宮城千賀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

宮城 千賀子みやぎ ちかこ1922年(大正11年)11月26日 - 1996年(平成8年)8月7日)は、日本の女優である。第二次世界大戦前に宝塚歌劇団を退団後、映画女優に転向、戦後も「劇団なでしこ」を率いて舞台活動も行い、テレビにも多く出演した。本名佐藤 ユキさとう-)、宝塚歌劇団時代は東風 うらゝこち うらら)と名乗った。愛称は「ベコちゃん」、「ユキちゃん[1]」。

来歴・人物[編集]

岩手県(現盛岡市)に生まれる。熊谷尋常高等小学校[2]を卒業後に、1935年(昭和10年)に13歳で宝塚歌劇団に入団(第25期)、「東風うらゝ」の名で男役として活躍した。

1940年(昭和15年)初めに17歳で退団、日活に入社、稲垣浩監督、片岡千恵蔵主演の『宮本武蔵』の「お通」役に抜擢されて華々しくスクリーンデビュー、同作は同年3月31日に公開された。翌1941年(昭和16年)11月26日、同社京都撮影所マキノ正博辻吉郎助監督として働いていた、牧野省三の三男・マキノ真三と恋愛結婚する。『宮本武蔵』の前作で「お通」を演じた轟夕起子が兄の正博と結婚した前例があり、「お通がふたりマキノ家に嫁いだ」と当時騒がれた[3]

1942年(昭和17年)に木村恵吾監督の大ヒット作『歌ふ狸御殿』を最期に引退して家庭に入る。翌1943年(昭和18年)、21歳で長男・省一を出産する[3]。同年末、実兄マキノ正博のプロデュースで夫のマキノ真三が恩師の辻吉郎とともに監督した『海賊旗吹っ飛ぶ』で映画に復帰するも、「劇団なでしこ」を結成して、舞台劇の地方巡業にいそしむ。

第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)6月、夫の真三とともに「マキノ芸能社」を設立、「劇団なでしこ」の活動を基盤に、映画製作も行うが、1948年(昭和23年)10月には解散している[3]1952年(昭和27年)からは映画に多く出演し、翌1953年(昭和28年)の中盤に離婚することになった[3]。その後も多くの映画に出演した。

熟年となった1975年(昭和50年)10月に開始したテレビのバラエティ番組『独占!女の60分』では、松竹歌劇団第1期生の水の江瀧子らとともに司会をつとめ、同番組に1987年(昭和62年)3月まで出演をつづけた。

1996年(平成8年)8月7日に急性肺炎のため死去した。73歳没。

エピソード[編集]

宮城の映画デビューは昭和15年の日活映画『宮本武蔵』の「お通」役からである。武蔵は片岡千恵蔵と決まったが、この「お通」は一般公募となった。600人ほどの応募者から11人ほどが選出され、原作者吉川英治、画家の石井鶴三、監督の稲垣浩が審査したがどれもお通のイメージには程遠く、稲垣はこれを宝塚乙女から選ぶことにした。しかし稲垣はその3年前に尾崎純監督で『宮本武蔵』をプロデュースした際、宝塚歌劇のプリマドンナだったトルコ(轟夕起子)を引き抜いて大事件となっており、よほどうまくことを運ばなければ失敗する恐れがあった。

そこでスパイを放った稲垣は「東風うらゝ」という研究生を知り、宮川一夫キャメラマンと宣伝部長の三人で、ひそかに歌劇を観に行ったが、うらゝを見分けるのは困難で、仕方なくファンを装って大阪のすき焼屋に誘い出し、宮川にいろんな角度から彼女の写真を撮らせた。この写真でうらゝの引き抜きは決定となった。稲垣は「柄は大きかったが、色気もなく、それがお通のイメージにぴったりだった」という。

さて引き抜きとなったが正攻法では無理だろうと、日活の製作部長を叔父に仕立て、「母が危篤だから」と退団を願い出させた。首尾よく東京に着いたところ、歌劇団と新聞記者の尾行に気づき、仕方なく上野駅から仙台行の列車に乗って逃亡。着いたところが宮城県千賀村だったため、芸名を「宮城千賀子」とした。撮影所では「ベコちゃん」の愛称で親しまれた。姉御肌の芸風で知られるが、稲垣は日活へ引き抜いたころのことがどうしても頭を離れず、「おかしくもあり、かわいくもあり・・・」とのちに心情を述べ、宮城を「ひじょうに日本的なやさしい女性である」と語っている[4]

おもなフィルモグラフィ[編集]

テレビ番組[編集]

マキノ家[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1939年6月号
  2. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1939年1月号
  3. ^ a b c d 『日本映画俳優全集・女優編』(キネマ旬報社、1980年)の「宮城千賀子」の項(p.666-669)を参照。同項執筆は滝沢一・司馬叡三。
  4. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩、毎日新聞社刊)