官営模範工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

官営模範工場(かんえいもはんこうじょう)は、明治政府が殖産興業の政策のため、率先して新しい産業を興すべく創設した工場である。八幡製鉄所、造幣局、富岡製糸場は日本三大官営工場とも称される。

概要[編集]

官営工場の開設[編集]

明治維新後、新政府は江戸幕府や諸藩が経営した造船所鉱山などの事業を引き継ぐとともに、工部省が中心となって官営模範工場を新たに開設し、日本の近代化、資本主義化を図った。

民間への払い下げ[編集]

西南戦争後の財政難のため、1880年(明治13年)に「官営工場払下概則」が施行された後に軍事造幣通信などを除いた官営工場の多くが整理され、民間に払い下げられた。歳出削減をはかる過程で、政府は、政府と密接な関係を持つ政商に安い価格で払い下げた。このことは、財閥の形成を促すとともに、日本の産業の中核を担う分野の育成に大きな役割を果たした。一方で、政界と財界の癒着もしばしば問題視されていた。

払い下げの事例[編集]

開設年 工場名 払下年 払下先 払下価格
高島炭鉱 1874年 後藤象二郎 55万円
1882年 広島紡績所 1882年 広島綿糸紡績 1万2570円
油戸炭鉱 1874年 27943円
中小坂鉄山 1874年 坂本弥八 28575円
摂綿篤製造所 1874年 浅野総一郎 61741円
深川白煉化石 1874年 西村勝三 12121円
小坂銀山 1874年 久原庄三郎 273659円
梨本村不熔白煉化石製造所 1874年 稲葉来蔵 101円
院内銀山 1874年 古河市兵衛 108977円
1873年 深川セメント製造所 1884年 浅野総一郎
西村勝二
6万1742円
院内銀山 1884年 古河市兵衛 10万8977円
阿仁銅山 1885年 古河市兵衛 33万7766円
品川硝子 1885年 西村勝三他 79950円
大葛鉱山 1885年 阿部潜 117142円
札幌麦酒醸造所 1886年 大倉喜八郎 2万7672円
1881年 愛知紡績所 1886年 篠田直方
1877年 新町紡績所 1887年 三井財閥 14万1000円
長崎造船所 1887年 三菱財閥 45万9000円
兵庫造船所 1887年 川崎正蔵 18万8029円
1879年 千住製絨所 1887年 陸軍省
釜石鉄山 1888年 田中長兵衛 12600円
三池炭鉱 1888年 佐々木八郎 459万439円
三田農具製作所 1888年 子安峻他 33795円
播州葡萄園 1888年 前田正名 5377円
釜石鉄山 1888年 田中長兵衛 12600円
幌内炭鉱・鉄道 1889年 北海道炭礦鉄道 352318円
紋鼈製糖所 1890年 伊達邦成 994円
1872年 富岡製糸場 1893年 三井財閥 12万1460円
佐渡銀山・生野銀山 1896年 三菱財閥 256万926円

関連項目[編集]