子が育たず、安積親王(異母弟)は後ろ盾を持たなかったため、史上唯一の女性皇太子となる。6年後に安積親王が薨去し聖武天皇の皇子が不在となり、749年に父の譲位により即位。758年に大炊王(淳仁天皇)に譲位し太上天皇となる。その後藤原仲麻呂の乱により淳仁天皇が廃位し、史上唯一太上天皇から皇位に復帰。崩御後、度重なる粛清によって天武天皇の嫡流(男系)がいなくなっていた。
明正天皇
紫衣事件で幕府に激怒した後水尾天皇が幕府への通告を全くしないまま当時7歳の興子内親王に譲位。治世中は後水尾上皇による院政が敷かれ実権を持つことはなかった。14年後異母弟の紹仁親王(後光明天皇)に譲位。
後桜町天皇
桃園天皇が22歳の若さで崩御。皇子の英仁親王(のちの後桃園天皇)が5歳の幼さだったこと、摂関家が宝暦事件の時のように天皇との対立を恐れたことから一時的に即位。8年後甥である後桃園天皇に譲位して上皇となった。[5]

これまでの考え方。─すべての天皇は中継ぎである(2017.3現在)─[編集]

一般的には記紀の記述を尊重し、過去に存在した女性天皇は全員が男系の女性天皇であったとされている。歴史学界では、女性天皇は男系男子天皇と男系男子天皇の間をつなぐ「女帝中継ぎ論」もあるが、孝謙天皇のように女性皇太子を経て正式に即位した女性天皇も存在する。ただし、その孝謙天皇についても、彼女を皇太子とした父の聖武天皇遺詔において道祖王を皇太子として指名(後、廃太子)していることから、彼女もまた適切な候補者が見つかるまでの中継ぎであったとする説もある[8]が、皇位を繋ぐ役目として天皇を認めるならば、すべての天皇は中継ぎであるという見解もあり得る。

女性天皇に関する動き[編集]

現行の皇室典範第1条には、「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。」と定められている。皇族男子は秋篠宮文仁親王以来、40年間誕生せず、皇太子徳仁親王の第一子も女子である敬宮愛子内親王であったことから、女性天皇や女系天皇を認めるように皇室典範を改正しようとする動きが見られていた(皇位継承問題を参照)。平成18年(2006年9月6日に41年ぶりの男性皇族である悠仁親王が誕生したが、若い男性皇族不足が解決されたわけでもないため、皇位継承問題は終わっていない(問題を先送りしただけ)とする意見がある。

さらには、女性天皇の容認を難しくしている事情として「神道儀礼」の問題がある。皇室が行う神道儀礼には女性が行うことが出来ない儀礼が多種存在する。歴代女性天皇もその行事のみは中止していた。近年は、高齢である今上天皇の健康への配慮、負担軽減のため、祭祀の簡略化や調整もあることから祭祀は時節に向き合う時に流動的に対応可能であり女性天皇を真っ向から否定するものではない、という根拠になり得るものではある。

海外の女性君主[編集]

  • 在位年順
生年 在位年 続柄
エリザベス2世
Elizabeth II
Queen Elizabeth II March 2015.jpg 1926年4月21日
(91歳)
イギリスの旗イギリス
 Personal flag of Queen Elizabeth II.svg 英連邦王国
1952年2月6日
(65年間)
ジョージ6世第1子
マルグレーテ2世
Margrethe II
Drottning Margrethe av Danmark.jpg 1940年4月16日
(77歳)
デンマークの旗デンマーク 1972年1月14日
(45年間)
フレゼリク9世第1子

現在の女性天皇候補[編集]

内親王女王[9][10]
読み 生年月日 現年齢 今上天皇から
見た続柄 / 皇統
世数[11]
愛子内親王 あいこ 2001年(平成13年)12月1日 15歳 皇孫 / 皇太子徳仁親王第一女子 二世
眞子内親王 まこ 1991年(平成3年)10月23日 25歳 皇孫 / 文仁親王第一女子 二世
佳子内親王 かこ 1994年(平成6年)12月29日 22歳 皇孫 / 文仁親王第二女子 二世
彬子女王 あきこ 1981年(昭和56年)12月20日 35歳 皇従姪/ 大正天皇皇曾孫 三世
瑶子女王 ようこ 1983年(昭和58年)10月25日 33歳 皇従姪/ 大正天皇の皇曾孫 三世
承子女王 つぐこ 1986年(昭和61年)3月8日 31歳 皇従姪/ 大正天皇の皇曾孫 三世
絢子女王 あやこ 1990年(平成2年)9月15日 26歳 皇従姪/ 大正天皇の皇曾孫 三世

※順序は皇位継承の順序に準ずる。

また、現在皇族男子で最年少は悠仁親王の10歳である。

脚注[編集]

  1. ^ 『皇位継承のあり方』 所功 PHP新書 2006年 p51
  2. ^ 『皇位継承』高橋紘 所功 文春新書 平成10年
  3. ^ 『語られなかった皇族たちの真実』竹田恒泰 小学館 2006年
  4. ^ 山田彩起子『中世前期女性院宮の研究』(思文閣出版、2010年) ISBN 978-4-7842-1496-9 P281-282
  5. ^ a b c 『歴代天皇総覧』笠原秀彦 中公新書2001年
  6. ^ 『女帝と譲位の古代史』水谷千秋 文藝春秋 平成15年 p90-p102
  7. ^ 『女帝と譲位の古代史』水谷千秋 文藝春秋 平成15年 p102-p112
  8. ^ 佐藤長門「史実としての古代女帝」(初出:『東アジアの古代文化』121号、2004年/所収:佐藤『日本古代王権の構造と展開』吉川弘文館、2009年 ISBN 978-4-642-02471-6)
  9. ^ 2014年(平成26年)10月5日典子女王皇籍離脱以降から現在の内親王女王一覧
  10. ^ 皇室の構成図(平成28年4月1日現在)
  11. ^ 直系尊属天皇から数えた数

関連項目[編集]


引用エラー: 「注」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つからない、または閉じる </ref> タグがありません