安房天津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
安房天津駅
駅舎
駅舎
あわあまつ
Awa-Amatsu
安房小湊 (3.4km)
(5.6km) 安房鴨川
所在地 千葉県鴨川市天津1016
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 外房線
キロ程 87.7km(千葉起点)
電報略号 ワツ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
133人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月15日[1]
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示
駅前

安房天津駅(あわあまつえき)は、千葉県鴨川市天津にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)外房線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。ホームは嵩上げされていない。互いのホームは跨線橋で連絡している。上りホームに待合室がある。

安房鴨川駅管理の簡易委託駅で、簡易Suica改札機が設置されている。

2010年平成22年)2月10日より外房線PRC型自動放送が導入された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 外房線 下り 安房鴨川
2 上り 茂原千葉方面
  • ホームは10両編成までに対応する。

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗車人員は133人であった。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。単位は(人)

乗車人員推移
年度 1日平均人員 出典
1990 328
1991 246
1992 276
1993 344
1994 331
1995 309
1996 289
1997 266
1998 255
1999 260
2000 253
2001 247
2002 225
2003 221
2004 229
2005 240
2006 218
2007 196
2008 179
2009 162
2010 160
2011 175 [2]
2012 185 [3]
2013 198 [4]
2014 135 [5]
2015 144 [6]
2016 133 [7]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
天津駅 鴨川市内・館山線 新町・小湊駅行川アイランド 興津駅 鴨川日東バス 急行あり
鴨川市内・館山線 亀田病院鴨川シーワールド鴨川駅 仁右ヱ門島入口 鴨川日東バス 急行あり
天津駅前 北ルート 新町・小湊駅前 鯛の浦 鴨川市コミュニティバス
浦の脇・亀田総合病院・鴨川駅西口 金山ダム
清澄ルート 清澄寺 奥清澄 鴨川市コミュニティバス
天津小湊支所

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
外房線
安房小湊駅 - 安房天津駅 - 安房鴨川駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、22-23頁。
  2. ^ 各駅乗車人員(2011年度)
  3. ^ 各駅乗車人員(2012年度)
  4. ^ 各駅乗車人員(2013年度)
  5. ^ 各駅の乗降人員(2014年度)
  6. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)
  7. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)

関連項目[編集]