宍戸錠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ししど じょう
宍戸 錠
宍戸 錠
本名 宍戸 錠
生年月日 (1933-12-06) 1933年12月6日(83歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市北区
身長 174cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 1955年 -
活動内容 1954年日活ニューフェース
1955年:『警察日記』でデビュー
1959年:『ギターを持った渡り鳥』
1960年:『拳銃無頼帖 抜き討ちの竜』、『海から来た流れ者』
1961年:『ろくでなし稼業』
1994年:『私立探偵濱マイク』シリーズ
配偶者 宍戸游子(本名・宍戸昌子)
(2010年死去)
著名な家族 郷鍈治(実弟)
ちあきなおみ(義妹)
宍戸史絵(長女)
宍戸開(長男)
公式サイト 宍戸錠オフィシャルウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
国盗り物語
勝海舟
ゆうひが丘の総理大臣
あさひが丘の大統領
武田信玄
映画
『渡り鳥シリーズ』
拳銃無頼帖シリーズ
私立探偵濱マイク』シリーズ
バラエティー番組など
巨泉・前武のゲバゲバ90分!!
くいしん坊!万才

宍戸 錠(ししど じょう、1933年12月6日 - )は、日本の俳優大阪府桜宮生まれ、大阪市北区出身。血液型はB型。宍戸錠事務所所属。愛称は「エースのジョー」。実弟は郷鍈治宍戸開は長男。宮城県白石高等学校卒業、日本大学藝術学部演劇科中退。

来歴・人物[編集]

「錠」の由来は子沢山だったため、最後の子にしたいという母の想いから。

父が事業で成功し、5歳の時に家族で東京滝野川へ移り住み、裕福な生活を送る。

小学6年生の頃に東京大空襲で自宅が全焼し、跡地はドサクサに紛れた何者かに居座られ、奪われてしまう(そのために宮城県白石市へ疎開し、高校卒業まで同地で育つ)。

高校ではバスケットボール部に所属していた。

1952年、高校を卒業。大学へ入学するが、2年のときに日活に合格したために中退。

1954年日活ニューフェイス(第1期生)として入所。

1955年、『警察日記』での若い巡査役で銀幕デビュー。この頃は線の細い美青年だったが、1956年にトレードマークとなる豊頬手術を受ける(本人は「失敗だった」と述懐するが、これを機に「アクの強い役=悪役」への転向を見事に果たした)。

映画や創生期のテレビドラマ『事件記者[1]』などに出演。タフでハードボイルドな役柄で小林旭らとともに名を知られ、日活アクション映画の需要もあって、「エースのジョー」と呼ばれて親しまれた(古くから海外ミステリーの熱心な愛読者でもあり、日活の路線も相まって、比較的趣味と近い部分で役柄やイメージを展開していた)。

映画の衰退と共にテレビへと活動の場を移し、テレビドラマはもちろん、『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』に出演したり息子と『くいしん坊!万才』のレポーターを務めた。

豊頬の際に注入された異物(オルガノーゲン)は2001年に摘出手術で取り除いた(摘出までの過程はテレビ放送され、話題となった)。

英国のファッションブランド「トムモリス」のファンで愛用者。

2006年、息苦しさを感じ、心臓血管研究所付属病院での検査の結果虚血性心不全と診断されて即入院。冠状動脈カテーテル・バルーン手術を受けた。

2010年4月16日、妻と死別。

1966年には鈴木恂の設計で邸宅を建てるも[2]2013年2月4日に全焼[3]、妻の死去後は独り暮らしで外出時の出火だった[4]。直後のホテル住まいを経て、翌月からは賃貸マンションで暮らしている 消防署の調べでは古い電熱器のコードが原因だと判明。‘しょうがない、今後の衣服はユニクロで我慢するか’と言っている。

[5]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 警察日記 (1955年、日活
  • 銀座の女 (1955年、日活)
  • おふくろ (1955年、日活)
  • 女中ッ子 (1955年、日活)
  • 青空の仲間 (1955年、日活)
  • 月夜の傘 (1955年、日活)
  • 沙羅の花の峠 (1955年、日活)
  • 顔役 (1955年、日活)
  • 第8監房 (1956年、日活)
  • 朝やけ決戦場 (1956年、日活)
  • 神阪四郎の犯罪 (1956年、日活)
  • 色ざんげ (1956年、日活)
  • 青春をわれらに (1956年、日活)
  • 雑居家族(1956年、日活)
  • 三橋美智也のおんな船頭唄(1956年、日活)
  • しあわせはどこに(1956年、日活)
  • 感傷夫人 (1956年、日活)
  • 若いお巡りさん (1956年、日活)
  • 牛乳屋フランキー (1956年、日活)
  • 川上哲治物語 背番号16 (1957年、日活)
  • 「廓」より 無法一代(1957年、日活)
  • 勝利者(1957年、日活)
  • 反逆者(1957年、日活)
  • 狂った関係(1957年、日活)
  • 誘惑(1957年、日活)
  • 裸女と拳銃(1957年、日活)
  • 燃える肉体(1957年、日活)
  • 乳房と銃弾(1958年、日活)
  • 美しき不良少女(1958年、日活)
  • 錆びたナイフ(1958年、日活)
  • 場末のペット吹き(1958年、日活)
  • 死の壁の脱出(1958年、日活)
  • 踏みはずした春(1958年、日活)
  • 裸身の聖女(1958年、日活)
  • 船方さんよ(1958年、日活)
  • 太陽をぶち落とせ(1958年、日活)
  • 未練の波止場(1958年、日活)
  • 影なき声(1958年、日活)
  • 俺らは流しの人気者(1958年、日活)
  • 危険な群像(1958年、日活)
  • 雑踏に光る眼(1959年、日活)
  • 今日に生きる(1959年、日活)
  • 傷つける野獣(1959年、日活)
  • 拳銃0号(1959年4月28日、日活)
  • 東京の孤独(1959年、日活)
  • 街が眠る時(1959年、日活)
  • 非情な銃弾(1959年、日活)
  • 事件記者(1959年、日活)
  • 海の罠(1959年、日活)
  • 0番街の狼(1959年、日活)
  • 東京警部(1959年、日活)
  • 銀座旋風児(1959年、日活)
  • 渡り鳥シリーズ
    • ギターを持った渡り鳥(1959年、日活)
    • 渡り鳥いつまた帰る(1960年、日活)
    • 赤い夕陽の渡り鳥(1960年、日活)
    • 大草原の渡り鳥(1960年、日活)
    • 波濤を越える渡り鳥(1961年、日活)
  • 銀座旋風児 黒幕は誰だ(1959年、日活)
  • 昼下りの暴力(1959年、日活)
  • 口笛が流れる港町(1960年、日活)
  • 鉄火場の風(1960年、日活)
  • 拳銃無頼帖シリーズ
    • 拳銃無頼帖 抜き射ちの竜(1960年、日活)
    • 拳銃無頼帖 電光石火の男(1960年、日活)
    • 拳銃無頼帖 不敵に笑う男(1960年、日活)
    • 拳銃無頼帖 明日なき男(1960年、日活)
    • 抜き射ちの竜 拳銃の歌(1964年、日活)
    • 拳銃無頼 流れ者の群れ(1965年、日活)
  • 流れ者シリーズ
    • 海から来た流れ者(1960年、日活)
  • 海を渡る波止場の風(1960年、日活)
  • 南海の狼火(1960年、日活)
  • 大暴れ風来坊(1960年、日活)
  • 太平洋のかつぎ屋(1961年、日活)
  • 稼業シリーズ
    • ろくでなし稼業(1961年、日活)
    • 用心棒稼業(1961年、日活)
    • 助っ人稼業(1961年、日活)
  • 早射ち野郎(1961年、日活)
  • 三つの竜の刺青(1961年、日活)
  • 海の勝負師(1961年、日活)
  • 赤い荒野(1961年、日活)
  • ノサップの銃(1961年、日活)
  • 俺は地獄へ行く(1961年、日活)
  • 紅の銃帯(1961年、日活)
  • 早討ち無頼 大平原の男(1961年、日活)
  • メキシコ無宿(1962年、日活)
  • 気まぐれ渡世(1962年、日活)
  • 抜き射ち風来坊(1962年、日活)
  • 大氷原(1962年、日活)
  • ひとり旅(1962年、日活)
  • 燃える南十字星(1962年、日活)
  • 銃弾の嵐(1962年、日活)
  • 硝子のジョニー 野獣のように見えて(1962年、日活)
  • 危いことなら銭になる(1962年、日活)
  • 危険な商売 鉛をぶちこめ(1962年、日活)
  • 探偵事務所23シリーズ
    • 探偵事務所23 くたばれ悪党ども(1963年、日活)
    • 探偵事務所23 銭と女に弱い男(1963年、日活)
  • 悪名高きろくでなし(1963年、日活)
  • 野獣の青春(1963年、日活)
  • 赤い靴とろくでなし(1963年、日活)
  • 関東遊侠伝(1963年、日活)
  • 虎の子作戦(1963年、日活)
  • 遊侠無頼(1963年、日活)
  • 地獄の祭典(1963年、日活)
  • 東海遊侠伝(1964年、日活)
  • 拳銃残酷物語(1964年、日活)
  • 人生劇場(1964年、日活)
  • 河内ぞろ どけち虫(1964年、日活)
  • 肉体の門(1964年、日活)
  • 海賊船 海の虎(1964年、日活)
  • 早射ちジョー 砂丘の決斗(1964年、日活)
  • 河内ぞろ 喧嘩軍鶏(1964年、日活)
  • 現代悪党仁義(1965年、日活)
  • あばれ騎士道(1965年、日活)
  • 河内ぞろ あばれ凧(1965年、日活)
  • 命しらずのろくでなし(1965年、日活)
  • 大日本殺し屋伝(1965年、日活)
  • 三匹の野良犬(1965年、日活)
  • 怪盗X 首のない男(1965年、日活)
  • マカオの竜(1965年、日活)
  • 男の紋章 竜虎無情(1966年、日活)
  • 賭場の牝猫 捨身の勝負(1966年、日活)
  • 日本仁侠伝 血祭り喧嘩状(1966年、日活)
  • 夜霧の慕情(1966年、日活)
  • 大悪党作戦(1966年、松竹大船)
  • 骨まで愛して(1966年、日活)
  • あなたの命(1966年、日活)
  • 暗黒航路(1966年、日活)
  • アジア秘密警察(1966年、日活)
  • 拳銃は俺のパスポート(1967年、日活)
  • 燃える雲(1967年、日活)
  • 殺しの烙印(1967年、日活)
  • 七人の野獣(1967年8月1日、日活)
  • みな殺しの拳銃(1967年、日活)
  • 紅の流れ星(1967年、日活)
  • 七人の野獣 血の宣言(1967年、日活)
  • 君は恋人(1967年、日活)
  • 赤木圭一郎は生きている 激流に生きる男(1967年、日活)
  • 東京市街戦(1967年、日活)
  • 黄金の野郎ども(1967年、日活)
  • 星影の波止場(1968年、日活)
  • 縄張はもらった(1968年、日活)
  • 魔性の女(1968年、アカデミー・プロ)
  • 地獄の破門状(1969年、日活)
  • 夜の牝 花と蝶(1969年、日活)
  • やくざ渡り鳥 悪党稼業(1969年、日活)
  • 博徒百人(1969年、日活)
  • あらくれ(1969年、日活)
  • 前科 ドス嵐(1969年、日活)
  • 博徒百人 仁侠道(1969年、日活)
  • 傷害恐喝 前科十三犯(1969年、日活)
  • 刺客列伝(1969年、日活)
  • 嵐の勇者たち(1969年、日活)
  • やくざの横顔(1970年、日活)
  • 日本最大の顔役(1970年、日活)
  • 捨て身のならず者(1970年、東映東京)
  • ハレンチ学園シリーズ
    • ハレンチ学園(1970年、日東プロ=ピロ企画)
    • ハレンチ学園 身体検査の巻(1970年、日活)
    • ハレンチ学園 タックルキスの巻(1970年、日活)
    • 新・ハレンチ学園(1971年、日活)
  • 喜劇 女もつらいわ(1970年、新国劇映画)
  • ズンドコズンドコ 全員集合!!(1970年、松竹大船)
  • 新網走番外地 大森林の決斗(1970年、東映東京)
  • 男の世界(1971年、石原プロ=日活)
  • 谷岡ヤスジのメッタメタガキ道講座(1971年、日活)
  • 奥様は18歳 新婚教室(1971年、東宝
  • 組織暴力 流血の抗争(1971年、日活)
  • 極楽坊主(1971年、日活)
  • 不良少女 魔子(1971年、日活)
  • 新兵隊やくざ 火線(1972年、勝プロ=東宝)
  • 新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義(1972年、東映東京)
  • 高校生無頼控(1972年、国際放映=東宝)
  • 喜劇ここから始まる物語(1973年、渡辺プロ=東宝)
  • 三池監獄 兇悪犯(1973年、東映京都)
  • 東京ド真ン中(1974年、松竹大船)
  • 仁義なき戦い 完結篇(1974年、東映京都)
  • 新仁義なき戦い(1974年、東映京都)
  • 日本任侠道 激突篇(1975年、東映京都)
  • 東京湾炎上(1975年、東宝映画=東宝映像)
  • 任侠外伝 玄海灘(1976年、唐プロATG
  • アラスカ物語(1977年、東京映画)
  • 悲愁物語(1977年、三協映画=松竹)
  • 俺の空(1977年、東宝=東京ムービー新社
  • 仁義の抗争(1977年、東映京都)
  • BLACK JACK/瞳の中の訪問者(1977年、ホリ企画制作
  • 雲霧仁左衛門(1978年、松竹=俳優座
  • 看護婦のオヤジがんばる(1980年、近代映画協会)
  • 土佐の一本釣り(1980年、松竹=キティ・フィルム
  • ブルージーンズメモリー BLUE JEANS MEMORY(1981年、東宝映画)
  • 北斎漫画(1981年、松竹)
  • 転校生(1982年、日本テレビ=日本ATG) - 斉藤孝造(一美の父) 役
  • 俺っちのウエディング(1983年、日本テレビ=セントラル・アーツ
  • すかんぴんウォーク(1984年、渡辺プロ=シネマハウト=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ)‐民川裕司(吉川晃司)が勤めたヨットハーバー管理人役
  • アゲイン(1984年、ニュー・センチュリー・プロデューサーズ=キネマ旬報社
  • トロピカルミステリー 青春共和国(1984年、大映企画)
  • ユー★ガッタ★チャンス(1985年、渡辺プロ=N・C・P=シネマハウト)
  • カリブ・愛のシンフォニー(1985年、東宝映画=サンミュージック
  • みんなあげちゃう(1985年、にっかつ)
  • ザ・サムライ(1986年、アジャックス)
  • テイク・イット・イージー(1986年、渡辺プロ=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ)
  • 野ゆき山ゆき海べゆき(1986年、日本テレビ=バップ) - 校長先生 役
  • 帝都物語(1988年、エクゼ)
  • マイフェニックス(1989年、東宝=東急エージェンシー
  • 赤いカラスと幽霊船(1989年、横浜博覧会協会=NHK
  • 君は僕をスキになる(1989年、東宝映画=プルミエ・インターナショナル) - プルミエ化粧品社長役
  • のぞみ♡ウィッチィズ(1990年、エクセレント・クリエイティブ)
  • カンバック(1990年、ガッツエンタープライズ)
  • ハネムーンは無人島(1991年、TBS=ビックバン)
  • セイリング 海にはばたく(1992年、テレビ東京=全国映画センター)
  • ザ・ギャンブラー(1992年、にっかつ=にっかつビデオ)
  • 落陽(1992年、にっかつ撮影所)
  • 勝利者たち(1992年、円谷プロ=東宝)
  • 200X年・翔(1992年、中央宣興)
  • 8マン すべて寂しいよるのために(1992年、リム出版)
  • カッパの三平(1993年、にっかつ児童映画=ロマン企画=にっかつビデオ)
  • 私立探偵濱マイク
    • 我が人生最悪の時(1994年、フォーライフレコード=映像探偵社)
    • 遥かな時代の階段を(1995年、フォーライフレコード=映像探偵社)
    • 罠 THE TRAP(1996年、フォーライフレコード=映像探偵社)
  • 女ざかり(1994年、松竹=テレビ東京=アミューズ=日本出版販売)
  • 武闘派刑事 銀座警察(1994年、シネマパラダイス)
  • 武闘派刑事2 HEART CRASH(1995年、シネマパラダイス)
  • 復讐の帝王(1995年、シネマパラダイス)
  • さすらいのトラブルバスター(1996年、松竹=日本テレビ)
  • 秋桜(1997年、映画『秋桜』製作委員会)
  • 愛する(1997年、日活)
  • 故郷(1999年、Mukai Production)
  • 新極道渡世の素敵な面々 きりとりブルース(1999年、ムービーブラザース)
  • 平成金融道 マルヒの女(2000年、ムービーブラザーズ)
  • 借王 THE MOVIE 2000(2000年、日活)
  • 「紅の拳銃」よ永遠に(2000年、日活芸術学院)
  • ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説(2000年、日本テレビ=バップ=マセキ芸能社)
  • 溺れる魚(2001年、東映=h.m.p.=東映エージェンシー)
  • 九州マフィア外伝(2001年、アーバンアクターズプロ)
  • 極道聖戦 ジハード1(2002年、シネマパラダイス)
  • 新・日本の首領GPミュージアム
    • 新・日本の首領(2004年、GPミュージアム)
    • 新・日本の首領2(2004年、GPミュージアム)
    • 新・日本の首領3(2004年、GPミュージアム)
  • 同窓會(2004年、向井プロ)
  • 探偵事務所5(2005年、映像探偵社)
  • ケータイ刑事 銭形シリーズBS-i → BS-TBS
  • キサラギ(2007年、ショウゲート
  • 転校生-さよなら あなた-(2007年、角川映画) - 吉田義之丞(旅芸人一座座長) 役
  • THE CODE/暗号(2009年)
  • ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う(2010年)- 山神直樹 役
  • ファイナル・ジャッジメント(2012年6月、幸福の科学出版日活) - ラオ・ポルト 役

オリジナルビデオ[編集]

  • ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ〜(1990年、東北新社=東映ビデオ)
  • コードネーム348 女刑事 サシバ(1990年、松竹ビデオ事業部=獅子プロ)
  • 野獣駆けろ(1990年、東映ビデオ)
  • 汚れし者の伝説(1991年、日本ビデオ映画)
  • ネオチンピラ 続・鉄砲玉ぴゅ〜(1991年、東映ビデオ)
  • 神様のピンチヒッター(1991年、にっかつビデオ)
  • DANGER POINT 地獄への道(1991年、東映ビデオ)
  • 狼たちの賭け JACK KNIFE(1993年、東映ビデオ)
  • 雀鬼3 治外法権麻雀(1994年、竹書房)
  • 仁義絶叫
    • 仁義絶叫(1999年、松竹ホームビデオ)
    • 仁義絶叫2 修羅の仁義(1999年、シネマパラダイス)
    • 仁義絶叫3 仁義関東嵐(1999年、シネマパラダイス)
    • 仁義絶叫4 仁義の挽歌(2000年、松竹)
  • 暗黒街 渋谷ミッドナイト・ウォー(2001年、ミュージアム)
  • 誇り高き野望 1 - 5(2005年、2006年 アネック)

舞台[編集]

  • 「サーカス殺人事件」
  • 「リリーとリリー」
  • 「シュガー」
  • 「マジック狂時代」
  • 「馬喰一代」
  • 「花咲ける騎士道」

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

著作[編集]

  • シシド 小説・日活撮影所
    単行本:2001年新潮社 ISBN 9784104443017、文庫版:2012年角川文庫 ISBN 9784041005606
  • シシド 完結編 小説・日活撮影所
    単行本:2012年・角川書店 ISBN 9784041103401

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現存するわずか数本のうち、2本(1958年7月放送)に出演していた。これらの映像は現在、横浜市中区日本大通にある放送ライブラリーなどで見ることができる。
  2. ^ 宍戸錠宅全焼 79歳ひとり暮らしけがなし - nikkansports.com (2013年2月5日) 2013年2月5日閲覧。
  3. ^ 宍戸錠さん宅が全焼 外出中でけが人なし2013年2月4日 mns産経ニュース
  4. ^ 宍戸錠怒りあらわ「捕まえてやりたい」”. nikkansports.com (2013年2月6日). 2013年3月24日閲覧。
  5. ^ 宍戸錠全焼豪邸更地にして3億円土地売却”. nikkansports.com (2013年3月20日). 2013年3月24日閲覧。