定岡正二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
定岡 正二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1956-11-29) 1956年11月29日(60歳)
身長
体重
184 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1974年 ドラフト1位
初出場 1977年5月18日
最終出場 1985年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

定岡 正二(さだおか しょうじ、1956年11月29日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元プロ野球選手投手)で現在はタレント野球解説者愛称は「サダ」。あるいは「サダさん」「サダ坊」。(株)エストゥー所属。「定岡三兄弟」の次男であり、兄の定岡智秋、弟の定岡徹久、甥の定岡卓摩も元プロ野球選手である。

経歴[編集]

高校時代[編集]

鹿児島実高在学中、2年生と3年生の夏にそれぞれ全国高等学校野球選手権大会に出場。2年生の時は日大山形高相手に代打でわずか1打席の出場にとどまったが、3年生になるとエースとして鹿児島県勢初のベスト4進出を果たす。準々決勝では原辰徳が在籍していた東海大相模高との延長15回にわたる熱戦を勝ち抜いた。準決勝の防府商高戦では、3回に右の手首を負傷。交代を余儀なくされた上、チームはサヨナラ負けを喫する。その悲劇性と甘いマスク、高い実力が相まって女子中高生から絶大な人気を得る。

巨人時代[編集]

1974年プロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから1位指名を受け入団。しかし希望球団として「阪神タイガースへ入団したかった」と述べている。

入団後は二軍暮らしが続いたが、長嶋茂雄監督最終年の1980年にプロ入り初勝利を含む9勝を挙げた。藤田元司監督就任の最初のシーズンである1981年4月11日阪神タイガース戦で初回先頭打者北村照文二塁打を打たれた後、打者27人連続でアウトを奪い準完全試合を達成。最終的にはプロ入り初の2ケタ勝利(11勝)を挙げ、同年の4年ぶりのリーグ優勝や1981年の日本シリーズ制覇に貢献した。翌1982年にはオールスターにも出場、自己最多の15勝を挙げて同年代の江川卓西本聖とともに3本柱として活躍する。決め球のスライダーは現在でいうカットボールであったという。

1983年は春先から好調を維持し、開幕2か月で7勝1敗とハーラートップを走っていた。しかし牽制球の際に持病の腰痛を発症し二軍落ち。二軍で2試合連続完投勝利を挙げ夏場に一軍復帰するも調子は戻らず、以降1勝も挙げることができないままシーズンを終える。結局この年は7勝7敗に終わり、以降なかなか復調せずリリーフに回る。槙原寛己斎藤雅樹の台頭もあって1985年オフにトレード要員となり、ベテラン捕手有田修三との交換トレードで近鉄バファローズへの移籍が発表されるが、移籍を拒否。任意引退というかたちで突然の現役引退を表明。前年47試合登板で防御率3点台という十二分に余力を残した状態にもかかわらず、29歳の若さでプロ野球界から引退した。このとき相談を野球関係者ではなく友人のデザイナーなどに持ちかけ、「巨人のまま辞めた方がいい」とのアドバイスを受けたという。

引退後[編集]

現役引退翌年の1986年にはロサンゼルス・ドジャースアイク生原・オーナー補佐の紹介で、ドジャースのキャンプに打撃投手として参加している。この経緯について定岡は「浪人中の長嶋さんが『次の仕事が決まっていないのなら、米国に行ってみろ』と生原さんに話をつけてくれてね。心細さや孤独感はあったけど、1ヵ月は充実していたよ。紅白戦では、マイク・ソーシアとバッテリーを組んだね。トミー・ラソーダ監督は『3Aで残ったらどうだ』と言ってくれた。でも、そこで本当にユニホームを脱ぐ覚悟ができた。自分で決断したので、それからは何が起きても大丈夫になったね。」と語っている[1]

1986年からTBSのスポーツキャスターに転向。引退会見では、「芸能界には入らない」と言い切っていたというものの、やがてイザワオフィス所属のタレントとしても活躍(イザワには2001年まで所属)。日本テレビ系列のバラエティ番組とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で『おちゃのこさいさい』と言う所を『へなちょこさいさい』と言い間違えたことから「へなちょこサダ」と命名され準レギュラー出演したことが契機となり、その頃からテレビ出演や著名人との対談など、タレント活動がメインとなる。1997年には上記の「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」での企画で石橋貴明デビット伊東と共に音楽グループの“ANDY'S”を結成、シングル「FREEDOM」が発表される[2]

2006年、鹿児島県内で2チーム目となる社会人野球チーム、薩摩を誕生させるべく5月28日に部員セレクションを行った。同チームの監督にも就任し、鹿児島県内でははじめてのレディース部も併設する。8月15日、読売ジャイアンツから自由契約選手の公示を受けている。理由は「アマチュア野球指導者となるため」となっており、引退時に「任意引退」扱いだったことで現在のアマチュア野球指導者として活動することへの支障を取り除くためのものである。

現在でもTBSラジオ エキサイトベースボール等で野球解説を行っている。また、生ダラが終了した2001年頃からバラエティ番組への出演頻度が減っており、現在は解説や前述した指導者の仕事に重きを置いている。これは、本人の希望でバラエティの出演を減らしたためである。また、所属していたイザワオフィスから離れたことも影響している。2007年FNSの日鹿児島テレビからのプレゼンターとしてバラエティ番組にゲスト出演した。

人物[編集]

巨人入団1年目には自主トレが行われた多摩川グラウンドに2万人の観衆を集めたほどの人気ぶりであった。当時趣味は「ハンカチ集め」と答えていた。王貞治の「日本刀で吊るした紙を切る稽古」をやらされた所、一発で切ってしまい王を困惑させたこともある。

かなりの天然な性格であり、バラエティ進出はそのキャラが好まれたのも一因である。やさしい性格で西本が沢村賞を獲得しながら、手放しでは誰も祝福してくれなかった中(詳細は西本聖の項参照)定岡だけは祝福してくれたと西本は語っている。また、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』で石橋貴明にコケにされながらも、石橋を気遣う場面があった。この頃、「サダ」というニックネームが浸透してきた為、街を歩いていると、見知らぬ小学生くらいの子供達に「サダーっ!」と呼び捨てにされるようになり、困っていたと後に発言している。

上述同番組の企画の対決で敗北し、罰ゲームとして他局(TBS)のニュース番組で財津一郎の「きびしい!」をポーズ付きで行う羽目になった。なかなか実行するきっかけが掴めないまま番組も終盤となり、つにい野球の試合に関するコメントの中で「非常に厳しいですね」と言いながら中途半端なポーズを取り、共演者の女子アナに「どうしたんですか」と突っ込まれて困惑する光景がお茶の間に流れた(のちにこれが原因で同ニュース番組を降板させられたと『生ダラ』内で語った)。

クイズダービー』『マジカル頭脳パワー!!』等のクイズバラエティ番組に出演すると、必ずとんちんかんなことを言ったり、理解に苦しむような的外れな解答などを担当するため「脳が筋肉」と当時は揶揄されていた。また『クイズダービー』では、2枠レギュラーの井森美幸が定岡の大ファンで、井森の解答が定岡と全く一緒だと井森は不正解でも大喜びしていたが、定岡はその度に困惑した表情を浮かべていた。しかし『マジカル頭脳パワー!!』では、記憶力の問題は得意としており、共演者から驚かれることもあった。その一方で表現力が必要となる問題には苦手でジェスチャー伝言ではそれまで上手く伝わっていたものを壊すことが多く所ジョージ千堂あきほ山咲千里からブーイングを食らうことも多かった。

1990年にベストジーニスト(協会選出部門)に選ばれている。プロ野球関係者では2010年現在も唯一の受賞者。

46歳の時、『筋肉番付』のストラックアウトで冗談を言いながら投球、1球も外す事無くパーフェクトクリアし、制球力は衰えていない事を証明している。兄の定岡智秋もこのストラックアウトで9枚中7枚という成績を収めている。ただ定岡の制球のあまりの良さが「選手生命を縮めた」と言う野球評論家も少なからず存在する。

2005年、出身地である鹿児島県のアマチュア野球チーム「鹿児島ホワイトウェーブ」の監督に就任。8月16日には鹿児島の県立鴨池球場でタレントの萩本欽一が監督を務めるアマチュア野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」との試合を行い初采配を白星で飾った。定岡は鹿児島ホワイトウェーブの総監督に同郷の先輩で萩本のコント55号時代の相方坂上二郎を招聘することも視野に入れており、2006年5月6日に鹿児島ホワイトウェーブの総監督・坂上二郎は実現した。5月7日に県立鴨池球場でゴールデンゴールズと試合を行い「コント55号対決」が実現しスポーツ紙などでも報じられた。

水の飲み比べが得意で、2009年11月26日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「ムダ・ベストテン」に「色々ソムリエ」として出演。8種類の水の名称当てで、6問連続正解するも最後の2択で失敗し、木梨憲武に「サダさんぽい!」と爆笑され、石橋貴明は「(最後は間違えたが)凄い!」と感心していた。更に女性の手を握るだけで出身地・生まれ月・血液型等を当てる特技も披露するが、出身地の区分を「東京より北か南」という区分で答えたため、微妙な位置にある千葉県出身者に対しては「?」マークが出される。だが血液型・生まれ月は正解して石橋・木梨を驚かせた。

球界入り及び現役引退等を挟み2016年時点で独身で結婚経験なし(三兄弟で唯一の独身でもある)。本人は「女性に対してシャイだから」と語っているが、弟の定岡徹久は「何度も兄貴のデートにカモフラージュで同伴させられた」と語っている。徹久が斉藤浩子と結婚したのはこのカモフラージュがきっかけである。親友の角盈男は「サダは見つからないようにデートするのが上手い」と語っている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 巨人 9 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 74 15.1 19 5 12 1 0 9 0 0 14 14 8.40 2.02
1978 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 11 2.0 5 1 0 0 0 1 0 0 2 1 4.50 2.50
1979 7 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 66 14.0 20 3 7 0 1 11 0 0 12 9 5.79 1.93
1980 28 22 5 1 0 9 8 0 -- .529 600 149.1 126 17 50 5 2 96 3 1 55 42 2.54 1.18
1981 31 30 5 3 1 11 7 0 -- .611 817 196.2 185 25 59 5 5 122 1 0 85 81 3.70 1.24
1982 30 27 10 3 0 15 6 0 -- .714 812 189.1 196 16 68 2 3 85 1 0 80 69 3.29 1.39
1983 29 21 2 0 0 7 7 0 -- .500 549 117.0 145 18 47 3 5 59 1 2 82 65 5.00 1.64
1984 32 17 0 0 0 5 10 1 -- .333 488 114.0 120 17 37 4 3 68 2 0 60 58 4.58 1.38
1985 47 0 0 0 0 4 3 2 -- .571 307 74.1 66 7 25 1 1 41 1 0 37 32 3.87 1.22
通算:9年 215 120 22 7 1 51 42 3 -- .548 3724 872.0 882 109 305 21 20 492 9 3 427 371 3.83 1.36

記録[編集]

背番号[編集]

  • 20 (1975年 - 1985年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

過去
現在

出演CM[編集]

音楽[編集]

  • ガラスの微笑み(1982年)
  • FREEDOM / ANDY'S(1997年)

出演映画[編集]

著書[編集]

  • 華麗なるこの一球―熱球悲願(1982年)

出演ドラマ

踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル(1998年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【私の失敗(4)】定岡正二、飛ばしすぎて右肩痛め開幕1軍ならず サンケイスポーツ 2015年6月12日 11:00
  2. ^ 定岡はベースを担当していたが、フジテレビ系列の「とんねるずのみなさんのおかげです」にANDY'Sとして出演した際に自身の担当パートを説明するのに間違えて「ベーサー(正しくはベーシスト)」と言ってしまい爆笑を買った。

関連項目[編集]