宇野なおみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
うの なおみ
宇野 なおみ
生年月日 1989年8月26日(26歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 154 cm
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1996年 -
著名な家族 宇野和男(父)
宇野あゆみ(姉)
事務所 さかがみ企画
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
渡る世間は鬼ばかり

宇野 なおみ(うの なおみ、1989年8月26日 - )は、日本の元子役女優東京都出身。早稲田大学文化構想学部卒業。さかがみ企画所属。

来歴・人物[編集]

父はフリーアナウンサー宇野和男、姉は女優声優宇野あゆみ

姉の影響で演技を始め、1996年、舞台『マダム・バタフライ』で子役としてデビュー。舞台『おしん』での演技を評価され、1998年よりTBS系ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』に野々下加津役でレギュラー出演すると、定番の長セリフをNGを出さずに難なくこなしてしまうことで“天才子役”として称賛され注目を集める存在となった[1]

東京都立六本木高等学校定時制)へ進学するも舞台の仕事が1年のうち9カ月もあったことから思うように単位を取得できず、高等学校卒業程度認定試験を受験して合格し、2008年に早稲田大学文化構想学部へ進学[2]。大学卒業後はカナダへの海外留学も経験した。

英語が得意で、高校在学中には2007年2月3日に行われた『第39回関東地区高等学校定時制通信制高等学校英語レシテーション・コンテスト』において、課題文 "The Fall of Freddy the Leaf"(葉っぱのフレディー)で3位入賞を果たした。

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • マダム・バタフライ(1996年)
  • 放浪記(1996年・1999年、芸術座) - 行商人の子 役
  • おしん(1999年、中日・飛天) - おしん 役
  • ちょいといいかな、女たち(2003年・2005年、芸術座・名鉄ホール) - 佳奈 役
  • 渡る世間は鬼ばかり~舞台版~(明治座・芸術座) - 野々下加津 役
  • 喜和(2005年、 名鉄ホール) - 菊 役
  • 頭痛肩こり樋口一葉(2009年、南座) - 邦子 役
  • オサエロ(2011年、アクアスタジオ) - ヒロイン・夏子 役
  • ザ・ランド・オブ・レインボウズ(2013年、天才劇団バカバッカ、六行会ホール) - 佐田 役
  • 独占!女の70分(2014年、秘密結社ブランコ、ムーブ町屋) - 佐保 役・かず 役
  • PLAY COMIC STORYs(2014年、明石スタジオ) - 中林明菜 役・青山雪絵 役

バラエティ[編集]

脚注[編集]