姿美千子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
すがた みちこ
姿 美千子
姿 美千子
雑誌『大映グラフ』1963年11月号表紙
本名 橘 郁子
生年月日 (1945-05-28) 1945年5月28日(71歳)
出生地 日本の旗 日本, 北海道
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優歌手
活動期間 1961年 - 1971年
活動内容 映画テレビドラマ
配偶者 倉田誠(プロ野球選手)
著名な家族 妹:橘和子(元女優)

姿 美千子(すがた みちこ、1945年5月28日[1] - )は、日本の元女優歌手。本名は橘郁子(旧姓)。夫は元プロ野球選手倉田誠。妹の橘和子日活で女優を務めた。

来歴[編集]

北海道札幌市出身[1]。生家は中島公園近くの紺屋『橘屋』[2]。曽祖父は石川県の人で19世紀後半に渡道、当地で代々染物業を営んでいた[2][3]。ちなみに、遠祖は四国地方忍者をしていたという[3]。5人兄妹の3番目(次女)[4]札幌静修高等学校から転校し、日本大学第二高等学校卒業[1]。1961年、大映すっとび仁義』の主演・橋幸夫の相手役募集に応じて当選。同年10月、大映に入社し同作品でデビュー。

以後は、スターが不足していた当時の大映で、『すてきな16歳』『若い樹々』『高校三年生』など、倉石功とのコンビで数多くの青春映画に主演し、清楚な容姿と親しみやすいキャラクターで人気を集めた。また、市川雷蔵主演『眠狂四郎炎情剣』『剣鬼』、田宮二郎主演『鉄砲犬』『勝負犬』、勝新太郎主演『続・酔いどれ博士』など男優たちの作品で相手役も務めた他、『温泉女中』『温泉巡査』などのコメディーでも活躍。1967年には、モスクワ国際映画祭に出席のため、ソビエト連邦(当時。現・ロシア連邦)の首都モスクワを訪れている。

しかし、大映がセクシー路線に転じた1960年代後半以降は役に恵まれず、1968年に退社。以後はテレビドラマに活動の場を移し、『ザ・ガードマン』『氷壁』『君は海を見たか』などに出演。

1971年3月、読売ジャイアンツ投手(当時)の倉田誠と結婚して引退。家庭の人となった。

人物[編集]

当時の映画スターの中では、テレビドラマの出演には積極的だった。テレビの撮影のテンポの早さが気に入っていたのと、テレビに出た後の視聴者からの反響が大きかったからというのがその理由。TBS『そろりと参ろう』では、当初初回のみの出演予定だったが、2回目以降も出演出来るように脚本家を口説いたという[5]

受賞[編集]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • すっとび仁義(1961年、安田公義監督) :お雪 役
  • 明日を呼ぶ港(1961年、島耕二監督) :佐々木明子 役
  • 花の兄弟(1961年、池広一夫監督) :お美津 役
  • すてきな16才(1962年、寺島久監督) :大月克美 役
  • 悲恋の若武者(1962年、西山正輝監督) :お品 役
  • かっこいい若者たち(1962年、弓削太郎監督) :丸岡ミチ子 役
  • やくざの勲章(1962年、井上梅次監督) :民代 役
  • 若い樹々(1963年、原田治夫監督) :立花理々子 役
  • てんやわんや次郎長道中(1963年、森一生監督) :おかよ 役
  • 温泉女中(1963年、瑞穂春海監督) :弓子 役
  • 温泉巡査(1963年、原田治夫監督) :望月マリ 役
  • 高校三年生(1963年、井上芳夫監督) :小杉知子 役
  • 温泉女中(1964年、木村恵吾監督) :吉弥 役
  • 無茶な奴(1964年、島耕二監督) :大滝ユキ 役
  • 続・高校三年生(1964年、弓削太郎監督) :高津明子 役
  • 制服の狼(1964、弓削太郎監督) :西山和代 役
  • 幸せなら手をたたこう(1964年、湯浅憲明監督)中原ゆき 役
  • 眠狂四郎炎情剣(1965年、三隅研次監督) :かよ 役
  • 大捜査網(1965年、村山三男監督) :節子 役
  • 鼠小僧次郎吉(1965年、三隅研次監督) :小夜 役
  • 雲を呼ぶ講道館(1965年、弓削太郎監督) :弥生 役
  • 青いくちづけ(1965年、井上芳夫監督) :秋野君子 役
  • 妻の日の愛のかたみに(1965年、富本壮吉監督) :純子 役
  • 剣鬼(1965年、三隅研次監督) :お咲 役
  • 大怪獣ガメラ(1965年、湯浅憲明監督) :桜井信代 役
  • 鉄砲犬(1965年、村野鐵太郎監督) :小玉照子 役
  • 破れ証文(1966年、田中重雄監督) :水野あき子 役
  • ほんだら捕物帖(1966年、森一生監督) :お蔦 役
  • (1966年、池広一夫監督) :お梅 役
  • 続・酔いどれ博士(1966年、井上昭監督) :芳江 役
  • にせ刑事(1967年、山本薩夫監督) :山口美恵子 役
  • 海のGメン 太平洋の用心棒(1967年、田中重雄監督) :佐藤洋子 役
  • 勝負犬(1967年、井上芳夫監督) :中沢律子 役
  • 関東女賭博師(1968年、井上芳夫監督) :悦子 役

テレビドラマ[編集]

レコード[編集]

  • 「十和田湖エレジー / 夜霧の中でさようなら」 - A面は平泉征(現・平泉成)とのデュエット

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「日本映画人名事典・女優編(キネマ旬報社・1995年)」
  2. ^ a b 近代映画』1963年12月号
  3. ^ a b 女学生の友』 1966年8月号(小学館)188-193ページ
  4. ^ 「夢見る高校生スター スクリーンのアイドル・姿美千子」『週刊明星』1963年8月4日号
  5. ^ 「よろしく 姿美千子さん 札幌育ちの明るい近代娘」朝日新聞1963年12月19日付7面