宝永二ツ宝丁銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

宝永二ツ宝丁銀(ほうえいふたつほうちょうぎん/ほうえいふたつたからちょうぎん)とは宝永3年7月9日(1706年)から鋳造開始された丁銀の一種。秤量貨幣である。通用に関する触書はこれ以前の同6月18日に出された[1]宝字丁銀(ほうじちょうぎん)と呼ばれ、また宝永丁銀(ほうえいちょうぎん)といえば通常は宝永二ツ宝丁銀を指すが、宝永丁銀は宝永永字丁銀宝永三ツ宝丁銀および宝永四ツ宝丁銀も含めて総称として用いられる場合もある。

また宝永二ツ宝丁銀および宝永二ツ宝豆板銀を総称して二ツ宝銀(ふたつほうぎん)あるいは宝字銀(ほうじぎん)と呼び、また宝永銀(ほうえいぎん)といえばこの二ツ宝銀を指すことが多い。

概要[編集]

表面には「(大黒像)」および「寳」の文字および両端に二箇所の「宝」字の極印が打たれ「常是」の極印は無い。また、「大黒像」極印を12箇所打った祝儀用の十二面大黒丁銀が存在する[2]

略史[編集]

元禄13年(1700年幕府は、小判と丁銀との両替に関する御定相場を金一 = 銀六十に改定したが、元禄金吹替えの際、小判の金含有率の引き下げ率に対し、丁銀の銀含有率の引き下げ率が小幅であったため銀相場が高騰し、元禄13年の市場における相場は金一両 = 銀四十八匁前後であった。江戸の物価高騰につながる銀高を是正する目的で勘定奉行である荻原重秀の建議により宝永3年に丁銀の吹替えが行われた[3]。また明暦3年(1657年)の明暦の大火の復興事業により幕府の蓄財が目減りしていたのに加え、元禄16年11月23日(1703年)に関東を襲った元禄地震被害に伴う財政再建のための貨幣吹替えによる出目(改鋳利益)が必要であった。

これより先の元禄15年8月15日(1702年)、銀座大黒常是こと五代大黒長左衛門常栄は銀座人の一人関久右衛門の奸計から荻原重秀により罷免され、包役の関久右衛門が銀座の長を代行することとなった。大黒長左衛門常栄が吹替えに消極的であったためとする説もある。このため宝永期の丁銀には「常是」の極印がない。かくして鋳造されたのが宝永二ツ宝丁銀である。この宝永二ツ宝丁銀は江戸京橋銀座においてのみ吹立てられた[4]

二ツ宝銀の発行につき旧銀貨との引換に対する増歩は、元禄銀に対し宝永3年7月(1706年)より6年2月(1709年)までは1.5%、6年3月より5月は2.5%、6年6月中は3.5%、6年7月より7年2月(1710年)は6%と順次引き揚げられた[4]。一方、取引に対しては市中にある品位のより高い慶長銀および元禄銀もすべて無差別通用との触書が出された[4]

しかし、宝永4年(1707年)に宝永東海・南海地震富士山の大噴火などの災害が重なり、加えて宝永の大火伴う内裏焼失による皇居造営などの出費のため幕府の財政はますます困窮した。そこで荻原重秀は将軍の承諾を取り付けることなく、短期間の間に出目(改鋳利益)獲得の目的のため独断専行で銀座と結託し、相次いで丁銀の吹替えを行った。これが後の宝永永字丁銀、宝永三ツ宝丁銀および宝永四ツ宝丁銀であった。

宝永二ツ宝豆板銀[編集]

宝永二ツ宝豆板銀(ほうえいふたつほうまめいたぎん)は宝永二ツ宝丁銀と同品位の豆板銀で、「寳」文字および「宝」字を中心に抱える大黒像の周囲に小さい「宝」字が廻り配列された極印のもの「廻り宝」を基本とし、また「宝」字が集合した「群宝」、大文字の「宝」字極印である「大字宝」などが存在する。いずれの「宝」字極印も玉の上部がウ冠まで突き抜けていないことを特徴とする[5]

宝永二ツ宝銀の品位[編集]

規定品位は銀50%(四割五分引ケ)、銅50%である。

明治時代造幣局により江戸時代の貨幣の分析が行われた[6]。宝永二ツ宝銀については以下の通りである。

  • 0.12%
  • 50.70%
  • 雑49.18%

雑分はほとんどがであるが、少量のなどを含む。

宝永二ツ宝銀の鋳造量[編集]

『吹塵録』および『月堂見聞集』によれば丁銀および豆板銀の合計で278,130余(約1,040トン)である[7]

公儀灰吹銀および回収された旧銀から丁銀を吹きたてる場合の銀座の収入である分一銀(ぶいちぎん)は二ツ宝銀では鋳造高の7%と設定され[4]、また吹替えにより幕府が得た出目(改鋳利益)は37,318貫余であった[2][4][8]

参考文献[編集]

  1. ^ 草間直方 『三貨図彙』 1815年
  2. ^ a b 瀧澤武雄,西脇康 『日本史小百科「貨幣」』 東京堂出版、1999年
  3. ^ 三上隆三 『江戸の貨幣物語』 東洋経済新報社、1996年
  4. ^ a b c d e 田谷博吉 『近世銀座の研究』 吉川弘文館、1963年
  5. ^ 『日本の貨幣-収集の手引き-』 日本貨幣商協同組合、1998年
  6. ^ 甲賀宜政 『古金銀調査明細録』 1930年
  7. ^ 小葉田淳 『日本の貨幣』 至文堂、1958年
  8. ^ 滝沢武雄 『日本の貨幣の歴史』 吉川弘文館、1996年

関連項目[編集]