学生街の喫茶店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
学生街の喫茶店
GARO(ガロ)シングル
収録アルバム GARO2
B面 美しすぎて
※リリース当時はA面
リリース
ジャンル フォーク
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 山上路夫すぎやまこういち
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1973年度年間3位(オリコン)
GARO(ガロ) シングル 年表
地球はメリーゴーランド
(1972年)
学生街の喫茶店
(1972年)
涙はいらない
(1972年)
テンプレートを表示

学生街の喫茶店」(がくせいがいのきっさてん)は、GARO(ガロ)の3枚目のシングル。1972年6月20日発売。発売元は日本コロムビアのマッシュルームレーベル。

解説[編集]

セカンドアルバム『GARO2』からのシングル・カット。リリース時は「美しすぎて」がA面、「学生街の喫茶店」がB面というスタイルであった。のちに「学生街の喫茶店」が有線放送ラジオを中心に人気が出た(TBSラジオヤングタウンTOKYO』では「今月の歌」に選ばれた[1])ため、1972年12月前後からジャケット写真はそのままに、「学生街の喫茶店」のタイトルが目立つようにレイアウト変更されたリニューアル・ジャケット盤に切り替えられていった。

発売自体は1972年6月であったが、(日本コロムビアの金子充孝ディレクター(1972年当時)によると)同年の11月末頃から売れ出し、翌1973年の1月末にガロがテレビ出演したことでヒットの勢いがついた[1]。最もヒットしていたのは1973年の先で、オリコンヒットチャートでは2月19日から4月2日まで7週連続で1位を獲得。1973年の年間ヒットチャートで第3位を記録し、同年を代表するヒット・ソングのひとつとなった。累計売上はミリオンセラーを記録[1]

第24回NHK紅白歌合戦』でも本楽曲を披露。当時のフォークグループとしては、紅白出場歌手に選出されたこと自体も珍しいことであった。また、『日本有線大賞』では新人賞を受賞している[2]

作曲は、GS関連曲のヒットメーカー、さらに1980年代以降にはテレビゲームソフト・ドラゴンクエストシリーズゲームミュージックを手がけたすぎやまこういちによる。上記の第24回紅白ではガロの出演時、指揮者として出演を果たしたほか、間奏で演奏される楽器「コール・アングレ」についてもアナウンス解説者によって紹介された。

楽曲の舞台となった喫茶店は東京・御茶ノ水の明治大学付近にあった喫茶店『丘』など諸説があったが、作詞者の山上路夫は具体的に参考にした店はないとしている[3]。また、山上路夫自身に大学生活の経験はない。

現在、大野真澄のみ存命であるため、ひとりでテレビに出演して「学生街の喫茶店」を披露することがある。また、発売は日本コロムビアであったが、原盤権アルファレコードが所有している関係で、復刻盤CDはソニー・ミュージックエンタテインメントの関連会社「ソニー・ミュージックダイレクト」から発売されている(2006年11月29日発売の『GARO BOX』など)。

収録曲[編集]

全作詞:山上路夫

  1. 学生街の喫茶店(3:09)
  2. 美しすぎて(3:49)

演奏者[編集]

※ セカンドアルバム(CD-7035-Z)に記載された同曲のクレジットより。後に「I Love Rock'n'Roll」を作曲したアラン・メリルがこの曲のセッションでベースを演奏したと主張している。[5]

収録アルバム[編集]

カヴァーした主な歌手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、172-173頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  2. ^ TBS系『第15回輝く!日本レコード大賞』では、別楽曲「ロマンス」で大衆賞を受賞した。
  3. ^ 朝日新聞 be on Saturday (土曜版) 2011年2月12日。
  4. ^ この表記は当該作品が収録されたアルバムのもの。ファースト・アルバムでは原田裕臣となっている。
  5. ^ [1]
  6. ^ デビュー35周年CD-BOX天地真理 プレミアム・ボックス』(2006.10.1、ソニー・レコード)にも収録されている。