学校法人同志社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
学校法人同志社
同志社の学章
同志社の学章
創立者 新島襄
理事長 八田英二
総長=八田英二
創立 1875年
所属学校 同志社大学
同志社女子大学
同志社中学校・高等学校
同志社女子中学校・高等学校
同志社香里中学校・高等学校
同志社国際中学校・高等学校
同志社小学校
同志社国際学院初等部
­同志社国際学院国際部
同志社幼稚園
所在地 京都市上京区今出川通烏丸東入
ウェブサイト 公式ウェブサイト
Project.svg プロジェクト:学校/学校法人の記事について
Portal.svg Portal:教育
テンプレートを表示

学校法人同志社(がっこうほうじんどうししゃ、英語: The Doshisha)は、同志社幼稚園同志社小学校から同志社大学同志社女子大学までの9学校園を擁する学校法人

株式会社格付投資情報センター (R&I) から、 <AA+> を取得している。日本の学校法人の中で、この格付けを維持しているのは同志社と早稲田大学の2法人のみである。[1]

概観[編集]

建学の精神[編集]

同志社大学今出川校地良心碑

同志社の建学精神はキリスト教精神に基づく「良心」である。創立者である新島襄は建学の目的として、「良心を手腕に運用する人物」の育成を掲げた。知識教育に偏ることのないよう、キリスト教に基づく「徳育」を並行して進めることで、「良心の全身に充満」した人々を輩出したいと願ったのである。その思いを彼の筆跡のまま刻んだ碑が、同志社大学などの諸学校に存在する。この良心碑には、「良心之全身ニ充満シタル丈夫ノ起リ来ラン事ヲ」という言葉が刻まれている。

また、この「良心」教育を具体的に実現するための教育理念として、「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」が掲げられ、これらを通じて「一国の良心」たる人物を輩出することを目指している。

学風および特色[編集]

キリスト教プロテスタント系の学校法人で、会衆派教会(組合教会)の流れをくむ。しかし、いわゆるミッションスクールとは性質が異なり、キリスト教伝道を主たる目的としない(教育そのものを伝道の手段としない)。

沿革[編集]

略歴[編集]

1875年明治六大教育家の一人である新島襄により設立された同志社英学校を前身とする学校法人

年表[編集]

学校法人同志社内の諸学校 及び その関係校[編集]

大学[編集]

同志社大学(京田辺キャンパス)

中高一貫校[編集]

小学校[編集]

幼稚園[編集]

関係校[編集]

過去にあった学校[編集]

歴代総長[編集]

(1918年以前は社長)

総長 在任時期 備考
1 Jo Niijima.jpg 新島襄 1875年 - 1890年 同志社大学の前身、同志社英学校の創立者、校祖
Kakuma Yamamoto (1828-1892).jpg 山本覚馬 1890年 - 1892年 会津藩士、軍事取調役兼大砲頭取、公用人、京都府会初代議長
京都商工会議所会頭、新島の義兄
2 Kozaki.JPG 小崎弘道 1892年 - 1897年 日本組合基督教会会長、日本基督教連盟会長
Ichihara Morihiro.jpg 市原盛宏 1894年 朝鮮銀行初代総裁、横浜市
Eisuke Nakamura.jpg 中村栄助 1898年 衆議院京都市会議長、京都鉄道会社理事、京都電燈会社取締役
伏見紡績会社社長、平安紡績会社社長
3 Pastor Tokio Yokoi.jpg 横井時雄 1897年 - 1899年 逓信省官房長、衆議院議員、横井小楠子息
4 Seito Saibara.jpg 西原清東 1899年 - 1902年 衆議院議員、アメリカテキサス州開拓日本人移民のパイオニア
5 Kataoka Kenkichi.jpg 片岡健吉 1902年 - 1903年 自由民権運動推進者、衆議院議長
6 Kotaro Shimomura.jpg 下村孝太郎 1904年 - 1907年 化学工学先駆者、大阪舎密工業(現大阪ガス)代表取締役社長、住友化学設立
7 Harada Tasuku.jpg 原田助 1907年 - 1920年 ハワイ大学東洋学部長、ハワイ大学LLD、エディンバラ大学LLD、アマースト大学LLD
8 EbinaDanjo.jpg 海老名弾正 1920年 - 1928年 キリスト教思想家、言論界における重鎮
9 Gintaro Taikubara.jpg 大工原銀太郎 1929年 - 1935年 農学者、九州帝国大学第三代総長
10 Hachiro Yuasa 01.jpg 湯浅八郎 1935年 - 1941年 昆虫学者、国際基督教大学初代総長
11 Doshisha-emblem.jpg 牧野虎次 1941年 - 1947年 東京家庭学校校長兼理事長、京都府社会福祉協議会会長、京都府教育委員会委員長
南満州鉄道社会課長、内務省嘱託、大阪府社会課嘱託
12 Hachiro Yuasa 01.jpg 湯浅八郎 1947年 - 1950年
13 Doshisha-emblem.jpg 大塚節治 1950年 - 1963年 神学者
14 Doshisha-emblem.jpg 住谷悦治 1963年 - 1975年 現代新聞批判、夕刊京都新聞社長、周恩来首相と会談
15 Doshisha-emblem.jpg 上野直蔵 1975年 - 1985年 大学基準協会会長
16 Doshisha-emblem.jpg 松山義則 1985年 - 2001年 心理学者
17 Doshisha-emblem.jpg 大谷實 2001年 - 2017年 刑法学者、司法試験考査委員、法務省人権擁護推進審議会委員、元学長
なお、当代より総長職と理事長職を分離。
理事長は、2013年4月から2017年4月22日まで同志社大学神学部教授である水谷誠が務めていた[2]
18 Doshisha-emblem.jpg 八田英二 2017年 - 現職 経済学者。1998年4月から2013年3月まで同志社大学長を務めていた。また、2011年10月から2013年3月まで学校法人同志社の理事長を兼任していた。その後、2016年に発生した廃棄物処理法違反事件により同法人が罰金の略式命令を受けたことに伴い、2017年4月22日に前理事長である水谷誠が引責辞任。同日実施の定例理事会で八田が理事長に選出され、総長と理事長を兼任する体制となる。

施設[編集]

新島会館・京都市上京区
  • 同志社びわこリトリートセンター
同志社創立125周年を記念して「キリスト教主義教育・国際交流」を目的に作られた施設。宿泊施設や各種運動設備があり、学校法人同志社の関係者や、学生が、ゼミやサークル活動において利用できる。
  • 新島会館
新島襄が住んだ家の庭内にある会館。本館と別館があり、同窓会などに利用されている。

社会との関わり[編集]

文化財[編集]

同志社には以下の文化財が存在している。

重要文化財[編集]

同志社大学今出川校地 礼拝堂(重要文化財)
同志社大学今出川校地 クラーク記念館(重要文化財)※大規模改修前
同志社大学今出川校地:ハリス理化学館(重要文化財)

同志社に存在する日本国政府に指定された重要文化財には以下のものがある。

  • 建築物
    • 同志社礼拝堂 (同志社大学今出川校地)
      • 番号:1575
      • 種別1:学校建築
      • 指定年月日:1963年7月1日
      • 年代:1886年(明治19年)
      • 構造形式:煉瓦造、建築面積316.0m2、一階建、一部中二階及び地下室付、鉄板葺
      D・C・グリーンが設計し、1886年に竣工。アメリカン・ゴシック調の鉄板葺き煉瓦造り。アメリカン・ボードの寄付によって建築。日本におけるプロテスタント派の煉瓦造りの礼拝堂としては現存する最古のもの。施工は有終館も請け負った三上吉兵衛。ステンドグラスが美しく、徳冨蘆花の小説、『黒い眼と茶色の目』の中で「五色の光線」が降ると形容された。1963年に国の重要文化財に指定され、1987年から1990年まで半解体修理工事が行われた。現在も礼拝堂として使用されており、毎週礼拝も行われている。また、週末には同志社関係者に限り結婚式を挙げることもできる。同志社の礼拝堂としては2代目(初代は木造)。
    • 彰栄館 (元同志社中学校)
      D・C・グリーンが設計し、1884年に竣工。アメリカン・ゴシック調の瓦葺きの煉瓦造り。アメリカン・ボードの寄付によって建築。京都市内に現存する煉瓦建築の中では最古のもの。東側に向いた左右対称の建物である。1951年に同志社中学校の教室棟として増築された新彰栄館が、正面右側に接触していたため、左右対称のファサードが長く見られなくなっていたが、新彰栄館は2012年末に撤去されている。
    • 有終館 (同志社大学今出川校地)
      • 番号:1575
      • 種別1:学校建築
      • 指定年月日:1979年5月21日
      • 年代:1887年(明治20年)
      • 構造形式:煉瓦造、建築面積352.3m2、二階建、地下一階、桟瓦葺(内装を除く)
      1887年に書籍館として竣工。竣工した当時は日本最大の学校図書館建築物であった。設計はD・C・グリーン。施工は三上吉兵衛。初代大学図書館。1928年昭和天皇が即位式で在京の折、この有終館が出火した。即位式典の場所である御所は同志社今出川校地の隣りなので、大学当局は即位式の間、全学あげて構内の警備をしていた。ところがその詰所にしていた部屋の木製の大火鉢が加熱して出火してしまったのである。これにより当時の海老名弾正総長および理事、監事は引責辞職。同志社は国賊であるかのように罵られたという。燃え残った有終館の駆体は撤去の予定であったが、当時隣の同志社女学校の建築を手がけていた京都帝国大学建築学教授武田五一が修理・保存を勧告、結局外壁の内部に15cmの鉄筋コンクリートの壁を作る方法で保存した。
    • ハリス理化学館 (同志社大学今出川校地)
      • 番号:1575
      • 種別1:学校建築
      • 指定年月日:1979年5月21日
      • 年代:1890年(明治23年)
      • 構造形式:煉瓦造、建築面積587.0m2、東北隅実験室付、桟瓦葺(階段以外の内装を除く)
      アメリカ合衆国コネティカット州ニューロンドンのジョナサン・N・ハリスの寄付によって建設された。設計者は英国王立建築家協会員の ALEX N. HANSELL 。1890年の竣工で、イギリス積みの煉瓦建築。1979年5月21日に重要文化財に指定された。
    • クラーク記念館(同志社大学今出川校地)
      • 番号:1575
      • 種別1:学校建築
      • 指定年月日:1979年5月21日
      • 年代:1894年(明治27年)
      • 構造形式:煉瓦造、建築面積389.4m2、桟瓦葺、西南隅塔屋付、銅板葺
      • 附指定:建築仕様書等1冊、建築設計図1巻
      新島の死後、新島記念神学館建設を目指す運動が開催されたが、なかなか寄付金が集まらなかった。そんな折、新島と同年に幼くしてこの世を去った息子のために、とB・W・クラーク夫妻より寄付があった。その資金で建設されたのがクラーク記念館である。ドイツネオ・ゴシック様式を基調とする建築物で、同志社のシンボル的存在とされる。1894年の開館当時はクラーク神学館と呼ばれ、神学教育・研究の中心として使用された。1979年5月に「設計図」、「新築仕様書」とともに重要文化財に指定された。2003年1月から全面的改修・復原工事が行われ、2007年12月完成。塔屋の緑青色の銅板葺きは竣工当時の鉄板葺きに、大正以来撤去されていたドーマー窓を回復、大棟の宝珠飾りを建設当時の尖塔飾りに交換、煙突雨除け再設置、煉瓦、小屋組み補強、全体耐震化など、かなり大規模な改修・復原が行われた。
フレンドピース館、京都市上京区

国登録有形文化財[編集]

その他[編集]

不祥事[編集]

同志社大学の構内や学生寮で生じたゴミを、京都市の許可を得ずに同市内の焼却施設に運搬したとして、同志社の法人事業部長(同志社エンタープライズ社長も兼任)と清掃管理会社の社長が2016年1月19日京都府警察に逮捕された[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.doshisha.ed.jp/information/info_20110520.html 学校法人同志社がAA+の格付けを取得
  2. ^ 学校法人同志社 新理事長就任について”. 学校法人 同志社 (2013年4月15日). 2013年12月26日閲覧。
  3. ^ 同志社大のゴミを無許可収集か 大学関係者ら逮捕 NHKニュース 2016年1月19日