宮薗節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

宮薗節(みやぞのぶし)は、「薗八節(そのはちぶし)」ともいい、江戸時代中期の宮古路薗八(みやこぢ そのはち。初代。生没年不詳)を祖とする浄瑠璃音楽の古曲[1]のひとつ。1993年平成5年)4月15日に国の重要無形文化財に指定され、宮薗節保存会の会員が保持者として「総合認定」[2]された。永井荷風は小説『雨瀟瀟(あめしょうしょう)』の中で、薗八節は浄瑠璃の中でもっともしめやかであると評している[3]

現存する浄瑠璃音楽[編集]

現在、浄瑠璃音楽として残っているものは、義太夫節[4]常磐津節清元節河東節一中節宮薗節新内節富本節である。このほか半太夫節と外記節が河東節に、大薩摩節が長唄に、豊後節から分かれた繁太夫節が地歌に、それぞれ吸収されて特殊な一部分として残存している。

宮薗節の概略[編集]

宮薗節は、宮古路豊後掾の流れを汲む浄瑠璃音楽であり、豊後掾門弟の宮古路薗八(初代)が京都で創始したものである。二世宮古路薗八が「宮薗鸞鳳軒(みやぞのらんぽうけん)」と改名して以来「宮薗節」と呼称されるようになったとされる。代表曲は「鳥辺山」「桂川恋の柵」「夕霧由縁の月見」など。

重要無形文化財[編集]

宮薗節の指定要件は「宮薗節保存会会員が立語り、立三味線を演奏するものであること」である。

保持者[編集]

括弧内は芸名

  • 三井千恵子(宮薗千恵)
  • 山田喜代子(宮薗千加寿)
  • 佐藤佐喜子(宮薗千碌)
  • 菊池ふみ(宮薗千文)
  • 斉木ツギ子(宮薗千祐三)
  • 土屋秀子(宮薗千碌司)
  • 早川志津(宮薗千愛)
  • 藤井文子(宮薗千波)
  • 風間杜美(宮薗千章)
  • 上治玉子(宮薗千蔦)
  • 吹井和子(宮薗千和恵)

宮薗節保存会[編集]

  • 代表: 宮薗千章
  • 団体住所: 東京都中央区銀座8―6―3 新橋会館内 財団法人古曲会

脚注[編集]

  1. ^ 河東節、一中節、宮薗節、荻江節の4種の総称。
  2. ^ 「2人以上の者が一体となって芸能を高度に体現している場合」や「2人以上の者が共通の特色を有する工芸技術を高度に体得している場合」において、「これらの者が構成している団体の構成員」を認定する方法。
  3. ^ 『雨瀟瀟』永井荷風 著 (野田書房, 1935)
  4. ^ 丸本歌舞伎専用の義太夫を特に「竹本(チョボ)」と呼ぶことがある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 根岸正海「江戸の宮古路節 三世宮古路薗八と宮古路綱太夫 (付・宮古路節綜合年表補)」国立音楽大学音楽研究所年表