宮史郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
宮 史郎
出生名 宮崎芳郎
生誕 (1943-01-17) 1943年1月17日
出身地 日本の旗 日本 兵庫県加西市
死没 (2012-11-19) 2012年11月19日(満69歳没)
職業 演歌歌手
活動期間 1959年 - 2012年
レーベル 日本コロムビア
共同作業者 宮五郎並木ひろし

宮 史郎(みや しろう、1943年(昭和18年)1月17日 - 2012年(平成24年)11月19日)は、日本演歌歌手。最終的な所属事務所は宮プロジェクト。

経歴・人物[編集]

本名は宮崎芳郎。兵庫県加西市広原町生まれ。

姫路市のキャバレーで働きながら1959年(昭和34年)、自主制作で「男の花道」を発売。

1961年(昭和36年)、拠点を大阪に移し、当時流行していたボーイズ形態の音曲漫才[注釈 1]スパローボーイズを結成。

1963年(昭和38年)、宮五郎(宮史郎の兄、1936年(昭和11年)4月29日 - 1994年(平成6年)8月12日)・並木ひろし1942年(昭和17年)2月14日 - 1998年(平成10年)11月13日)と共に音曲漫才ぴんからトリオを結成。グループ名の由来は「ピンからトリを」からである。

1972年(昭和47年)、東宝芸能所有の大阪梅田の演芸場『トップホットシアター』に出演していた時期に自主制作したレコード「女のみち」が、有線放送と地道な営業から火が付き420万枚[1]を売り上げ、続いて発売された「女のねがい」が170万枚[1]、「女のゆめ」が80万枚[1]と大ヒットした。

また、これ以後漫才から歌謡コーラスグループに移行。殿さまキングス平和勝次とダークホースなどのボーイズ+音曲漫才浪曲出身のグループ演歌が昭和50年代前半までブームとなった。

1973年(昭和48年)にぴんからトリオから並木ひろしが脱退し(その後並木は並木ひろしとタッグマッチで活動)、グループ名をぴんから兄弟に改名。同年、『第24回NHK紅白歌合戦』に「女のみち」で初出場。 1973年(昭和48年)第15回輝く!日本レコード大賞でぴんから一連の連続ヒットで日本コロムビア株式会社が大衆ヒット賞を受賞し代表してぴんから兄弟が「女のねがい」を歌唱披露した。

1983年(昭和58年)にぴんから兄弟は解散しソロ歌手として活動。宮五郎は引退して史郎のマネージャーとなったが、その後病気で倒れ、長年療養生活を送った。

1984年(昭和59年)『片恋酒』が大ヒットを記録する。

以後も各種演歌、ナツメロ番組、地方回りと枚挙に暇のない売れっ子ぶりで活躍した。

2004年(平成16年)、金鳥『虫よけグリーン』のコマーシャルで虫に扮して「虫ごころ」を歌い話題になった。2005年(平成17年)、同じく金鳥の『おでかけカトリス』のコマーシャルで「おでかけ慕情」を歌った。

2007年(平成19年)公開の映画「歌謡曲だよ、人生は」の第五話「女のみち」に自ら出演し、劇中で「女のみち」を披露した。

2012年(平成24年)11月19日、多臓器不全のため死去[2]。69歳没。没後に生前の功労を称えられて第54回日本レコード大賞特別功労賞が追贈された[3]

エピソード[編集]

  • 1979年放送(NHK)『わたしの愛唱歌 ビッグヒットこの10曲』ではぴんからトリオ解散後、並木ひろしが加わり一回限りぴんからトリオとして初の再結成をし「女のみち」を歌唱、兄の宮五郎と共に並木ひろしはギターを担当した[4]

所属事務所[編集]

代表曲[編集]

  • ぴんからトリオ
  • ぴんから兄弟
  • 女のきず(1973/08/10)
  • ひとり酒(1973/12/10)
  • 夢を抱く女(1974/05/01)
  • あなたが欲しい(1974/09/01)
  • 女のちかい(1975/01/01)
  • おまえ(1975/06/01)
  • あなたのすべて(1980/09/01)
※ 宮五郎がリードボーカル(主にB面曲)の場合は、「宮五郎とその一味」名義になっていた。
  • ソロ
  • 片恋酒(1984/05/01)
  • いのち川(1988/06/21)
  • 命のかぎり(1995/11/21)
  • 酒場さすらい(2000/06/21)
  • 霧の湯布院(2001/06/21) c/w:父娘祝い唄
  • 浪花ふたり道(2002/06/21)
  • 雨の修善寺(2003/11/19)
  • 悲しい意地(2004/08/25)

映画[編集]

主なテレビ出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

ぴんから兄弟として出場

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1973年(昭和48年)/第24回 女のみち 11/22 山本リンダ
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

CM[編集]

  • インターネットイニシアティブ(IIJ) 「IIJ4U」 ~部屋・壁から突入する男たち~ 篇 (2000年4月2日-)
  • ピップ 「スキングロッカー8」 ~手相・ひどい・ひどすぎる・肌荒れ後ではもう遅い~ 篇 (2000年8月21日ー)
  • 日本ケンタッキーフライドチキン 「チキンソースがサイド」 ~俺のこと好きか、ウスター風味~ 篇 (2000年9月28日ー)
  • 人材派遣・スタッフサービス 「企業」 ~名前を間違える、弾き歌う宮部長~ 篇 (2001年2月17日ー)
  • 大日本除虫菊 「虫よけグリーン」 ~Uターンする虫男・新発売・虫ごころ~ 篇 (2004年4月1日ー)
  • 大日本除虫菊 「おでかけカトリス」 ~あなたのおそばが大嫌い・NEW宮さん~ 篇 (2005年6月16日ー)
  • ソフトバンクモバイル 「流しのAyu」、「涙雨」、「静かな夜だ」(三部作) ~流しの女とギターを弾くおっちゃん~ 篇 (2010年10月12日ー)[5]  (※浜崎あゆみ室井佑月との共演)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ メンバーが何かしらの楽器を演奏しながらその時期の流行歌の替え歌を交えて進行する演芸の一種で、大阪では浪曲師、東京ではバンドマンからの移行が多かったが、その後、大阪からは廃れてしまった演芸形態。

出典[編集]

  1. ^ a b c 「ぴんから兄弟」宮史郎さん死去 「女のみち」大ヒットスポーツ報知、2012年11月20日6時0分。
  2. ^ 「女のみち」ぴんからトリオの宮史郎さん死去 69歳 朝日新聞 2012年11月19日閲覧
  3. ^ 第54回日本レコード大賞 各賞 東京放送
  4. ^ 『甦る歌謡曲 決定保存版!昭和40年代&50年代売上ランキングSP』 (テレビ朝日) (2015年6月21日放送) 番組内で当時のエピソードとして紹介された。
  5. ^ オリコン』「ORICON STYLE」 CM出演年鑑より  閲覧。

関連項目[編集]

  • 土田世紀 - 宮史郎がモデルのキャラが複数の漫画に登場
  • 金田たつえ - 同じ日本コロムビア所属でLP、アルバム、コンサート等でのデュエット曲やカップリング曲が多数あり。
  • 宮路オサム - コンサート等で共演が多数あり。